ライズにMT車(マニュアル車)やパドルシフト、MTモードはある?後付けできる?

ライズ

人気車種であるコンパクトSUV”ライズ”が気になっている皆さんの中で、ライズのMT車(マニュアル車)やパドルシフトはあるのか気になっている方もいるのではないでしょうか。

MT車(マニュアル車)はだいぶ少なくなってしまいましたが、SUVで用意されていることが実は多かったりします。

またパドルシフトは基本AT車ですが、MT車感覚で運転を楽しむことができ、標準装備されている車が増えています。

MT車やパドルシフトは、車が好きな方や運転する楽しさを日々感じたい方にとって重要ですよね。

結論からいうと、ライズにパドルシフト、MT車の採用はありません。

それを踏まえて今回は、ライズにマニュアル車感覚で運転できる方法はあるのか、またパドルシフトは後付けできるのかについて紹介します。

MT車やパドルシフトが搭載されたライズに乗りたいと思っている方は必見です!




■ライズにMT車(マニュアル車)、パドルシフトはある?

引用元:https://toyota.jp/raize/

では早速、ライズの”MT車(マニュアル車)”とパドルシフトについて紹介します。

気になっている方もとても多いと思いますので、ライズのマニュアル車の採用状況について見ていきましょう。

・ライズにMT車とパドルシフトは無い

引用元:https://toyota.jp/raize/

残念ながら、ライズにMT車のグレードは今のところありません。

そしてパドルシフトの採用も無いのです。

MT車があったとしても、購入者は1割いるかいないかの割合になってしまうので採用は難しかったのかもしれません。

あまりに需要が低いことが予想されるのが、一番の理由ではないかと思われます。

ライズのMT車をご希望している方には残念な情報ですが、致し方ないでしょう。

更にパドルシフトの採用も無く、コスト削減のためかグレード問わず装備はされていません。

ただしマニュアルモード(シーケンシャルシフト)”という機能は搭載されており、変速でのショックが少ないシフトダウンができるようになっています。

マニュアルモードはシフトに「+」「-」表記があり、「+」でシフトアップ、「-」でシフトダウンができます。

そうはいってもAT車なので、この機能によってマニュアルを運転しているような感覚はあまり感じられません。

あくまで予想ですが、ライズの売れ行き次第ではもしかしたらMT車グレードのデビューもあるかもしれませんね。

MT車のコンパクトSUVをお探しの際は、ライズにはMT車はありませんのでご注意ください。

・パドルシフトは後付けできるの?

引用元:https://toyota.jp/raize/

さすがにAT車をMT車にすることはできませんが、パドルシフトの後付けくらいはできるのじゃないかとお考えの方もいるはずです。

パドルシフトを後付けできるかというと、答えは「できます。」

マニュアルモード(シーケンシャルシフト)機能があるので、後付けは可能なようです。

ですがパドルシフトは後付けができるものの、いくつか課題はあります。

  • ライズに適合した、装着できるパーツであるか
  • 純正ではなくパーツは社外品になってしまう
  • 取り付けはセルフまたはカスタムショップに持ち込む
  • 取り付けに失敗しても保証がない

上記のような課題がありますので、付けられないことはないですが、必ずライズにパドルシフトが付けられるわけではありません。

取り付けに必要なパーツや取り付け時には、ある程度知識が必要になります。

どうしてもパドルシフトが付けたい場合は社外品パーツを揃えましょう。

※このほかにステアリングホイール、配線等の部品が必要になる可能性があります。



■ライズの運転を存分に楽しむ方法はある?

MT車やパドルシフトがないからといって、ライズの運転自体が楽しくない、魅力がないわけではありません。

MT車とパドルシフトが無くても十分にライズの性能を生かした走りができます。

最後に、ライズの運転を存分に楽しめるおすすめの方法を紹介します。

ライズの特徴や魅力を味わえるおすすめアクティビティを見ていきましょう!

・一泊旅行にライズで行こう

引用元:https://toyota.jp/raize/

ライズで一泊程度の小旅行であれば十分快適に楽しめます。

乗車する人数にもよりますが、多くても4人までであれば、あまり窮屈にならずに車内で過ごせるでしょう。

ライズの後部座席は足元が広めに設計されているので、大人が乗車してもゆとりがあります。

1.0Lという小さなエンジンですが、ターボ搭載でグングン加速してくれるので長距離走行もこなしてくれますよ。

ライズに乗れば、気軽に出かけたくなること間違いありません。

・日帰りアウトドアをライズで楽しむ

引用元:https://toyota.jp/raize/

ライズで車中泊は適しませんが、日帰りでバーベキューや釣り、海水浴などのアウトドアのお供におすすめです。

荷室容量はコンパクトSUVクラスとしてはダントツに優れており、アウトドアグッズを沢山積むことができます。

ターボ車でありスポーツモードも搭載されているライズは、荷物を沢山積んでも思った以上に軽快な走りをしてくれます。

コンパクトなのに積載性、使い勝手、走りはとても優秀ですので、日帰りアウトドアにピッタリですよ。



■ライズのMT車、パドルシフトについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、ライズにMT車、パドルシフトはあるのかについて紹介させていただきました。

MT車、パドルシフトともに設定はありませんでしたが、コンパクトSUVというボディを生かして十分にカーライフを楽しむことができます。

ただ、MT車もしくはパドルシフトがマストな方だとライズはおすすめができません。

ご自身が一番納得できる後悔のない車選びができるよう、様々な車種と比較してみてくださいね。




ライズ
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ