マツダCX-30の純正カスタムパーツを紹介!カッコイイ?ダサい?値引きはできる?

CX-30純正カスタムパーツ紹介車種一覧

マツダCX-30を購入するならエアロパーツやメッキパーツを付けてカッコよくしたいという人も多いと思います。

エアロパーツやメッキパーツなどでカスタムすることで、周りと差が付く個性的な車にすることができます。

CX-30はもともとエクステリアがシンプルなので物足りなさを感じてしまう人もいるので、そういった方にも純正カスタムパーツはおすすめです。

CX-30でドレスアップにチャレンジしてみたいという方に、今回はCX-30の純正カスタムパーツを紹介していきます。

デザインはCX-30に合うカッコイイものなのか、はたまたダサいと感じてしまうものなのかここで見ていきましょう。




■CX-30純正カスタムパーツを紹介

CX-30アウトドア写真(公式)引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

それでは早速、CX-30の純正カスタムパーツを紹介します。

純正パーツだとフィッティング抜群で印象を程よく変えることができます。

エクステリアやインテリアをカッコよくしたい方はぜひここでチェックしてくださいね。

・フロントアンダースポイラー(AutoExe)

CX-30にピッタリなデザインでカッコよさを追求したオートエグゼのフロントアンダースポイラーです。

フロントのインパクトが強くなり、これだけでも大幅なイメージチェンジができますね。

スポーティな印象にするなら欠かせないパーツといえます。

・サイドアンダースポイラー(AutoExe)

サイドアンダースポイラーは、CX-30のサイドをさりげなくスポーティにしてくれます。

これでサイドビューも引き締まった印象になること間違いなしです。

・リアアンダースポイラー(AutoExe)

リアアンダースポイラーは、CX-30のシンプルなリアをカッコよくドレスアップしてくれます。

スポーティな装いに変わるので、派手さをプラスしたい方におすすめです。

・スポーツサイドバイザー(AutoExe)

スポーツサイドバイザーは通常のバイザーよりも斬新なデザインで、サイドビューのドレスアップに貢献します。

通常のバイザーのデザインがあまり好きではないという方は、このスポーツサイドバイザーがおすすめです。

・プレミアテールマフラー(AutoExe)

プレミアムテールマフラーは、CX-30をスポーティなSUVにしてくれる心地の良いサウンドが魅力です。

マフラーサウンドの変化以外にも、アクセルレスポンスが向上したりリアのドレスアップ効果も期待できます。

周りと差が付くワンランク上のカスタムです!

※グレード、エンジンによって適合が異なります。

リアルーフスポイラー

CX-30のリアスタイルをスポーツカーのような見た目にしてくれるリアルーフスポイラーです。

フロント、サイド、リアアンダーのエアロパーツと合わせて付けるのがおすすめですが、リアルーフスポイラーだけでもリアの印象は大きく変わります。

リアの良いアクセントになりそうですね。

・ドアミラーガーニッシュ

ジェットブラック塗装のドアミラーガーニッシュは、ブラックカラーが基調となっているエアロパーツと合わせて付けることで統一感が生まれます。

サイドミラーがボディを同色で味気ないと感じている方にもおすすめのパーツです。

・ストラットタワーバー(AutoExe)

エンジンルーム内にある左右のフロントサスペンションに取り付けるパーツです。

タワーバーを付けることでキビキビとしたクイックなハンドリングを体感できます。

ハンドリングの変化の感じ方は人それぞれで劇的に変わることはありませんが、エンジンルーム内に赤色のタワーバーがあることでちょっとしたドレスアップにもなりますね。

・ローダウンスプリング(AutoExe)

ローダウンスプリングは、CX-30の車高を約20mmダウンさせるパーツです。

タイヤとボディの隙間が少し狭まるので見た目がカッコよく引き締まった印象になります。

更に重心がやや下がるので不快な揺れが軽減されます。

ですが車高が低くなる分、道路のデコボコを拾いやすくなるので乗り心地が悪いと感じる人もいるかもしれません。

※グレード、エンジン、駆動方式によって適合が異なります。

・ルーフレール

ルーフレールを付けると車体上にルーフボックスや自転車、スノーボードなど様々な荷物が積載できるようになります。

CX-30でアウトドアやアクティビティを楽しむ場合に付けておくと安心なパーツです。

使用しなくても、ルーフレールがあるだけでSUVらしくスタイリッシュなエクステリアにもなるのでドレスアップにも最適です。

・スポーツペダルセット

スポーツぺダルの素材はアルミで、ノーマル時よりも優れた操作フィーリングが実感できます。

特にマニュアルのCX-30だと、ペダルの操作感向上が分かりやすいかもしれません。

足元のちょっとしたドレスアップにもなりますよ。

・スカッフプレート

CX-30の車名ロゴが光るスカッフプレートは乗降時のおもてなしをするほか、樹脂パーツ部分の傷を防止してくれます。

ドレスアップ効果と傷防止効果が期待できるので一石二鳥ですね。

・フットランプ&イルミネーション

ドアの開閉時に足元を照らしてくれるフットランプです。

純正パーツからは、ホワイトとブルーの2色から選ぶことができます。

フットランプを付けることで上質な空間を演出してくれます。

車内のドレスアップにもこだわりたい方に欠かせないパーツです。


■CX-30純正カスタムパーツは値引きできる?

CX-30アップ画像引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

CX-30の純正カスタムパーツを付けたいけど、値段が高いのが悩みどころという方も多いのではないでしょうか?

たしかにCX-30のエアロパーツや剛性パーツは値段が高く、複数一気に購入となるとあっという間に30万円、50万円・・・となってしまいます。

そこで気になるのが純正カスタムパーツの”値引き”ですが、CX-30は車両本体の値引きがそもそも渋いです。

したがって、オプション値引きやカスタムパーツの値引きもあまり期待できないのです。

ただ、後で購入するよりもCX-30購入時にカスタムパーツも注文することで多少の値引きをしてくれる可能性はあります。

こればかりは購入時期やディーラーの対応で変わってくるので一概にいえませんが、値引きの過度な期待は禁物かもしれません。

カスタムパーツの費用を少しでも抑えるなら、ネット通販で購入しご自身でカスタムショップに持ち込んで取り付けることも検討してみてください。



■CX-30純正カスタムパーツのまとめ

今回は、マツダCX-30の純正カスタムパーツを紹介させていただきました。

純正は値段が張りますが、そのぶんフィッティング感や車との一体感はバツグンでCX-30オーナーさんのどなたにもおすすめできます。

カスタムパーツはほぼ自己満足とはいえ、より愛着が湧くのでカーライフをより楽しめる方法の一つともいえます。

新車購入と同時に取り付けることで値引きの可能性も高くなりますが、無理のない範囲で少しずつ後付けをしていくのも良いと思います。

CX-30の新たな一面を見たい人は、純正カスタムパーツでドレスアップを楽しんでみてくださいね。




びーぶるー

車いじり、ドライブ大好き
MT限定解除済なのにまだAT乗り。
平成生まれ車好き女子。
車・競馬・ゴルフ・動物・カメラも好き。

びーぶるーをフォローする
車種一覧
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ