新型ヴェゼル「ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー」はダサい?傷、汚れが目立つ?

新型ヴェゼル ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバーの特徴と欠点車種一覧

新型ヴェゼルのボディカラーはツートンカラーのバリエーションも豊富で、どれにしようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

ただし、新型ヴェゼルでツートンカラーを選べるグレードは”e:HEV PLaY”という最上級グレードのみなので、

どのグレードでもツートンカラーが選べるわけではありません。

限られたグレードでしか選べないという特別感もあり、なおさら色選びは迷ってしまいそうですね。

そこで今回は、そんなe:HEV PLaYでしか選べないカラー”ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー”の特徴と欠点を紹介していきます。

ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバーは、名前だけ聞くと何ともイメージがしづらい色ですよね。

少しでもこの色の特徴と欠点などが分かるように掘り下げていきますので、新型ヴェゼルの色選びの参考にしてください。




■新型ヴェゼル「ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー」特徴と欠点

新型ヴェゼル ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバーエクステリア引用元:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

はじめに、新型ヴェゼルの”ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー”の特徴と欠点についてしょうかいします。

ここで紹介する特徴や欠点が全てではないものの、何となくどんな色かイメージできるかと思いますので

どんな色か知りたい方は目を通していってくださいね。

・周りと差が付く個性的なカラー

新型ヴェゼルのミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバーは派手ではないのに

個性が感じられる珍しいカラーです。

深いブルーカラーでシックな見た目が特徴です。

天井がシルバーで差し色になっているのも、他の車種では見かけない配色ですよね。

光の当たり具合では見える色も違っていて、ただの青色や紺色ではありません。

ブラックに見えたり、ツヤ感のある鮮やかなブルーに見えたりと、この一色でも様々な色味を楽しむことができます。

ダークブルーのような色味で、実際に見てみると公式サイトでの写真よりもかなり暗めの色をしています。

理由は不明ですが、ディーラーではこのカラーの展示車が少ないというウワサもあります。

ですが、この色が候補の方は写真と実車でのイメージが大きく変わる可能性がありますので

必ず実車チェックをした方が良いと思います。

・傷と汚れが目立ちやすい

ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバーは、ブラックカラー同様に傷と汚れが非常に目立ちやすいです。

洗車する頻度やお手入れに使う洗車用品などにも気を遣う必要があります。

洗車が苦手、またはお手入れが面倒という人には不向きなカラーかもしれません。

・e:HEV PLaYグレードでしか選べない

注意しなければいけないのが、ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバーが選べるグレードは限られているということです。

この色は新型ヴェゼルでは最上級グレードであるe:HEV PLaYでしか選ぶことができません。

どうしてもこの色が良い、という場合は必然的にe:HEV PLaYを選ぶことになるのでお値段が若干張ります。

更にミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバーは有料色で”27,500円”かかります。

コストパフォーマンスは正直なところそこまで良くないかもしれませんが、

その分特別感のある珍しいカラーなので候補に入れる価値は十分にあると思います。


■新型ヴェゼル「ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー」洗車・ケア方法

新型ヴェゼル ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバーサイドビュー引用元:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

新型ヴェゼルのミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバーは濃色ということで、傷や汚れが目立ちやすいことがわかりましたね。

長く乗っていく上で、しっかりとケアをして傷や汚れを防いでいきたいところです。

このカラーにおすすめなケアアイテムをいくつか紹介していくので、洗車やお手入れの参考にしたい方はチェックしていってください。

・ガラスコーティング

傷や汚れが目立ちやすいカラーには、ガラスコーティング施工がほぼマストといっても過言ではありません。

施工しておくことで新車以上の輝きが実現できたり、ちょっとした汚れなら水洗いですぐに落とせるというメリットがあります。

更に一度施工してしまえば、コーティング剤によっては効果が数年間持続するものもあります。

上記のガラスコーティング剤はスプレータイプになっているので、初心者でも施工が簡単にできてとてもおすすめです!

・カーシャンプー

手洗い洗車をする際は、ボディを傷めない泡立ちのいいシャンプーがおすすめです。

シュアラスターのカーシャンプーは非常に泡立ちが良く、ボディをゴシゴシしなくても汚れをしっかりと落としてくれます。

傷が目立ちやすいカラーには最適なカーシャンプーといえるでしょう。

また、コーティング施工車にも使えるので日々のお手入れに重宝しますよ。

・マイクロファイバータオル

傷が目立ちやすいボディカラーには、マイクロファイバータオルや合成セームといったボディに優しいタオルを使いましょう。

拭き上げに使うタオルをこのようなタオルに変えるだけでも洗車傷を防ぐことができちゃいます。

また、吸水性が高く作業効率もアップします!

お値段もお手頃なので、一枚持っておいて損はありません。

上記のマイクロファイバータオルは筆者のイチオシですが、人気商品なので在庫状況はこまめにチェックをお願いします。


■新型ヴェゼル「ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー」のまとめ

今回は、新型ヴェゼル”ミッドナイトブルービーム・メタリック&シルバー”の特徴と欠点について紹介してみました。

イメージが掴みにくい色だとは思いますが、何となくこの色の魅力がわかったのではないでしょうか。

この色を選ぶ際は必然的にグレードがe:HEV PLaYになること、そして有料色であることを抑えておきましょう。

また、丁寧な洗車やケアはマストになるためその点も踏まえた上でご検討ください。

色選びで後悔しないよう、じっくりと考えてみてくださいね。




びーぶるー

車いじり、ドライブ大好き
MT限定解除済なのにまだAT乗り。
平成生まれ車好き女子。
車・競馬・ゴルフ・動物・カメラも好き。

びーぶるーをフォローする
車種一覧
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ