【10/5更新】新型ハリアー80系の社外カスタムパーツを紹介!ガーニッシュ、パーツ特集!

ハリアー

新型ハリアー80系をカスタムしたいと考えているけど、高くてなかなか手が出ないという人も多いのではないでしょうか?

新型ハリアー80系はただでさえ購入価格が高いのに、エアロパーツやアクセサリーにもお金をかけるのはきついと感じるかもしれません。

例えばGRやモデリスタが販売している新型ハリアー80系のエアロパーツは、パーツ代+塗装代+工賃で軽く10万円を超えるものも多いです。

費用を安く抑えつつ、カッコイイドレスアップを楽しむなら”社外カスタムパーツ”も検討してみると良いでしょう。

そこで今回は、新型ハリアー80系の安くてカッコイイ社外カスタムパーツを紹介します。

新型ハリアー80系の社外カスタムパーツは続々と登場しているので、随時更新していく予定です。

純正カスタム同様に社外カスタムパーツでも十分にドレスアップを楽しむことができるので、社外品もチェックしてみてください。




■新型ハリアー80系の社外カスタムパーツ(エクステリア用)

引用元:https://toyota.jp/harrier/

はじめに、新型ハリアー80系のエクステリア用の社外カスタムパーツを紹介します。

純正のように馴染むエクステリアパーツを中心に厳選しましたので、純正よりもコストを抑えてドレスアップを楽しみたい方は必見ですよ。

・サイドミラーガーニッシュ

サイドミラーガーニッシュを付けると、サイドミラーの質感がアップしハリアーらしい高級感も演出されます。

純正のような馴染んだデザインも魅力で、ちょっとだけドレスアップにもおすすめです。

カラー展開も豊富なので、ご自身の愛車のボディカラーに合うガーニッシュを選んでください。

・ロアグリルガーニッシュ

新型ハリアー80系の専用パーツ”ロアグリルガーニッシュ”です。

ステンレス製で鏡面仕上げされたガーニッシュで、ロアグリルを強調できます。

より高級感を追求したい方におすすめですよ。

サムライプロデュースさんのガーニッシュはとても売れ筋で人気が高いパーツばかりなので、今後も目が離せません!

・リアバンパーガーニッシュ

バックライトとウインカーライト部分の周りを、鏡面仕上げのガーニッシュで縁取るパーツです。

リアバンパーにも高級感をプラスでき、純正のメッキにも馴染むデザインなのでとてもおすすめです!

新型ハリアー80系はウインカーライトの視認性が悪いといわれていますが、ガーニッシュで強調することで視認性もアップするかもしれませんね

・フロントフォグリングガーニッシュ

新型ハリアー80系のフォグライトはかなり小さめで目立たないのですが、フォグリングガーニッシュを付けるとフォグライト部分かとても映えます。

フロントにメッキをプラスすれば、エアロパーツでドレスアップをしなくても十分にカッコいい見た目にできますよ。

・リアゲートガーニッシュ

テールライト下に付けるリアゲートガーニッシュは、リアに華やかさをプラスできます。

主張は控えめですが、純正風で違和感ゼロのデザインです。

テールライト下のラインにぴったり合う形状をしているので、取り付けも簡単でフィッティングはバツグンです!


■新型ハリアー80系の社外カスタムパーツ(インテリア用)

引用元:https://toyota.jp/harrier/

続いて、新型ハリアー80系のインテリア用の社外カスタムパーツを紹介します。

インテリアをドレスアップすることで、日頃の運転やドライブの気分も上がる事間違いなしです。

よりオシャレに高級感がアップするインテリア用パーツを中心に紹介していきます。

・シフトノブパネル

シフトノブの樹脂部分に取り付けるシフトノブパネルです。

小さな部分ですが、取り付けはとても簡単で気軽にドレスアップを楽しめます。

デザインは4種類あるので車内に合うものをイメージして選んでみてください。

・ステアリングパネル

ステアリングの下部に取り付けるパネルで、カーボン調デザインがスポーティさを演出します。

新型ハリアー80系以外の車種にも適合し、汎用性のあるパーツとなっています。

ドライバーしか目に入らない部分ではありますが、細かな内装カスタムも楽しむなら付けておきたいパーツですね。

・リヤカップホルダーガーニッシュ

後部座席のドリンクホルダー用のカバーです。

デザインは4色から選ぶことができるので、車内の雰囲気に合わせて付けてみてください。

GRやモデリスタなどのカスタムをしているのであれば、内装もカーボン調のパーツで揃えるとよりカッコよくなりますよ。

・スカッフプレート(サイドステップ)

新型ハリアー80系のサイドステップ側のスカッフプレートです。

ドアを開けた時の足元を華やかさをプラスし、また傷を防止してくれるという効果もあります。

新型ハリアー80系の全てのグレードに適合しているので、ちょっとしたドレスアップにいかがでしょうか。

・ラゲッジスカッフプレート

ラゲッジルームを使用する際に、荷物の積み下ろしで傷を付けやすい場所を保護してくれるスカッフプレートです。

樹脂部分をステンレスのプレートでカバーできるので、チープさも軽減させることができます。

アウトドアや旅行でラゲッジルームを使用する機会が多い方は、特に付けておきたいパーツですね。


■新型ハリアー80系の社外カスタムパーツ(チューニング系)

引用元:https://toyota.jp/harrier/

最後に、新型ハリアー80系のチューニングパーツを紹介します。

ドレスアップではなく性能面を向上させたいちょっとコアな方向けですが、新型ハリアー80系にスポーティさを演出したい方は参考にしてみてください。

・ダウンサス

タイヤとタイヤハウスの隙間は、見栄えにも影響してきます。

この隙間を少し狭めればエクステリアがさりげなくスポーティになります。

乗り心地は少し硬めになり、車高が約30~35mm下がります。

エクステリアのドレスアップと乗り心地を変えたい方におすすめです。

・ストラットタワーバー

エンジンルーム内に取り付けるタワーバーです。

タワーバーを付けることによって直進安定性の向上やレスポンス向上に効果があるといわれています。

劇的な効果を感じられるかは微妙ですが、剛性アップをしたい人におすすめです。

エンジンルーム内のドレスアップにもなりますよ。


■新型ハリアー80系の社外カスタムパーツのまとめ

いかがでしたか?

今回は、新型ハリアー80系の社外カスタムパーツを紹介してみました。

社外カスタムパーツはほとんどの部品がご自身で簡単に施工が出来て、なおかつコスパも良いのでカスタムを存分に楽しめますよ。

オリジナリティある愛車を目指すには社外カスタムパーツは欠かせませんね。

引き続き新型ハリアー80系の社外カスタムパーツはどんどん発売されていくので、おすすめしたいものがあった時は随時更新していきます。

新型ハリアー80系「GR」カスタムパーツ特集

新型ハリアー80系「モデリスタ」カスタムパーツ特集