ライズのTRDとモデリスタのおすすめカスタムパーツを紹介!値段は高い?値引きはできる?

ライズ

ライズに乗るなら、豊富なカスタムパーツでドレスアップをしたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

カスタムパーツはほぼ自己満足で付けるものなので、大きなメリットはないかもしれません。

ですが、愛車を個性的にしたりオシャレにしたいなら、欠かせないものでもあるのです。

そこで今回注目していきたいのが、ライズ専用の”TRD””モデリスタ”のカスタムパーツです。

TRDやモデリスタといえば、カッコいいデザインと質の高さが特徴で、どっちを付けようかと悩むほどです。

ライズにピッタリのデザインなので、今回はそんなTRDとモデリスタのおすすめカスタムパーツについて紹介していきます。

TRDとモデリスタ、あなたはどっちが良いかも考えながら目を通してくださいね。




■ライズ用TRDのおすすめカスタムパーツを紹介!

引用元:https://toyota.jp/raize/

それでは早速、ライズのTRDのカスタムパーツを紹介します。

ここで全てを紹介することはできないのですが、特に筆者がおすすめしたいカスタムパーツをたっぷりと紹介していくので、ご検討されている方はいまいちどチェックしていってください。

・フロントスポイラー

ライズのTRDフロントスポイラーはレッドカラーが差し色となっている派手なデザインです。

レッドカラーの部分は色を変えることが出来ないので、ボディカラーによっては少し合わないと感じる方もいるかもしれません。

ですが、さすがTRDと言わんばかりの迫力あるデザインはとても目立つので、人目を惹く存在感はバツグンにあります。

SUVのアクティブなイメージがしっかりと表現されているようにも思います。

最低地上高が若干低くなるので、段差や上り坂などでは擦る心配もあるので要注意です。

TRDのフロントスポイラーをチョイスするなら、ぜひフルエアロで取り付けがおすすめです!

・サイドスカート

サイドスカートはフロントスポイラー同様に、レッドカラーが入ったデザインとなっています。

ノーマル状態のライズと比較するとかなりゴテゴテとした印象になりますね。

とはいえサイドスカートがあるとかなり引き締まった印象になるので、意外にもカスタムでは重要な部分であったりします。

61mm地上高がダウンするので、どっしりとした見た目になりより一層SUVらしさが強調されると思います。

・リヤバンパースポイラー

フロントスポイラー、サイドスカートとくればリヤバンパースポイラーも欠かせません。

リヤはあまり目立たないのですが、ライズのリヤバンパースポイラーはレッドカラーがメインともいえる目立った配色が魅力です。

キレのあるデザインなので、ライズの印象がガラリと変わって見えます。

どの角度から見てもカッコよさを演出するなら、やはりこのフルエアロで揃えたいところ。

満足度も高いですし、より一層愛着が湧きそうですね。

・フロントバンパーガーニッシュ

フロントバンパーガーニッシュを付けると、ライズのエクステリアの見た目をさりげなくスポーティにできます。

この部分はノーマルだとボディカラーが塗装されている部分なのですが、ここにブラックのガーニッシュがプラスされると、他のライズとちょっぴり差を付けることができちゃいます。

できればエアロパーツと一緒に装備してほしいところですが、ガーニッシュだけでも十分に個性を発揮できますよ。

・サイドデカール

「TRD」のロゴが入ったサイドデカールは、付けることでアクティブさが更に際立ちます。

デカールを付けるととても目立つので、好き嫌いは別れるかもしれません。

ですが、デカールが付いていることでアウトドアシーンやお出かけの際はとても映えます。

これ一つでも十分にドレスアップが楽しめるので、まずはちょっとだけカスタムにチャレンジしたい方におすすめです。

・バックドアデカール

サイドデカールと同じデザインで、バックドア用のデカールもあります。

車の後ろ部分はどうしても地味になりがちなので、このようなデカールをプラスすると華やかになりますよ。

リヤが何となく物足りないな、と感じたら取り付けを検討してみてください。

・ドアハンドルプロテクター

※上記は「ブラック」となります
ドアハンドルプロテクターを付けることで、ドアを開ける時のひっかき傷を防止してくれる効果があります。

カーボン調で「TRD」のロゴが入っているので、エクステリアにスポーティさがプラスされます。

ブラックとシルバーがあるので、ボディカラーに合う方をチョイスしてみてください。

お求めやすい価格でなおかつ付けておくと傷が防止できるので、とてもおすすめのドレスアップパーツです。



■ライズ用モデリスタのおすすめカスタムパーツを紹介!

引用元:https://toyota.jp/raize/

続いて、ライズのモデリスタのカスタムパーツを紹介します。

TRDと比べてバリエーションが豊富で、デザインも全く異なります。

こちらも一部の紹介にはなりますが、TRDのデザインと比較しながらチェックしてみてください。

・フロントスポイラー(ADVANCE BLAST SYLE)

こちらはモデリスタの「ADVANCE BLAST STYLE」というシリーズのデザインです。

LEDのデイタイムラインプが付いており、これだけでも大幅なイメージチェンジができます。

TRDとは違い、ラグジュアリーさとスポーティさが融合したデザインなので欲張りさんにおすすめです。

フロントスポイラーは少し前に出っ張っているデザインなので、車止めや坂道などでぶつけてしまったり擦るリスクがあります。

ノーマル時よりも運転に気を遣う必要があるので取り付ける際はご注意ください。

・サイドスカート(ADVANCE BLAST STYLE)

ライズ本来のデザインを損なわないさりげなさが魅力となっています。

「ADVANCE BLAST STYLE」のサイドスカートは一色で統一されたシンプルなものとなっています。

少しエッジの効いたデザインが特徴で、あまり主張し過ぎないところもポイントです。

・リヤスカート(ADVANCE BLAST STYLE)

「ADVANCE BLAST STYLE」のリヤスカートはかなり厳つめで、フロントスポイラー同様にラグジュアリーさとスポーティがうまく融合されています。

メカニック的なデザインでリヤのイメージが大胆に変わります。

フロントスポイラー、サイドスカートと一緒に取り付けがおすすめです。

・リヤスポイラー(ADVANCE BLAST STYLE)

下部に付けるエアロパーツも良いのですが、リヤスポイラーも付けることで更にスポーティさがアップします。

デザインもかなりカッコよく、丸っとしたリヤがガラリと変わります。

ライズにカッコよさをとことん追求するなら付けておきたいパーツですね。

・マフラーカッター(ADVANCE BLAST STYLE)

マフラーカッターは、付けることでマフラー音が変わったりすることはありません。

あくまでマフラーを強調させるだけのものですが、意外にもイメージチェンジができる優れものです。

更にモデリスタのマフラーカッターは2本出しで高級感があり、マフラー部分がとても目立つようになります。

モデリスタ純正品は少々高価ですので、価格がネックな方は社外パーツもおすすめです。

・サイドドアガーニッシュ(ADVANCE BLAST STYLE)

モデリスタはシルバーのメッキが基調となっていて、高級感が際立つのが魅力的ですよね。

サイドドアガーニッシュもシルバーメッキなので、付けることで横から見ても質の高さが目立つようになります。

細かな部分でも高級感をとことん演出するなら欠かせないパーツでしょう。

・フロントスポイラー(ELEGANT ICE STYLE)

「ELEGANCE ICE STYLE」は、先ほど紹介した「ADVANCE BLAST STYLE」よりも落ち着いたデザインが特徴で、派手過ぎないカスタムをしたい方におすすめです。

デザインは主張が控えめでライズにとても馴染みます。

全てのフロントスポイラーにいえることですが、最低地上高が少しだけ低くなるのでフロントスポイラーを傷つけてしまったり擦ってしまわない様にお気を付けください!

大幅なイメージチェンジとはなりませんが、さりげないカッコよさをプラスできます。

・サイドスカート(ELEGANT ICE STYLE)

「ADVANCE BLAST STYLE」よりもハッキリとしたエッジのあるデザインですが、品を損なわない落ち着いたデザインをしています。

シンプルですが、サイドスカートを付けるだけでも個性は十分に感じられると思います。

・リヤスパッツ(ELEGANCE ICE STYLE)

リヤスパッツは、リヤバンパーのサイドが強調されるカスタムパーツです。

リヤバンパーの一部分がドレスアップされるので、ゴテゴテとし過ぎないのが魅力です。

シンプルカスタムには最適のパーツですね。

・バックドアエアロプレート(ELEGANCE ICE STYLE)

バックドアもさりげなくカスタムができるのが、このバックドアエアロプレートです。

ノーマル状態ではブラックですが、シルバーメッキがプラスされることでエクステリアの質感がアップします。

エクステリアの差し色にもおすすめです。


■ライズのTRDやモデリスタは値引きできる?

引用元:https://toyota.jp/raize/

TRDやモデリスタのカスタムパーツを沢山チェックしたところで、気になるのが「値引き」ではないでしょうか。

純正のカスタムパーツは高価なものが多いので、少しでもお得に購入したいところです。

TRDやモデリスタのカスタムパーツは値引きに応じてくれるのかどうかについて見ていきましょう。

・純正カスタムパーツの値引きは難しい

カスタムパーツのみの値引き交渉は非常に難しく、数千円程度が限界であることが多いです。

車の価格よりも金額が安いことから、値引きはあまり期待しない方が良いでしょう。

ディーラーの決算時期や初売りで行うことがある”オプション値引き”などでは、いつもより値引き額がアップしたり、お得にカスタムパーツが付けられる可能性があります。

ただし、これも確実なものではありませんのでカスタムパーツの値引きは”無いもの”だと思っておいたほうが無難です。

・車購入と同時に付けると値引き額がアップする?

ライズの購入時にカスタムパーツも同時に購入することで、値引き額がアップする可能性はあります。

これも車体値引きと一緒にされてしまうのでお得感は薄いかもしれませんが、後付けするよりも確実にお得です。

また、値引きに応じてくれなくても工賃のサービスなどが受けられる可能性もあります。

カスタムパーツをディーラーで購入する際は、なるべくまとめて購入した方が値引きが期待できそうですね。

・通販でパーツ購入→カスタムショップに持ち込みがお得?

通販で純正のカスタムパーツを購入し、カスタムショップで持ち込む方がお得な場合があります。

ただこれも絶対にお得だと言い切れる方法ではないのですが、筆者はカスタムショップに持ち込んで付けてもらうことが多いです。

ディーラーの工賃は比較的高めになっているので、部品代よりも高くなることも少なくありません。

ただ、安心を買うと思えば価格は見合っているとかもしれません。

後付けで少しずつカスタムをしていきたいと考えている方は、信頼できるカスタムショップを一か所でも見つけておくことです。

筆者は後付けが多く、工賃をなるべく抑えたかったので現在はカスタムショップに依頼するようになりました。

また、通販で購入すればポイントが貯まったりするのでお得ですよね。

メリット、デメリットはありますが、工賃がネックになっている場合はこのような方法も検討してみてください。


■ライズのカスタムパーツについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、ライズ用のTRD、モデリスタのおすすめカスタムパーツを紹介させていただきました。

カスタムはほぼ自己満足ですが、そこがやはり車の楽しさでもあるのではないでしょうか。

あまりカスタムに興味がない方でも、ライズのカスタムパーツの充実っぷりを知ったら弄りたくなるかもしれません。

純正品は値引きが効きにくく、けして安いものではありませんので、社外品とも合わせてドレスアップを楽しんでみてください。

充実したカーライフを送れるように、ぜひカスタムも楽しんでいただければと思います。




ライズ
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ