ヤリスのココがダメ!欠点や弱点、辛口評価、口コミを徹底チェック!

ヤリス

ヤリスといえば、急速に販売台数を伸ばしている魅力がたっぷりの人気車種です。

コンパクトなボディではあるものの、燃費性能に優れ必要十分な積載性が備わり様々なシーンで活躍できる車です。

更に、スポーティな見た目でカスタムパーツが豊富なこともあり、若者から年配の方まで幅広い年齢層に親しみやすくなっています。

良いところだらけのヤリスですが、実際に試乗したり所有をしてみると、欠点や弱点など、ダメなところもわかってくるのです。

どんなに良い車でも欠点や弱点はあるので、ヤリスの購入前に少しでも把握しておくと良いでしょう。

そこで今回は、ヤリスの欠点や弱点、ダメなところなどを調査してきましたので、ヤリスオーナーからの辛口評価をたっぷり紹介します。

少し耳が痛い話題ではありますが、具体的にヤリスを購入したいと考えている方には必要な情報だと思うので、辛口な評価や口コミをここでチェックしていってくださいね。




■ヤリスの欠点、弱点、ダメなところ、辛口評価を紹介!

引用元:https://toyota.jp/yaris/

それでは早速、ヤリスの欠点や弱点などの辛口評価を紹介します。

良いところ尽くしなヤリスに見えますが、様々なユーザーがいるため悪い口コミは避けられません。

カタログには載っていない厳しい意見を知りたい方は、コチラをご覧ください。

・コストダウンが所々目立つ

引用元:https://toyota.jp/yaris/

ヤリスは”Bセグメント”に位置する車で、比較的お求めやすいコンパクトカーとなっています。

お求めやすい車ということもあり、外装や内装はコストが削減されているところが多々あります。

メッキや革調があしらわれているところはほんの一部で、エントリーモデルとなるとほぼプラスチックパーツの質感となっています。

また、ヤリスは走行性能にコストがかけられているのか、内装は前期モデルのヴィッツの延長といった感じで、目新しさが少ないです。

内装の質感も求める方が多い近年では、チープ過ぎではないか?という声が多数ありました。

価格を考慮すれば割り切れる部分かもしれませんが、インテリアの雰囲気もこだわりたい人にとってはやや不満が残る質感となっています。

・収納容量が全体的に小さい

引用元:https://toyota.jp/yaris/

ヤリスのコンパクトなボディを考えると仕方ないのかもしれませんが、収納できる容量が小さめです。

コンパクトカーとしてはスペースを有効活用しているなと個人的には感じますが、ファミリーユースで利用する方にとっては厳しい評価が寄せられていました。

小物が入れられるところは比較的多いものの、全体的に収納できる容量が小さくて使いづらい、といった意見がありました。

とはいえ、あまり車内に荷物を乗せない場合はそこまで不便には感じないかもしれません。

収納スペースは全体的に小さいですが、室スペースに関してはデッキボードが2段調節でき、高さのある荷物も積み込むことができます。

小さいボディながら一つ一つに工夫が施されているので、賛否はありますがかなり頑張っているのではないでしょうか。

・乗り心地は硬めで好みが別れる

引用元:https://toyota.jp/yaris/

足回りは硬めといったユーザーからの声が多く、スポーティな走りが好きな方には高評価でした。

ただ一方で、人によっては”乗り心地があまり良くない”と感じるようです。

これに関しても好き嫌いがハッキリと別れてしまうかもしれません。

足回りが硬い分、コーナーでも揺れを感じにくくレスポンスも高いので、Bセグメントとは思えないコストの掛けっぷりです。

一部ユーザーからはパワーの物足りなさを指摘されていたりもしますが、乗り心地や足回りに関しては大きな欠点とは言い切れないでしょう。

・後部座席はかなり狭い

引用元:https://toyota.jp/yaris/

ヤリスの大きな欠点ともいえるのが、後部座席の狭さです。

コンパクトカーといえば定番の弱点ポイントである後部座席の狭さは、ヤリスでも健在しています。

”ヤリスはほぼ二人乗り”といった辛口な意見が多く、大人4人もしくは5人乗車はかなり無理があります。

小さなお子様がいる家庭での3人乗車であれば我慢できるレベルかもしれませんが、それ以上での乗車をすることが多い場合にはおすすめできない車かもしれません。

ヤリスを購入検討する際は、何人乗車がメインなのかを考えてみてください。

また、後部座席の窮屈さに関しては、実際にディーラーで必ず確認してみてくださいね。

・購入価格は割高になりがち

引用元:https://toyota.jp/yaris/

ヤリスはハイブリッド車グレードでも200万円台の価格で、コストパフォーマンスがとても高いと感じられます。

ですが、実際の購入価格は割高になりがちだという意見が多く、最低限のオプションを付けても300万円くらいになってしまうことも少なくありません。

もちろん選択するグレードにもよりますが、このクラスの車としては割高に感じてしまうユーザーが多いです。

ヤリスの内装の質感や全体的なクオリティを考えれば230万円くらいで抑えたいところですが、250万円を超えてしまうケースがほとんどでけして安くないと思います。

この位の価格になるのであれば、維持費や購入価格も考えて軽自動車を購入してしまう方も多いのではないでしょうか?

全体的なクオリティの割には高い、といった不満の声が目立ちました。

・静粛性はクラス相応で△

引用元:https://toyota.jp/yaris/

ヤリスは足回りにこだわっているおかげで、スポーティな走りで高速道路や長距離運転でも頼もしいです。

ですが、剛性や静粛性はクラス相応で、それなりにスピードを出すとエンジン音やロードノイズが車内にとても響きます。

”走りにこだわるなら、静粛性にもこだわってほしかった”といった意見もあり、詰めの甘さを感じるかもしれません。

コストダウンを至るところにしているヤリスですから、この点に関しても割り切りが必要にりますね。


■ヤリスの欠点を解消してくれるおすすめの車を紹介!

引用元:https://toyota.jp/yaris/

ヤリスの欠点や弱点などをいくつか紹介し、少し心苦しいのですが何となく懸念点が把握できたのではないでしょうか。

そんなヤリスの欠点や弱点を補ってくれるようなBセグメントのライバル車をいくつかピックアップしてみました。

ヤリスと同クラスの車も購入の視野に入れている方は、こちらも目を通して検討してみてください。

・フィット(ホンダ)

引用元:https://www.honda.co.jp/Fit/

全体的に価格帯はヤリスよりも少し高くなりますが、後部座席の広さや荷室の広さが備わっているのがフィットです。

また、グレードによっては内装の質感がグッとアップでき、インテリアにもこだわりたい方には満足度が高い車です。

ヤリスのようなスポーティな走りは備わっておらず乗り心地はそれなりですが、女性にも好まれやすい外観でファミリーユースとしても十分利用できます。

・ライズ(トヨタ)

引用元:https://toyota.jp/raize/

ヤリスと価格帯はほぼ同等で、コンパクトSUVといったアクティブ仕様のライズもおすすめです。

SUVらしく荷室スペースの広さは魅力で、またスタイリッシュなデザインで若者から大人まで受け入れやすい車です。

また、後部座席もこのクラスとしては広めで、ファミリーユースには十分使えます。

ターボエンジン搭載で力強い走りが得意で、更に4WD性能を備え安定した走りを実現します。

ライズにはハイブリッド車が無く燃費があまり良くないのですが、価格・維持費・使い勝手・デザインはこのコンパクトカージャンルで抜群に優れているといえます。

・スイフト(スズキ)

引用元:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

価格帯はヤリスとそこまで変わらず、また200万円台前半でハイブリッド車に乗ることができます。

質感もほぼヤリスと同じくらいですが、ターボを搭載しヤリスに負けない走行性能を持ったタフな車です。

ただし収納スペースはヤリスよりも更に少なく、荷物の積み込みで不便かもしれません。

乗り心地はやや硬めで、ヤリスと所々似ている部分があるのでぜひ乗り比べていただきたいです。

■ネットで見積り簡単比較■ MOTA無料オンライン新車見積り!

■ヤリスは欠点、弱点、ダメなところを踏まえて良い車?

引用元:https://toyota.jp/yaris/

ヤリスの欠点や弱点を踏まえ、果たして良い車なのかどうかという問題ですが、総合的には満足度が高い車となっています。

ヤリスはトヨタ車の中でもトップクラスの販売台数を獲得していますし、ヴィッツよりも更に走行性能や燃費、質感に磨きがかかったことから人気車種になっています。

辛口な評価や意見はありますが、そこを踏まえても良い車だと評価している方が大多数です。

ただ、ご自身がどんな車を求めるかによってヤリスがおすすめできるかできないかは変わってきます。

全員におすすめできる車とはいえませんが、Bセグメントとしては十分すぎるクオリティに仕上がっているので、幅広いニーズに対応できるでしょう。


■ヤリスの欠点、弱点についてのまとめ

いかがでしたか?

今回はヤリスの欠点や弱点などの辛口評価を紹介させていただきました。

様々な意見がありましたが、ヤリスに対しての評価は人それぞれなので、あまり鵜呑みにしすぎないことも重要です。

カタログやホームページには載っていない欠点を知ることで、本当に自分に合った車なのかどうかが再確認できたと思います。

ヤリスは総合評価がとても高い方なので、バランスの良いコンパクトカーで多くの方におすすめできる車です。

ヤリスと他の車も比較して、どの車がより自分に合っているかを再確認してみてくださいね。




ヤリス
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ