トヨタ・新型カローラセダンのグレードと価格を紹介!おすすめグレードはどれ?

カローラセダン

新型カローラセダンが発表され、注目も浴びているところですが、購入を検討する人にとって重要なのは”価格”ですよね。

近年では、新型カローラがデビューされる度に価格が高くなっており、お買い得感が薄れているのも事実です。

そこで今回は、新型カローラセダンのグレードバリエーションと、価格について紹介します。

新型カローラセダンには、ハイブリッド車とガソリン車のグレードがあり、種類も豊富なのでどれにしようか迷ってしまうかもしれません。

そんな新型カローラセダンのおすすめグレードも併せて紹介するので、新型カローラセダンを購入しようか悩んでいる方の第一歩になればと思います。




■新型カローラセダンの価格とグレードを紹介!

引用元:https://toyota.jp/corolla/

はじめに、新型カローラセダンの車体価格とグレードを紹介します。

ハイブリッド車とガソリン車の価格差はどのくらいあるのでしょうか?

また、旧モデルの「カローラアクシオ」との価格の違いも気になるところです。

それでは見ていきましょう!

・新型カローラセダンの価格とグレードリスト

引用元:https://toyota.jp/corolla/

グレード価格
HYBRID W×B¥2,750,000~
HYBRID S¥2,574,000~
HYBRID G-X¥2,403,500~
W×B¥2,315,500~
S¥2,139,500
G-X¥1,936,000

「HYBRID W×B」と「W×B」の価格差はおよそ43万円程で、ハイブリッド車とガソリン車の違いだけでもかなりの価格差があります。

ハイブリッド車はけして安いとはいえないので、まずは”ハイブリッド車”か”ガソリン車”のどちらを選ぶかがポイントになります。

・HYBRID W×B

引用元:https://toyota.jp/corolla/

「HYBRID W×B」は、新型カローラセダンの中で最も上級グレードに位置しています。

ダークグレーメタリックのホイールデザインやメーターデザインはW×Bのみの特別仕様となっていて、更にスポーティシートや採用して個性とカッコよさを演出しています。

上級グレードということもあり価格は高いのですが、装備の充実と高級感があるので満足度が高いこと間違いありません。

・HYBRID S

引用元:https://toyota.jp/corolla/

「HYBRID S」は2番目に高いグレードで、「HYBRID W×B」とは違って”カローラらしい”シンプルな仕様が特徴です。

ホイールはシルバーで、車内のシートもファブリック素材と年齢問わず乗りやすいデザインとなっています。

2番目に高いグレードの割にはシンプル過ぎる印象も受けますが、「HYBRID W×B」ほどの充実性を求めていない方にはおすすめです。

・HYBRID G-X

引用元:https://toyota.jp/corolla/

ハイブリッド車の中で最も廉価グレードにあたる「HYBRID G-X」は、エクステリアもインテリアもよりシンプルな仕様となっています。

ホイールはアルミではなくスチール製で、内装は樹脂パーツが多いのでチープさが目立ちます。

ハイブリッド車でも240万円台で購入できるのは、コストパフォーマンスに優れていると言いたいところですが、あまりに質素な装備内容なので物足りなさを感じるでしょう。

どうせハイブリッド車を購入するのであれば、「HYBRID W×B」または「HYBRID S」を選んでいただきたいところです。

・W×B

引用元:https://toyota.jp/corolla/

ガソリン車の「W×B」は、「HYBRID W×B」とほぼ同等の装備内容となっています。

ガソリン車の中でも最も上級グレードに位置し、更には1.8Lか1.2Lのターボ(MT)で排気量を選べるのも特徴です。

車体価格は230万円台からで、HYBRID G-Xよりも価格が安く充実の装備ですので、とてもお得感があります。

ハイブリッド車の廉価グレードを検討しているなら、ガソリン車のW×Bも検討してみると良いでしょう。

・S

引用元:https://toyota.jp/corolla/

中間グレードにあたる「S」の装備内容は、「HYBRID S」のガソリン車バージョンといえます。

「W×B」のような高級感はありませんが、最も好まれやすいスタンダードな仕様で、新型カローラセダンの魅力を知るには十分な内容となっています。

メーカーオプションで少し装備を足せばより快適な一台になるでしょう。

・G-X

引用元:https://toyota.jp/corolla/

ガソリン車で廉価グレードの「G-X」は、新型カローラセダンで唯一190万円台の車体価格で、コストパフォーマンスの高さは群を抜いています。

ですが、廉価グレードということもあり装備内容はとても質素です。

メーカーオプションをいくつか装備しなければ、少し不便を感じてしまうこともあるかもしれません。

メーカーオプションを追加すれば購入金額は「W×B」の車体価格程度になると予想されますので、異なるグレードの購入金額と比較しながら検討してみてください。

・前期モデル「カローラアクシオ」との価格の違いは?

引用元:https://toyota.jp/corollaaxio/

新型カローラセダンと、前期モデルのカローラアクシオの価格はどのくらい異なるのでしょうか?

一部グレードを抜粋してリストにしてみましたので、比較してみましょう。

カローラアクシオ
HYBRID EX¥2,123,000~
EX¥1,666,500~
新型カローラセダン
HYBRID S¥2,574,000~
S¥2,139,500~

 

カローラアクシオと新型カローラセダンの同等グレードで比較をしてみても、新型カローラセダンのほうがおよそ50万円近く価格が高いということがわかりました。

装備内容が充実しているとはいえ、かなりの価格アップをしているので、手の届きやすかった”カローラ”というイメージは薄くなってしまいました。

お手頃感はなくなりましたが、カローラシリーズの質は今まで以上に上がったので、価格分の価値があるかどうかは、ご自身の目で確かめてみてくださいね。



■新型カローラセダンのおすすめグレードを紹介!

引用元:https://toyota.jp/corolla/

新型カローラセダンのグレードバリエーションと価格がわかったところで、特におすすめしたいイチオシグレードを紹介します。

6種類の中から最もおすすめグレードはどれなのでしょうか?

どのグレードにしようか迷ってしまっている方も、参考にしてみてくださいね。

・ハイブリッド車のおすすめは「HYBRID S」!

引用元:https://toyota.jp/corolla/

ハイブリッド車のおすすめは中間グレードにあたる「HYBRID S」です。

HYBRID W×Bの方が、デザインも若々しくスタイリッシュなのですが、オプションを追加すればカローラとは思えない高額になってしまうので、「HYBRID S」をおすすめします。

ハイブリッド車なので燃費性能は優れており、エクステリア・インテリアともに申し分ない豊富な装備が魅力です。

4WD仕様の「HYBRID S E-Four」を選択した場合、オプションを追加したら300万円はあっという間に超えてしまいますが、2WD仕様の「HYBRID S」であれば、乗り出し価格は300万円程度で済みます。

300万円程で購入価格を抑えたいと思っている方にはベストなグレードではないでしょうか。

・ガソリン車のおすすめは「W×B」!

引用元:https://toyota.jp/corolla/

ガソリン車で最もおすすめなのは、上級グレードの「W×B」です。

デザイン性に優れ若者も乗りたくなるような仕様で、前期モデルのカローラアクシオでもW×Bは大人気でした。

シートの質感はカローラとは思えないような高級感があり、このグレードを選択しておけば間違いなしといえます。

ガソリン車のW×Bであれば、オプションを追加しても300万円程で収まるので、ガソリン車を選ぶなら上級グレードがおすすめです



■新型カローラセダンの価格とグレードのまとめ

いかがでしたか?

今回は、新型カローラセダンの車体価格とグレード、またおすすめのグレードを紹介させていただきました。

カローラアクシオと比較しても価格は大幅にアップして、さすがにお手頃価格のカローラとは言えなくなってしまいましたが、プリウスにも負けない性能や装備で人気車種になると予想されます。

実際に新型カローラセダンを見てみると、とてもカッコよくて筆者もつい欲しくなってしまいました。

今までとは全く違った”カローラ”といった感じで、今後もっと注目されると思います。

新型カローラセダンの購入を考えている方は、ぜひおすすめのグレードも視野に検討してみてください。