車のヘッドライトやLEDランプの捨て方、処分方法を紹介!リサイクルはできる?

車のLED、ハロゲンランプの捨て方や処分方法紹介クルマコラム

車のヘッドライトやブレーキランプのなど交換した際、今まで付けていたランプの処分はどのようにしていますか?

LEDランプはチップが埋め込まれていたりハロゲンランプはガラス球であったりと、

捨て方に困るという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、車に使うヘッドライトやブレーキランプなどの捨て方、処分方法について紹介します。

この記事では、以下のことがわかります。
・車のライトの捨て方、処分方法
車のライトを捨てる前におすすめな処分方法

車のライト交換の処分方法に困っている方は参考にしてみてください。

 




 

 

 

\捨てる前に【買取】がおすすめ!/

Amazonアカウントで簡単申込【リコマース宅配買取サービス】

 


みんカラ1位のLEDヘッドライト!
楽天で1位を獲得したLEDヘッドライトはこちら

 

 

 

■車のライトの捨て方について

ごみ袋

車のライトを交換した際に古いライトを正しく処分する方法は、基本的にお住いの自治体の規則に従って処分をすることです。

当然の事と言えば当然なのですが、お住いの地域によって処分方法が異なるため

分からない場合は自治体のHPまたは電話で問い合わせをしてみてください。

ちなみに筆者の地域ではLEDライトとハロゲンランプは”不燃ごみ”として扱われており、週に一度回収に来てくれます。

一見面倒そうなライトの処分ですが、特に難しい訳ではないので正しく処分しましょう。


■車のライトを処分する以外の方法はある?

LIMEYヘッドライト

お住いの地域のごみ回収以外の車のライトの捨て方や処分方法、その他対策も挙げておきます。

  • 使えるライトは予備として取っておく
  • 知人に譲る(※使える場合)
  • メルカリや買取サービスで売る

これらの方法を下記にて詳しく紹介します。

・使えるライトは予備として保管

新しいLEDライトまたはハロゲンランプに交換した際、古いライトがまだ球切れしていないのであれば

予備としてしばらく取っておくのもおすすめです。

ごく稀ですが、新しいライトの初期不良や故障で突然点灯しなくなってしまった時、一時的に役立つ可能性があります。

ただ、むやみに取っておいても邪魔になるだけなのも事実なので、潔く処分してしまうのが一番です。


・知人に譲る

車好きの知人に譲るのもアリです。

もちろん適合するかは車種によって異なりますが、ルームランプやブレーキランプといった小さな電球であれば

他の車種でも使える可能性が高いです。

あまり古いライトを譲るのは相手も困ると思うので、ライトの状態が比較的良い場合に譲りましょう。

・メルカリや買取サービスを利用する

私はLEDライトの買い替えをした時は、メルカリなどで売ったりもしています。

もちろん出品する際はライトの状態が良い物に限りますが、中古のライトでも意外に売れるものです。

とりあえず中古で良いからお試しで使ってみたい、という人も沢山いるみたいです。

ただ捨てるのではもったいないと感じるなら、買取サービスやフリマサイトを活用してみるのもおすすめです!

 

\捨てる前に【買取】がおすすめ!/

Amazonアカウントで簡単申込【リコマース宅配買取サービス】

■車のライトの捨て方・処分方法のまとめ

今回は、車のLEDライトやハロゲンランプの捨て方と処分方法を紹介しました。

あまりライト交換をする機会は多くないかもしれませんが、

いざ交換した時に古いライトの捨て方に困らないよう処分方法をまとめてみました。

ただ捨てるだけでなく、使える物は知人に譲ったり売ったりしてみるのも良い方法かと思います。

ライトを交換した際にぜひ活用してみてくださいね。