ヤリスクロスの「GR」純正カスタムパーツを紹介!ダサい?カッコいい?値引きはできる?

ヤリスクロス

ヤリスクロスでカスタムを楽しむなら、純正カスタムパーツが良いと思っている方は多いですよね。

純正カスタムパーツはヤリスクロスにピッタリなカッコいいデザインで、純正という安心感もあります。

中でも「GR」シリーズは、ヤリスクロスを最大限にスポーティな印象にできるパーツで、売れ筋となること間違いありません。

ただ、純正パーツはどうしても価格が高くなりがちです。

そこで今回は、ヤリスクロスの「GR」純正カスタムパーツと、値引き情報を紹介していきます!

カッコいいGRシリーズのパーツ紹介と、値引きはしてくれるのかについて見ていきましょう。

ヤリスクロスでドレスアップを楽しみたい方は、「GR」のパーツもお見逃しの無いようチェックしていってくださいね。




■ヤリスクロス「GR」カスタムパーツを紹介

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

それでは早速、ヤリスクロス「GR」カスタムパーツを紹介します。

アクティブなデザインが印象的なGRパーツの魅力と特徴を見ていきましょう。

・フロントバンパーガーニッシュ

フォグランプ横に取り付けるフロントバンパーガーニッシュは、クロスオーバーのアグレッシブさとスポーティさが表現されたようなデザインとなっています。

このガーニッシュだけでもガラリとエクステリアの印象を変えることができますよ。

エアロパーツと異なり、すぐに取り付けができる手軽さも魅力です。

・サイドドアガーニッシュ

フロントバンパーガーニッシュと一緒に付けておきたいのが、このサイドドアガーニッシュです。

GRのイメージカラーともいえるレッドのラインが入っていて、横からのアングルもスポーツテイストな印象になります。

・マッドフラップ

マッドフラップはいわゆる”泥除け”なのですが、GRのマッドフラップはデザインがとてもカッコよく、足元のドレスアップ効果も期待できます。

カラーはレッドとブラックの2色展開となっているので、お好みの色を選んでください。

・スポーツマフラー

2本出しのスポーツマフラーは、リアのドレスアップに最適です。

程よく重低音が強調されるので、マフラーサウンドを変えたい方にもおすすめのパーツです。

・GRドアスタビライザー

ドアのストライカーという部分に取り付けることで、ステアリングのレスポンス向上が期待できるパーツです。

高速道路の走行やドライブの機会が多い方には、操作性の変化を感じやすいかもしれません。

街乗りメインの場合だと効果を感じにくいので、ご自身の環境で取り付けを検討してみましょう。

・GRドアハンドルプロテクター

ドアハンドルのひっかき傷を防止してくれる保護パーツです。

カーボン調のデザインでちょっとしたドレスアップ効果も期待できます。

・GRカーボンナンバーフレーム

カーボンのナンバーフレームでさりげないスポーティさを演出できます。

あまり目立たない部分かもしれませんが、GRのガーニッシュとの一体感がより高まるパーツです。

・GRサンシェード

カスタムパーツではありませんが、パーツ類をGRシリーズで揃えたならこちらサンシェードもおすすめです。

使わないときはコンパクトに折りたためるようになっているので、使い勝手も申し分なしです。

・GRラゲージマット

先ほどのサンシェードと同じく小物類にはなりますが、ラゲージマットもGRのものにすることで統一感がアップします。

ラゲージトレイのフチは赤いラインが引かれており、GRのエンブレムもワンポイントで付いています。

荷室もスポーティな印象になりますよ。


■ヤリスクロス「GR」カスタムパーツの値引きはできる?

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

ヤリスクロスの「GR」カスタムパーツは純正品ということで、気になるのは”値引き”です。

パーツ類は複数付けると結構な金額になりますよね。

GRのパーツの値引きはしてくれるのか、また少しでも安く購入できる方法はあるのかについて紹介していきます。

・パーツの値引きは期待できない

ヤリスクロスを購入すると同時にカスタムパーツを購入するパターンが多いかと思いますが、パーツ自体の値引きはあったとしても数千円~1万円程度です。

車両価格に比べると金額は安いので、大幅な値引きは難しいと考えられます。

”オプション値引き”として一括りにされる可能性が高く、具体的な値引き額はディーラーのさじ加減となりそうです。

カスタムパーツの値引きはあまり期待しないほうが良いかもしれません。

・後付けはカスタムショップに持ち込む

純正のカスタムパーツは値段が高いものが多く、少しずつ後付けをしたいと考えている方も多いですよね。

筆者も愛車に関しては後付けカスタムをしていったのですが、後付けはコストが高くなりがちです。

パーツの値引きはほぼ無く、工賃もガッツリとかかるのでとても割高なのです。

(モデリスタのダウンサスはパーツよりも工賃の方が高かったです(笑))

もし後付けでカスタムをするなら、通販でパーツを購入してお近くのカスタムショップに持ち込みましょう。

通販でパーツを買えばクレジットカードや通販サイトのポイントが貯まり、通販サイトによってはパーツを付けられる最寄りのカスタムショップを紹介してくれます。

工賃はディーラーよりも半額で済むこともあるので、後付けする場合は

通販でパーツ購入→カスタムショップに持ち込み がおすすめです!


■ヤリスクロス「GR」カスタムパーツのまとめ

今回は、ヤリスクロス「GR」カスタムパーツを紹介させていただきました。

GRカスタムパーツはモデリスタと違いエアロパーツのラインアップがほとんどありません。

ですが、ヤリスクロスに合ったカッコいいイメージチェンジができそうですね。

デザインの好みは人によって違うのでダサいと感じてしまう人もいるかもしれませんが、純正らしいバランスのいいパーツ類が揃っていると感じました。

モデリスタのパーツと比較しながら、どっちがご自身のお好みか考えてみるのも良いと思います。

ヤリスクロスのドレスアップを存分に楽しんでみてはいかがでしょうか?

ヤリスクロス「モデリスタ」カスタムパーツを紹介