ライズのターコイズブルーマイカメタリックはダサい?派手で目立つ?カラーの特徴を紹介

ライズ

ライズのボディカラー選びでお悩み中の皆さん、候補の中に「ターコイズブルーマイカメタリック」はありますか?

ライズのボディカラーの中では目立つ派手な色で、見た目はかなりパンチがありますよね。

とても可愛らしい色ではあるもののちょっと選びづらさがあるカラーだと思います。

そこで今回は、ライズのターコイズブルーマイカメタリックはダサいのか、また派手で目立つ色なのかについて詳しく紹介します。

ボディカラー選びは、長く乗る愛車にとって重要です。

ライズのターコイズブルーマイカメタリックの特徴を知って、カラー選びの参考にしてください!




■ライズのターコイズブルーマイカメタリックの特徴を紹介!

引用元:https://toyota.jp/raize/

はじめに、ライズのターコイズブルーマイカメタリックの特徴を紹介します。

ターコイズブルーマイカメタリックの実際の色味はどんな感じかチェックしていきましょう。

・ターコイズブルーマイカメタリックはどんな色?

引用元:https://toyota.jp/raize/

ライズのターコイズブルーマイカメタリックは写真の通り鮮やかな水色で、どちらかというと薄めではなく濃いめの色味でハッキリとしたブルーとなっています。

見た目はとても可愛らしい印象で、お子様にはとても喜んでもらえそうなポップなカラーです。

ここまで鮮やかな水色のボディカラーはあまり他の車種でも見かけないので、人とあまり被らず個性を主張できるかもしれません。

分かりづらいかもしれませんが、メタリックカラーも微かに混ざっていることから鮮やかさとカラーの立体感がうまく表現されています。

ライズのコンセプトにふさわしいアクティブなカラーといえるでしょう。

・ライズのボディカラーの中では人気がない?

引用元:https://toyota.jp/raize/

調査したところ、ターコイズブルーマイカメタリックのカラーはライズの中でも人気色という部類ではなく、中間あたりに位置している”あまり人気のないカラー”となっています。

十分に魅力的なカラーではあるのですが、ハッキリとした明るいブルーはどうやら好き嫌いが別れる様子。

長く乗り続ける車だとどうしてもホワイトやブラックなどの飽きの来ない色を選択したくなる方が多いようです。

このような個性的なカラーは、いざご自身の愛車を購入するとなると、敬遠されがちになのかもしれません。

ただ、ターコイズブルーマイカメタリックには、2種類の配色パターンがあります。

左は通常のターコイズブルーマイカメタリックで、右はブラックマイカメタリックがプラスされた2トーンカラーです。

ワンカラーだと可愛らしいポップさが全開ですが、2トーンカラーになると、カッコよさがプラスされて男性でも乗りやすい印象になります。

2トーンカラーは有料色ですが、より個性的に、見た目に強めのインパクトを求める方におすすめです。

・ターコイズブルーマイカメタリックはズバリ”ダサい”?

引用元:https://toyota.jp/raize/

ターコイズブルーマイカメタリックが良い色か、それともダサい色なのかといわれると好みの問題なので一概にはいえません。

筆者個人的にはけして”ダサい”とは思いませんが、40代以降の年齢層の方がこの色をチョイスするのには少し勇気がいるかな、と思います。

少し悪い表現になりますが、このカラーになることで若干おもちゃっぽい見た目になる(安っぽい印象になる)ように感じてしまいます。

そこがターコイズブルーマイカメタリックの良いところであり、人気色になれない要因にもなっているのではないでしょうか。

フロントの武骨なデザインがかなり柔らかくなってしまうんですよね。

ダサいということはありませんが、”人を選ぶ色”なのかもしれません。

若者や女性、ファミリー層にはあまり抵抗なく乗っていただけるカラーだと思います!


■ライズのターコイズブルーマイカメタリックのおすすめ洗車・ケア方法を紹介!

続いて、ターコイズブルーマイカメタリックにおすすめな洗車やボディケア方法を紹介します。

ターコイズブルーマイカメタリックは、あまり汚れが目立ちやすいカラーではないものの、定期的に洗車を心掛けることが重要です。

洗車を怠ってしまうと、かえって傷の原因になることもあるのです。

洗車を習慣化できるよう、ラクに行えるボディケア方法と洗車方法を紹介していきます。

・”ガラスコーティング”をがおすすめ!

引用元:https://toyota.jp/raize/

ガラスコーティング施工は必須ではありませんが、納車前にディーラーで依頼しておくのがとてもおすすめです!

価格は5~8万円程が平均でけして安い金額とはいえませんが、新車以上の輝きを長い間保つことができます。

また、施工後の洗車は基本水洗いのみでOKなのも嬉しいところです。

車の購入と同時に、ガラスコーティングの依頼をするユーザーは多く、マストになりつつあるかもしれませんね。

ガラスコーティング施工をしている場合としていない場合でも、見た目の印象は大きく変わるので、施工しておいて損はありません。

少々お高いですが、それだけの価値があると感じさせてくれますよ。

それでもやっぱりコーティングに数万円かけるのは・・・と思っている方も、ガラスコーティングはセルフで施工は可能です。

手間はかかりますが、ご自身で施工すればより愛着も湧きます。

どちらの方法でも問題ないので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

3年間耐久!洗車も楽々♪ガラスコーティング剤

・水洗い洗車後は”合成セーム”を使って拭き取るのがおすすめ!

このブログでは何度も紹介させていただいているのですが、筆者が超おすすめしているのがこの”合成セーム”です。

ご存知の方も多いとは思いますが、ここでもご紹介させていただきます。

水の拭き取りでは雑巾やタオルを使うのではなく、合成セームといった繊維の細かい布を使うことで、拭き取りの際の傷を防止します。

一般的な雑巾やタオルは、繊維が荒くボディを傷つけてしまいます。

合成セームを使用して、洗車傷をなるべくつけない様にボディケアをしましょう!

雑巾やタオルよりも高価ですが、何度も使えて経済的です。

1~2枚常備しておくと安心ですよ。

・”二週間に一度”もしくは”一か月に一度”は洗車をしよう!

引用元:https://toyota.jp/raize/

洗車を何か月もサボっている、洗車が嫌いな方も多いと思います。

洗車をしょっちゅうするのも大変ですし、洗車方法によっては錆や傷の原因になったりするものです。

ですが、落ちない汚れを作ってしまう前に洗車を行うことはとても大事なのです。

ライズのターコイズブルーマイカメタリックは、汚れや傷が目立ちにくく洗車をサボりがちになってしまうこともあるかもしれません。

傷や汚れはそれほど目立ちませんが、二週間に一度、もしくは一か月に一度は洗車をするのがおすすめです。

理由は、最後の洗車から二週間~一か月ほどで、雨が降っていなくても砂ぼこりなどで汚れが目立ってきます。

ですので、せめて月一回はケアをしてあげると良いでしょう。

面倒かもしれませんが、継続していけば習慣になり、あまり苦に感じません。

長く乗る愛車だからこそ、いつまでもキレイな状態を心掛けてみてはいかがでしょうか。


■ライズのターコイズブルーマイカメタリックについてのまとめ

今回は、ライズのボディカラー”ターコイズブルーマイカメタリック”について紹介させていただきました。

ライズの中でも人気色とまではいきませんが、個性的でちょっと派手な色を求める方にはとてもおすすめできるカラーになっています。

そして”ダサい”かどうかについての件ですが、申し上げた通りけしてダサいカラーではありません。

ただ、目立つ色ということもあり、好みが別れるのも事実です。

とはいえご自身が一番満足できるカラーを選ぶことが一番なので、ダサいかどうかはあまり気にせず選んでくださいね。

ライズにはこのカラーの他にも個性的で派手な色が沢山揃っています。

その他のカラーもお見逃しの無いように、後悔のないカラー選びをしてください。




ライズ
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ