新型RAV4のリセールバリューを予想!下取り価格はいくら位になるのか予想してみた!

RAV4

新型RAV4が発売されてまだ間もないですが、新型RAV4を購入して3年後や5年後、はたまた10年後には乗り換えを検討する方も多いのではないでしょうか。

そこで重要になってくるのが、新型RAV4の「リセールバリュー(下取り価格)」ですよね。

乗り換え時期をある程度決めている場合は、どうせなら少しでも高く車を売りたいと思う人も多いはずです。

今回は、新型RAV4のリセールバリューは大体いくら位になるのかを紹介します。

筆者の個人的な意見も踏まえ、新型RAV4の今後の価値はどのくらいになっていくのかをチェックしていきましょう。




■新型RAV4のリセールバリューを年別・グレード別に予想!

引用元:https://toyota.jp/rav4/

まずはじめに、新車購入時から一回目の車検を迎える年でもある「3年後」のリセールバリューについて紹介します。

新型RAV4の3年後の価値は、どのくらいになっているのかを見ていきましょう。

・新型RAV4の新車購入から「3年後」の下取り価格予想

引用元:https://toyota.jp/rav4/

3年落ちの車種は、新型RAV4に限らずおよそ50%下がるといわれています。

もちろん車種の状態に大きく左右されるので一概にはいえません。

ですが、新車購入から3年後といえば、最初の車検の年でもあり、買い替えるか乗り続けるかを検討する機会にもなるのです。

需要としても3年落ち程度であればまだまだ高く、この「3年落ち」が売るには最適な時期といえます。

新型RAV4の3年落ちは、車体価格のみで計算するとリセールバリューは下記の金額程度になると予想されます。

グレード車両本体価格3年落ちリセールバリュー予想
HYBRID G¥3,885,500約¥2,200,000
HYBRID X¥3,261,500~約¥1,700,000
G”Z Package”¥3,410,000約¥1,700,000
G¥3,261,500約¥1,700,000
Adventure¥3,195,500約¥1,600,000
X¥2,656,500~約¥1,300,000

走行距離や事故歴の有無などによっても変わってくるのであくまで参考価格となりますが、3年落ちの下取り価格がおよそ半額だとすると、このような結果となりました。

上記のリセールバリューであれば、次の車購入の頭金にするにも十分な資金になりそうですね。

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

・新型RAV4の新車購入から「5年後」の下取り価格予想

引用元:https://toyota.jp/rav4/

続いて、新型RAV4の「5年落ち」の場合のリセールバリュー予想です。

5年後となると、2回目の車検の時期であり、この頃から修理する箇所が出てきたり、ローンを組んでいる場合は返済がほぼ終わる時期になることも多くなります。

したがって、車を購入してから5年後に乗り換える人は比較的多いのです。

5年落ちの車種は、新車価格から60%~80%程度下がることが一般的です。

5年落ちの新型RAV4のリセールバリューを見てみましょう。

グレード車両本体価格5年落ちリセールバリュー予想
HYBRID G¥3,888,500約¥1,500,000
HYBRID X¥3,261,500~約¥1,300,000
G”Z Package”¥3,410,000約¥1,300,000
G¥3,261,500約¥1,300,000
Adventure¥3,195,500約¥1,200,000
X¥2,656,500~約¥1,000,000

上記はおよそ60%価値が下がった場合の金額を表示していますので、実際はこの金額よりも更に10~20万円程下回る可能性が高いです。

3年落ちのリセールバリューと比較すると、30~50万円価値が下がっているのがわかります。

ですが、まだ100万円台の価値が付いているので、次回の車の頭金に充てるには十分でしょう。

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

・新型RAV4の新車購入から「10年後」の下取り価格予想

引用元:https://toyota.jp/rav4/

10年落ちとなると、事故や修復歴がなくても、走行距離や車の傷、部品の劣化が目立つ頃です。

10年落ちの新型RAV4の価値は”ほぼ無い”といっても過言ではなく、金額はどのグレードも高くて「0~30万円程度」と予想されます。

現行のモデルがとても人気車種であっても、100万円前後の価値が付く可能性は低いでしょう。

リセールバリューを意識するなら、ご自身が最も納得のいく価格が付きやすい”3~5年落ち”になった際に下取りに出すというのがタイミングとしてはベストです。



■新型RAV4のリセールバリューが高価になりやすいグレード、カラー、オプションを紹介!

引用元:https://toyota.jp/rav4/

年月が経てば経つほど、価値はどんどん下がってしまう事は仕方が無いのですが、少しでも高く新型RAV4を売りたいですよね。

そんなリセールバリューを意識したい方におすすめなグレードやボディカラー、オプションなどを紹介します。

・新型RAV4の人気なボディカラーを選ぶのがおすすめ!

引用元:https://toyota.jp/rav4/

できるだけ高額なリセールバリューを狙うなら、新型RAV4の人気カラーを選択するのがおすすめです。

絶対に価値が上がるという確約はないのですが、人気のボディカラーで需要が高いからという理由で、下取り価格が高くなることはよくある話です。

新型RAV4では特に「ホワイトパールクリスタルシャイン」「アティチュードブラックマイカ」「シルバーメタリック」などが高値になると予想されます。

また、Adventureグレードに用意されている2トーンカラーの「アッシュグレーメタリック×アティチュードブラックマイカ」「アッシュグレーメタリック×グレーメタリック」などもリセールバリューが期待出来ます。

新型RAV4に限らず人気カラーになりやすいホワイト系ブラック系は、比較的高価な価格になりやすいので、カラー選択も意識してみるといいかもしれませんね。

・新型RAV4の人気グレードを選ぶのもおすすめ!

引用元:https://toyota.jp/rav4/

リセールバリューをできるだけ高くしたいという方は、ボディカラー選択も重要ですが、グレード選択も意識するといいでしょう。

新型RAV4のハイブリッド車または、ガソリン車の「Adventure」「G”Z Package”」は現在人気グレードで、今後も人気をキープすると予想されます。

廉価グレードは車体価格が安い分、車の価値もかなり低くなります。

今後主流になってくるハイブリッド車グレードか、ガソリン車の人気グレードを選択すれば、リセールバリューの下げ幅が少なくなるかもしれません。

ただしボディカラーもグレード選択も、”絶対に高く売れる”という保証はないのでご注意ください。

下取り時期と、日頃丁寧に車を扱っているかがかなり重要になるので、車の扱い方を日々意識しましょう。

・新型RAV4の人気メーカーオプションを付けるといいかも?

引用元:https://toyota.jp/rav4/

新型RAV4のリセールバリューを極端に下げないようにするには、人気のメーカーオプションを装備しておくこともおすすめです。

特に人気なオプションは足先を近づけるだけでバックドアの開閉ができる「ハンズフリーパワーバックドア」です。

リヤバンパーの下に足を出し入れするだけで、バックドアの開け閉めができる便利な機能です。

両手が荷物でふさがっている時などに役立ちます。

また、続いて人気なのは「パノラマムーンルーフ」です。

引用元:https://toyota.jp/rav4/

パノラマムーンルーフは開放的なドライブを楽しむことができるメーカーオプションです。

アウトドアや旅行を新型RAV4で楽しみたい方にはマストな装備といえます。

高価なメーカーオプションということもあり、装備する方は少ないですが需要があるので、リセールバリューではアップが期待できます。

とはいえ、こちらはあくまで参考までに、リセールバリューを意識しすぎず、ご自身の好みのメーカーオプションを中心にチョイスしてみましょう。

 



■新型RAV4のリセールバリューについてのまとめ

今回は、新型RAV4のリセールバリュー予想について紹介しました。

新型RAV4がどんなに人気車種であっても、3年後、5年後、10年後と価値はどんどん下がってくるので、乗り換え時期のタイミングはとても重要になるということがわかりましたね。

また、リセールバリューを気にするなら人気カラーやグレードを選ぶと、下取り価格が思った以上に高くなるかもしれません。

今回はあくまで予想だらけの紹介となってしまいましたが、今後のリセールバリューの参考にはなると思います。

乗り換え時期も見据えつつ新型RAV4を購入している方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。