ヤリスクロスの「モデリスタ」純正カスタムパーツを紹介!ダサい?値引きはできる?

ヤリスクロス

ヤリスクロスを購入するならカスタムを楽しみたいとお考えの皆さん、ヤリスクロスには豊富なカスタムパーツが揃っています!

中でも人気なのが「モデリスタ」や「GR」といった純正カスタムパーツで、ヤリスクロスにピッタリなカッコいいデザインが魅力です。

そこで今回は、ヤリスクロスの「モデリスタ」カスタムパーツを紹介します。

デザインは本当にカッコいいのか、それともダサいのか、特徴や魅力を踏まえながら紹介していきます。

更に、純正パーツということで値引きが可能かも気になるところですね。

気になる方はぜひチェックしていってください!




■ヤリスクロス「MODELLISTA ADVANCE ROBUST STYLE」

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

はじめに、ヤリスクロスのモデリスタパーツ「ADVANCE ROBUST STYLE」を紹介します。

このシリーズのエアロパーツは個性が強く”カスタムしてる”と一目でわかるデザインをしています。

周りと差が付くスポーティな印象にするならこのシリーズがおすすめです。

・フロントスポイラー

ヤリスクロスのエクステリアを一気にスポーティにできるフロントスポイラーです。

角張ったデザインはスポーツカーが好きな人にも気に入っていただけるのではないでしょうか。

LEDのデイライトランプがよりカッコよさを演出してくれます。

地上高がノーマル時よりも約27mmダウンするので、正面からの見栄えも良くなります。

・サイドスカート

サイドスカートもフロントスポイラー同様に、角張った武骨なデザインが特徴的です。

横からのアングルも強めな印象に変わりますよ。

ノーマル時よりも地上高が約25mmダウンするので、ダウンサスをしたかのような見た目にもなります。

・リヤスカート

シンプルなリヤをスポーティにできるリヤスカートは、ヤリスクロスの後ろ姿も華やかさをプラスしてくれます。

マフラー部分は特にスタイリッシュになり、ノーマル時の地味さを無くしてくれます。

高級感も演出されるので、フロントとサイドパーツを付けるなら欠かせないパーツです。

・カラードフェンダー

カラードフェンダーはヤリスクロスのフェンダー部分をさりげなく強調できるパーツです。

フェンダーが強調されると、よりSUVらしさが演出できます。

また車全体が少し大きくも見えるので、存在感をプラスするならおすすめのパーツですよ。

・ルーフスポイラー

リヤスポイラーはリヤの上部に取り付けるエアロパーツです。

本来は空力に良い効果をもたらすと言われていますが、このリヤスポイラーに関してはほぼドレスアップ目的となります。

ヤリスクロスの後ろ姿をスポーツカーのようにできるパーツです。


■ヤリスクロス「MODELLISTA ELEGANT ICE STYLE」

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

続いて、ヤリスクロスのモデリスタパーツ「ELEGANT ICE STYLE」を紹介します。

先ほど紹介したシリーズよりもどこか落ち着いた印象を受けますが、上品さとさりげないスポーティさの両立がされています。

個性的ではあるけど、主張し過ぎない大人っぽさのあるデザインがお好みの方におすすめです。

・フロントスポイラー

ELEGANT ICE STYLEのフロントスポイラーは、控えめなデザインですがさりげない高級感を演出してくれます。

ゴテゴテとした印象は受けないので、派手すぎないドレスアップを楽しみたい方におすすめのパーツです。

・サイドスカート

サイドスカートは先ほど紹介した”ADVANCE ROBUST STYLE”シリーズととても似たデザインをしています。

ヤリスクロスのサイドを引き締まった見た目にしてくれます。

・リヤスパッツ

ELEGANT ICE STYLEでは、リヤスカートがない代わりにリヤスパッツのラインアップとなります。

リヤ下のサイドに付けるパーツで、大幅なイメージチェンジというよりはちょっとしたドレスアップができます。

リヤスカートのように派手にはならないので、シンプルなカスタムに最適ですよ。

・フロントグリルガーニッシュ

エアロパーツだけでなく、ガーニッシュでもお手軽にカッコ良くドレスアップが可能です。

フロントグリルの上部に付けるガーニッシュで、グリルが少し強調されるようになります。

ヤリスクロスにちょび髭が生えたような、ちょっと可愛らしさも感じられます。(筆者個人的な意見です)

・ミラーガーニッシュ

メッキのガーニッシュがプラスされるだけで、ミラー部分もカッコよくなります。

エアロパーツで劇的な変化を求めるのではなく、少しドレスアップを楽しむ方にピッタリのパーツです。

ガーニッシュだけでも十分にドレスアップが楽しめることがわかりますね。

・ドアハンドルガーニッシュ

ドアハンドルは基本的にボディカラーと同色なので、このようなメッキガーニッシュを付けることで周りと差が付く見た目になります。

ただ、ドアハンドルがメッキになると夏場は熱を吸収するためやけどに要注意です。

・リヤガーニッシュ

リヤの樹脂パーツの一部をメッキガーニッシュにすることで、リヤの質感がアップします。

リヤスパッツと一緒に付けるとよりカッコよくなりますが、ガーニッシュのみでも十分にリヤの印象を変えることができます。


■ヤリスクロス「モデリスタセレクション」

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

モデリスタセレクションでは、エアロパーツ以外のドレスアップパーツとなります。

内装パーツがメインとなりますが、インテリアもカッコよくカスタムしたい方はぜひ目を通してみてください。

特におすすめなモデリスタセレクションを紹介していきます。

・インテリアパネルセット

インテリアパネルの一部を木目調にすることができるパーツです。

ヤリスクロスの車内はコストカットが目立つので、このようなパネルにすることでチープさが軽減します。

茶木目調と黒木目調の2種類があるのでお好みで選んでみてください。

・インテリアガーニッシュセット

インテリアガーニッシュセットは、エアコン吹き出し口とセンタートレイをメッキ調、もしくはボルドーレッドで縁取ることができます。

インテリアの質感アップに最適です。

インテリアパネルセットと同時に取り付けると、より上質空間を演出できます。

・スカッフプレート

スカッフプレートを付けることで、ステップの傷防止とドレスアップ効果が期待できます。

モデリスタのロゴ入りでカラーも2色展開となっているので、車内の雰囲気に合わせて選んでみると良いでしょう。

・インテリアイルミネーション

前席の収納部分をブルーのイルミネーションが照らすことで、先進的なインテリアを演出します。

車内にイルミネーションがあるだけで運転する気分も上がるので、車内の雰囲気をこだわるなら欠かせないパーツです。

・ラゲージウッドデッキ

ラゲージルームのデッキボードが黒い木目調になることで、上質な内装を演出できます。

水や泥をサッと拭き取れる素材なので、オシャレなだけでなくアクティブシーンにも便利です。

・LEDスマートフットライト

センターピラーに付ける小型のLEDライトで、ドア開閉に連動して足元を照らします。

とても明るいので夜間時は足元の視認性が上がるため、ドレスアップと安全性の両立が期待できます。


■ヤリスクロス「モデリスタ」パーツの値引きについて

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

純正カスタムパーツということで、どのパーツも金額はやや高めです。

購入にあたって重要なのが”値引き”ですが、モデリスタの純正カスタムパーツは値引きをしてくれるのでしょうか?

ヤリスクロスを新車で購入する際にパーツも購入するのであれば、値引き対応をしてくれる可能性が高いです。

ただ、実際のパーツの値引き額は数千円~1万円程度と予想されます。

パーツ自体は車本体と比べると価格が安いので、大幅な値引きは対応できないと考えられます。

納車後にパーツを購入して取り付ける場合は、値引きがほとんど適応されません。

後付けは割高になりがちなので、付けたいパーツはなるべく新車購入と同時に注文しておいた方がお得かと思います。


■ヤリスクロス「モデリスタ」カスタムパーツのまとめ

いかがでしたか?

今回は、ヤリスクロス「モデリスタ」のカスタムパーツを紹介させていただきました。

ここで紹介したものが全てではありませんが、特におすすめなパーツを紹介してみました。

筆者個人的には、ヤリスクロスのモデリスタカスタムパーツがダサいと感じることはありませんでした。

モデリスタといっても武骨なデザインとシンプルなデザインのシリーズがあるので、お好みで選べるのも嬉しいですね。

エクステリアもインテリアもガラリと雰囲気を変えられるので、ノーマルだと物足りないと感じている方はドレスアップを楽しんでみてください。

価格はやや高めですが、純正パーツのマッチ感と満足度はとても高いはずです。

存分に個性を主張するなら”エアロパーツ”、ちょっとだけドレスアップを楽しむなら”ガーニッシュ”がおすすめです。

ヤリスクロスの純正パーツにはモデリスタの他にも「GR」シリーズがあるので、ドレスアップを検討されている方はそちらもチェックしてみてくださいね。