ヤリスクロス「シルバーメタリック」は地味?汚れが目立たない?色の特徴と欠点を紹介

ヤリスクロス

ヤリスクロスのボディカラーはバリエーションが豊富で、シンプルな色からちょっと個性的な色まで様々です。

中でもシンプルで飽きの来ない色を選ぶなら、”シルバーメタリック”も候補に入ると思います。

シルバーメタリックは汚れが目立ちにくく、また傷も目立ちにくいのでお手入れがラクというメリットがあります。

ただ、反対に地味な色という印象も強く、更にはオジサンっぽいといった意見が多い色でもあります。

そこで今回は、ヤリスクロスのボディカラー”シルバーメタリック”の特徴と欠点について紹介します。

ヤリスクロスのボディカラー選びでお悩みの皆さんの少しでも参考になれば幸いです。




■ヤリスクロス「シルバーメタリック」の特徴と欠点

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

それでは早速、ヤリスクロスのボディカラー”シルバーメタリック”について紹介します。

このカラーの良いところと悪いところを知って、ボディカラー選びの手掛かりにしてみてくださいね。

・傷、汚れが目立ちにくい

何となくこのシルバーカラーはイメージできるかもしれませんが、とにかく傷と汚れが目立ちにくいです。

濃色車のブラックやブルーだと一雨降っただけで汚れが気になるのですが、シルバーメタリックはそこまで気になりません。

ちょっとした傷や汚れ程度なら、あまり神経質になりすぎずに乗ることができるので精神衛生上にも良いと思います。

ただ、目立たないからと言って洗車やケアをしないというのはNGです。

かえって傷の原因にもなったりするので、定期的に洗車はしてあげましょう。

・飽きの来ない王道のボディカラー

シルバーメタリックといえば、ホワイトとブラック同様にどの車種でも王道カラーのような存在感があり、人気はお墨付きです。

派手な色と比べても飽きがこないので、長い間所有していられるような親しみやすい色なのです。

ヤリスクロスを10年以上所有し続ける予定であれば、シルバーメタリックはとてもおすすめかもしれません。

今ドキなトレンドカラーではありませんが、迷ったら王道カラーのホワイト・ブラック・シルバーから選ぶのも良いと思います!

・”オジサンくさい色”という印象がある

シルバーメタリックは、王道カラーの中でも”オジサンくさい色”というイメージが強く、若者にはあまり評判が良くないようです。

もちろん好みにもよりますが、若者は特に好き嫌いがハッキリ分かれてしまう印象です。

オジサンくささを少しでも解消するなら、カスタムパーツで見た目をスポーティにすると良いでしょう。

印象が大きく変わり、若々しさがプラスされてきっと更に愛着が湧きますよ。

・カッコよさや個性には欠ける

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

オジサンくさい色という印象が強いように、シンプルで地味なカラーともいえるので、他の色と比べるとカッコよさや個性にはどうしても欠けます。

汚れが目立ちにくいのは良いのですが、地味な色なのでヤリスクロスの見た目に物足りなさを感じてしまうかもしれません。

ただ、そんなシルバーメタリックには上記のような”ツートンカラー”があります。

有料色にはなりますが、地味なシルバーカラーにブラックマイカがプラスされただけで、若々しくスタイリッシュな見た目になります。

シルバー単体だと地味で物足りないと思った方は、ブラックマイカとのツートンカラーを検討してみてくださいね。


■ヤリスクロス「シルバーメタリック」のおすすめ洗車アイテム

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

ヤリスクロスのシルバーメタリックは傷と汚れが比較的目立ちにくいですが、洗車やお手入れが不要ということではありません。

キレイな見た目を保つには、丁寧なお手入れは欠かせません。

ヤリスクロスのシルバーメタリックに合ったおすすめの洗車アイテムをいくつか紹介するので、これをキッカケに洗車も習慣化してみましょう!

・簡単ボディコーティング「ゼロウォーター」

霧吹きタイプのゼロウォーターはボディに吹き付けたあと、布で拭き取ればあっという間にコーティング施工が完了します。

ツルツルでツヤのあるボディになるので、ガラスコーティングは高くてなかなかできないという方にもおすすめです。

撥水効果も期待でき、汚れを防止してくれます。

コストフォーマンスにも優れているので、定期的に施工してあげましょう!

・タイヤケアで全体をキレイに見せる「タイヤワックス」

シルバーメタリックは汚れが目立ちにくい事から、洗車やお手入れをサボりがちになってしまうかもしれません。

洗車が面倒、またはなかなか洗車するタイミングがないという場合には、タイヤワックスで足元(タイヤ)だけでもキレイにしちゃいましょう!

タイヤやホイールをキレイにするだけでもボディ全体がキレイに見えますよ。

もちろん、全体を洗車した後にこのタイヤワックスをするのが望ましいですが、時短のケアアイテムにもなるのです。

筆者はこのタイヤワックスをもう何本使ったかわからないくらい愛用しています。

コスパ、施工のしやすさ、コーティング効果はバツグンでおすすめです!


■ヤリスクロス「シルバーメタリック」のまとめ

いかがでしたか?

今回は、ヤリスクロスのボディカラー”シルバーメタリック”の特徴と欠点について紹介させていただきました。

定番のボディカラーということでシルバーメタリックを選ぶユーザーは多いようですが、一方でオジサンっぽい、地味という意見もあります。

ですが、ご自身が気に入った色を選ぶことが一番なので、あくまで今回の特徴や欠点は参考までにしてください。

シルバーメタリックは汚れが目立ちにくいですが、紹介したような洗車アイテムで日頃からキレイを心掛けてみてくださいね。

ヤリスクロスには10色以上のカラーバリエーションがあるので、他の色も見逃さずにチェックしてみましょう!