ヤリスクロスの荷室容量は広い?車中泊できる?収納・トランクルームは実用性があるかチェック!

ヤリスクロス

新型ヤリスクロスがデビューしたということで、この日を心待ちにしていた方も多いのではないでしょうか?

ヤリスクロスといえばベース車はヤリスで、ヤリスに足りなかった部分がちょうどよく補われているのが魅力的となっています。

中でも、ヤリスでは狭いといわれがちだった収納スペースや荷室容量がヤリスクロスでは、コンパクトなボディとは思えない程の広さが確保されています!

そこで今回は、ヤリスクロスの荷室容量はどのくらい広いのか、収納スペースとトランクルームにフォーカスして紹介します。

また、ヤリスでは絶対にできない”車中泊”はできるのかについても調査したので、ヤリスクロスの実用性を確認したい方は参考にしていってください。




■ヤリスクロスの荷室容量・収納スペースについて

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

それでははじめに、ヤリスクロスの荷室容量と収納スペースについて紹介します。

ヤリスではとても狭いと感じられた荷室容量や収納スペースは、ヤリスクロスではどうなっているのでしょうか?

ヤリスとの違いも見ていきながらチェックしましょう!

・荷室はクラストップレベルの大容量

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

ヤリスクロスの荷室容量は、クラストップレベルを誇る約390Lというスペースを確保しています。

後部座席を倒すと、約1,102Lにも荷室空間が広がります。

これはコンパクトカーとしてはとても広い荷室スペースで、普段のお買い物はもちろんのこと、ちょっとした小旅行なら十分活躍できます。

ライバル車でもある”ライズ”よりも荷室は広いですよ。

ヤリスの荷室容量と比較してみましょう。

引用元:https://toyota.jp/yaris/

荷室幅は約400mmもヤリスクロスの方が広く、荷室容量の広さは一目瞭然ですね。

また、荷室床面の高さを2段階調整ができ、高さのある荷物も積み込むことができます。

デッキボードは6:4に分割されているので様々なデッキアレンジが可能です。

・実用的なシートアレンジ

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

ヤリスクロスのシートアレンジは、後部座席をフラットにすることはもちろん、後部座席の真ん中だけを倒せば長さのある荷物も積み込みができます。

コンパクトカーとしては珍しく、写真のように自転車やゴルフバッグなど大きな物も難なく積み込めます。

SUVと同じようなシートアレンジができるので、お買い物や旅行、アウトドアなど幅広いシーンで活躍できること間違いなしです。

・小さいけど豊富な収納スペース

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

ヤリス同様に、小物を収納するスペースは荷室容量とは違って全体的に小さめです。

ですが、USB端子や助手席下収納など、あると便利な機能も備わっています。(一部グレードは除く)

コンパクトなボディなので収納スペースは若干窮屈ですが、空間を有効活用した収納スペースとなっています。

・荷室スペースのアクセスもラクラク

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

少し余談になりますが、ヤリスクロスはスマートキーを携帯していればリヤバンパーの下に足を出し入れすることで荷室の開閉ができます。

この”ハンズフリーパワーバックドア”はオプション装備となりますが、両手が荷物でふさがっている時や、お子様を抱っこしている時など簡単に荷室にアクセスができる機能です。

停止位置の記憶などもできるので、安全に、かつ手軽にトランクルームを利用することができます。

トランクルームの使用頻度が高い方や、ファミリーカーとして利用する方に便利な機能ですね。


■ヤリスクロスで車中泊はおすすめできない

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

ヤリスクロスでの気になる”車中泊”ですが、近年のアウトドアブームもあってか気になる方も多いと思います。

ヤリスクロスでの車中泊は、身長170センチ以上の大人はほぼ車内で寝転がるのが難しいです。

ハリアーやRAV4のような奥行はないので、160センチ台の身長の方でもかなり窮屈と感じられそうです。

身体を少し斜めにして寝転がったり、工夫次第では車中泊ができなくもないといった感じですが、正直おすすめはできません。

車中泊をするとしても、大人一人が限界と思っておきましょう。

どうしても休憩でひと眠りしたい、といった緊急時以外での車中泊はしない方が良さそうです。


■ヤリスクロスの荷室容量についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、ヤリスクロスの荷室容量と収納スペース、そして車中泊について紹介させていただきました。

ヤリスクロスは”ヤリス”よりも実用性があり、ファミリーカーとしてやお出かけにより最適な車となっていることがわかりましたね。

今回のポイントをまとめてみます。

  • ヤリスクロスの荷室はヤリス・ライズよりも広く使いやすい
  • 小物収納は全体的に小さくて狭い
  • 車中泊はおすすめしない

このポイントをご理解していただき、ヤリスクロスの購入を検討してみてくださいね。

ヤリスの荷室、車中泊について

ライズの荷室、車中泊について