新型レガシィB4のカスタムパーツでドレスアップ!STIやおすすめ純正パーツを紹介!

レガシィB4

新型レガシィB4の購入の際に欠かせないのは「メーカーオプション」ですよね。

ほとんどの方がメーカーオプションを追加すると思うのですが、中でも「カスタムパーツ」を付けるか悩んでいる方も多いと思います。

スバルといえば、特にSTIのカスタムパーツがとてもカッコよく、スポーティというイメージが強いのではないでしょうか?

そこで今回は、新型レガシィB4のメーカーオプションの「カスタムパーツ」について紹介します。

これをきっかけに、新型レガシィB4のカスタムパーツを付けてドレスアップを楽しみたいと思うかもしれません!

純正でドレスアップを楽しみたい方は必見ですよ。




■新型レガシィB4のおすすめ純正カスタムパーツを紹介!

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

はじめに、新型レガシィB4のおすすめ純正カスタムパーツを紹介します。

新型レガシィB4は豊富なパーツが揃っていますが、中でも特におすすめしたいカスタムパーツを厳選しましたので、どれを付けようか悩んだ時の参考にしてみてください。

まずは、STI以外のカスタムパーツを見ていきましょう。

・フロントグリル

引用元:https://www.subaru.jp/accessory/legacy/

網目状のフロントグリルで立体感が強調され、高級感がプラスされるカスタムパーツです。

新型レガシィB4とレガシィアウトバックは兄弟車なので、ほぼ共通のカスタムパーツが揃っています。

エアロパーツを取り付けなくてもこのフロントグリルを装着するだけで、見た目の印象が変わるのでさりげないカスタムをしたい方におすすめです。

ちなみに、新型レガシィB4のノーマル状態でのフロントグリルは下記の通りです。

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

「LEGACY B4 B-SPORT」は、ピアノブラック調+ラスターブラック塗装という仕様になっています。

スポーティさが強調され、全体的にブラックでまとまっています。

網目状のフロントグリルではなく、横に線が入ったデザインがノーマルとなります。

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

「LEGACY B4 Limited」は、メッキ+ガンメタリック塗装の仕様となっています。

上級グレードに位置していることもあり、シルバーカラーが強調され上質さを感じられます。

ノーマルの状態では、塗装が異なるようですね。

新型レガシィB4のフロントグリルはグレードでも異なるので、カスタムパーツのフロントグリルも併せてどれがお好みか検討してみてください。

・フロントバンパースカート

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

メッキ調デザインのフロントバンパースカートは、新型レガシィB4のフロントに良いアクセントをもたらします。

控えめなデザインなので大幅なイメージチェンジはできませんが、フロントが若干強調されるのでスポーティな印象を与えます。

とてもシンプルですが、フロント下部にこのパーツがあるだけで”カスタムしてる感”が出るのでおすすめです。

STIのエアロパーツを同時に装着ができなくなってしまうので、エアロパーツの取り付けを検討されている方はご注意ください。

・カラードナンバープレートベースセット

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

新型レガシィB4のボディカラーとナンバープレートのフレームのカラーを合わせるだけでも、見た目に統一感が出てオシャレになります。

”わかる人にはわかる”ドレスアップではないでしょうか。

細かな部分もカスタムを楽しみたい方や、コスト面でカスタムをガッツリ楽しめないという方にも、気軽にチャレンジできるパーツです。

カスタム初心者さんも、このような小さな部分のカスタムから試してみるのもおすすめですよ。

■新型レガシィB4のおすすめSTIカスタムパーツを紹介!

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

続いて、スバルといえば「STI」のエアロパーツですよね。

STIのエアロパーツを取り付ければ、スポーツカーのような見た目になりご自身の満足度も上がります。

新型レガシィB4にもSTIのパーツはどんなものが用意されているのでしょうか?

新型レガシィB4のSTIのパーツを見ていきましょう!

・STIフロントアンダースポイラー

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

STIパーツの中でも最も魅力的なのがこのフロントアンダースポイラーです。

新型レガシィB4のエクステリアをスポーティにしてくれることはもちろん、空力安定性を高めるという実用性も発揮します。

また、過度な衝撃を受けると脱落して衝撃を逃がすという安全性も考えられ、とても優れたカスタムパーツといえます。

装着部分のみ最低地上高が約25mm下がるので、”なんちゃってダウンサス”効果もあります。

一緒にチェリーレッドのスカートリップを付ければ、更にドレスアップとダウンサス効果がありますよ。

STIのパーツを取り付けることでオーナー自身の所有感もアップし、満足度も高まります。

新型レガシィB4に乗るなら、ぜひ取り付けて頂きたいパーツです!

・STIアルミホイール 18インチ

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

フロントアンダースポイラーに続いてSTIのパーツでもおすすめなのが、このアルミホイールです。

けして安いアルミホイールではありませんが、新型レガシィB4にぴったりなシンプルデザインのスポークとなっています。

中央にSTIロゴが印字され、アルミホイールですので軽量化も施されています。

18インチの他に、17インチも用意されているのでサイズ展開も豊富です。

STIのスポイラーと一緒に装備すれば、まるでスポーツカーのような印象に様変わりします。

この他にも新型レガシィB4に適合したSTIパーツはありますので、カスタムを楽しみたい方はチェックしてみてください。

新型レガシィB4の本来の良さはそのままにカッコよさと高級感を両立させるなら、純正のパーツはとてもおすすめですよ!

■新型レガシィB4の純正カスタムパーツの値引きは可能?

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

新型レガシィB4のカスタムパーツは純正でもとても豊富なので、取り付けを検討する方も多いと思います。

そこで気になるのは「値引き」だと思いますが、カスタムパーツの値引きは対応してくれることが多いです。

ですが、後付けの場合は値引きに応じてくれないことが多く、工賃もそのままかかることから割高感があります。

なるべく、純正カスタムパーツを取り付ける場合は車を購入すると同時に取り付けることをおすすめします。

新車購入と同時に取り付けであれば、工賃のサービスをしてくれたり、カスタムパーツの値引きも対応してくれるでしょう。

値引き額は取り付けるパーツによって様々となりますので一概にはいえません。

数万円のカスタムパーツの場合は値引き対応をしてくれなことがありますので、過度な期待は禁物です。



■新型レガシィB4のカスタムについてのまとめ

今回は、新型レガシィB4のカスタムパーツを紹介させていただきました。

純正パーツのみに絞っておすすめを紹介しましたが、この他にも魅力的なパーツが揃っているので、カスタムパーツに興味が湧いた方はチェックしてみてください。

カスタムパーツを付けるだけで、とても愛着が湧いてカーライフがより楽しくなります。

今までカスタムに興味がなかったという方も、一つ付けるだけで車に対する見方が変わるかもしれません。

カスタムパーツは一つ一つが安いものではありませんが、時間をかけてちょっとずつドレスアップを楽しむのもおすすめです。

新型レガシィB4は”カスタム映え”する車なので、この機会にぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。