ヤリスクロス「ホワイトパールクリスタルシャイン」は汚れが目立つ?白カラーの特徴と欠点紹介

ヤリスクロス

ヤリスクロスのボディカラーバリエーションはとても豊富で、どれにしようか迷っている方も多いと思います。

中でも”ホワイトパールクリスタルシャイン”は、さりげない高級感と飽きの来ない定番の白色ということで、幅広い年齢層に人気です。

ホワイトパールクリスタルシャインをはじめ、いわゆる白色のボディカラーは汚れが目立ちやすいという意見があったり、個性がないといった声も多くあります。

果たしてそれは本当なのか、今回はヤリスクロスの”ホワイトパールクリスタルシャイン”の特徴と欠点を紹介します。

ヤリスクロスのホワイトパールクリスタルシャインが気になっている方、そして色選びでお悩みの方、ぜひここで特徴と欠点をチェックしていってくださいね。




■ヤリスクロス「ホワイトパールクリスタルシャイン」の特徴・欠点

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

まずはじめに、ヤリスクロスのボディカラー”ホワイトパールクリスタルシャイン”の特徴と欠点を紹介します。

ボディカラーを選ぶうえで、良いところと悪いところを知っておくのは重要だと思うので、この色について詳しく知っていきましょう。

・飽きの来ない王道カラー(ツートンもアリ!)

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

ヤリスクロスのホワイトパールクリスタルシャインは、とにかく飽きの来ない王道カラーです。

個性には欠けるかもしれませんが、ただの白色ではないこともポイントです。

よく見ると細かなラメが散りばめられていて、有料色ならではの高級感もありますよ。

真っ白ではなく少しだけくすんだカラーなので、大人っぽさも感じられます。

写真のようにツートンカラーもあるため、さりげなく周りとの差をつけられるのも魅力的ですね。

・傷と汚れは目立ちにくい

「白色は汚れが目立つ」というイメージですが、ホワイトパールクリスタルシャインは実は傷と汚れが目立ちにくいです。

濃色車である黒や青などと比べると、傷と汚れが明らかに目立ちにくいのです。

ガラスコーティングを施工すれば、更にお手入れは容易でキレイなボディを長期間保つことができるのです。

もちろんお手入れ不要というわけにはいきませんが、洗車がニガテなズボラさんにもおすすめできる色ですよ。

・人気色でリセールバリューが期待できる

ヤリスクロスのホワイトパールクリスタルシャインは、ボディカラーの中でもブラックと同等の人気色です。

中古車市場でも需要が高いことが予想されるので、リセールバリューが期待できます。

もし5年以内で乗り換えを考えているなら、人気色を選んだ方が良いかもしれません。

具体的な金額は車種の状態やグレード等でも変わるので一概にいえませんが、ヤリスクロスを少しでも高く売りたいならホワイトパールクリスタルシャインはおすすめです!

・人気色なので周りのオーナーと被りやすい

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

人気色であるがゆえの問題ですが、ヤリスクロスに限らず、とにかくホワイトカラーの車は多く人と被りやすいです。

万人受けすることから個性には欠けます。

少しでも周りと差を付けるなら、ヤリスクロスではGRやモデリスタのカスタムパーツでドレスアップをするのが良いでしょう。

また、先ほども紹介したようにブラックマイカ×ホワイトパールクリスタルシャインのツートンカラーを選ぶのもおすすめです。

同じ白色でも、カスタムやツートンカラーにすることで個性を主張できますよ。

・ノーマル状態だと”社用車感”が強い

ヤリスクロスはけしてハイクラスのSUVではないので、エクステリアとインテリアともに所々チープさが感じられます。

ホワイトパールクリスタルシャインのカラーでかつノーマル状態だと、法人で使用する”社用車感”が増してちょっとダサいと感じる人もいるかもしれません。

とはいえ、これは人によって好みが違うのと同じなのでけして絶対的にダサいというわけではありません。

ただもしホワイトパールクリスタルシャインを選んで、ちょっと社用車っぽい、またはダサいと感じてしまったらエクステリアを少しドレスアップするのがおすすめです。

ヤリスクロスのカスタムパーツはとても充実しているので、少しずつ時間をかけてドレスアップを楽しむのもいいですよ。


■ヤリスクロス「ホワイトパールクリスタルシャイン」のケア方法

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

最後に、ヤリスクロスの”ホワイトパールクリスタルシャイン”におすすめな洗車やケア方法を紹介します。

このカラー以外に限らずおすすめできて、なおかつ簡単にできるケア方法をピックアップするので、日ごろの愛車お手入れの参考にしてみてくださいね。

・ボディの拭きあげにマストな「合成セーム」

洗車後の水の拭き取りには”合成セーム”のような柔らかい布を使いましょう。

柔らかい布で拭き取ってあげることで、ボディの傷をつけにくくしてくれます

ホワイトパールクリスタルシャインはあまり傷が目立ちませんが、このようなちょっとしたひと手間でよりキレイなボディをいつまでも保ってくれるのです。

価格もお手頃で、筆者は2枚常に常備している洗車マストアイテムです!

・ガンコな汚れに「ネンドクリーナー」

車を走らせていれば誰もが一度くらいは経験したことがあるのが”洗車で落ちない油汚れ”ではないでしょうか?

強くこすっても落ちず、かえって傷をつけてしまうこともありますよね。

工事中の道路の横を通ったりすると、ピッチやタールなどのガンコな汚れが付くこともあります。

そんな時に使えるのがこの”ネンドクリーナー”です。

油汚れは綺麗に落ち、ボディのザラつきをとってくれる優れものです。

いざという汚れを落としてくれる救世主なので、筆者はこちらも常に常備しています!

・簡単ボディコーティングができる「ゼロウォーター」

「ガラスコーティングは高くてできない・・・」という方は、洗車後にセルフコーティングをするのがおすすめです。

ただ、コーティングは手間がかかるのは避けたいところですよね。

この”ゼロウォーター”は、超簡単にセルフコーティングができるのです!

霧吹きタイプになっていて、ボディに吹き付けて拭き取るだけでツルツルでキレイなボディになっちゃいます。

これなら洗車毎にできるくらいのお手軽さがありますね。

ヤリスクロスのサイズならゼロウォーター1本で3回くらいは余裕でコーティングができるので、コスパも最強です!


■ヤリスクロス「ホワイトパールクリスタルシャイン」のまとめ

いかがでしたか?

今回は、ヤリスクロスのボディカラー”ホワイトパールクリスタルシャイン”について紹介させていただきました。

個性には欠けますが、無難な王道カラーということでかなりの人気色なのです。

また、傷や汚れが目立ちにくいというのはこのカラーの大きな魅力でもあります。

ホワイトパールクリスタルシャインにはツートンカラーもあるので、周りと差をつけるならとてもおすすめです!

カスタムを楽しむのもよし、シンプルに乗りこなすのもよしな万能カラーをぜひ色選びで迷っている方は候補にしてみてはいかがでしょうか。