2019年新型レガシィB4の内装は高級感がある?インテリアの広さや後部座席の広さも紹介!

レガシィB4

新型レガシィB4が気になる皆さん、エクステリアだけでなくインテリアのデザインや様子も気になりますよね。

実用性も重要ですが、ドライブや遠出などでも快適に過ごすには、車内の質感もとても重要です。

そこで今回は、2019年に登場した新型レガシィB4のインテリアの様子について紹介します。

新型レガシィB4は、セダンらしく高級感溢れる仕様になっているのでしょうか?

気になる内装デザインを徹底チェックしていきましょう!




■新型レガシィB4のインテリアデザインについて紹介!

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

はじめに、新型レガシィB4のインテリアを紹介します。

内装のデザインの種類も紹介していくので、お好みのデザインがあるか探してみてくださいね。

・LEGACY B4 B-SPORTの内装デザイン

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

新型レガシィB4の内装デザインは、上質な空間を演出するため、シートはグレード問わず本革を採用しています。

セダンらしい品のある車内となっており、まるで高級車に乗ったような感覚を味わうことができます。

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

こちらはLEGACY B4 B-SPORTグレードのステアリングですが、本革巻きとブラックデザインの車内でスポーティさが際立っています。

ステアリングスイッチは角々しく、まるで飛行機のコックピットのようなカッコよさがありますね。

メーター部分もスポーツカーを思わせるようなアグレッシブなデザインとなっています。

また、ただブラックの内装ということではなく、LEGACY B4 B-SPORTグレードは、シートやドアトリムなどがブルーステッチになっているのがポイントです。

セダンといえば、どちらかというと年配の方に人気で若干オジサンくささがあると思いがちですが、このグレードは若者世代にも乗りやすい内装デザインとなっています。

インテリアだけでなく、エクステリアもブラックが基調となっているので、若い世代の方にもカッコいいと思ってもらえるような仕様が魅力です。

・LEGACY B4 Limitedの内装デザイン

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

LEGACY B4 Limitedグレードは、より高級感が追求された内装となっています。

LEGACY B4 Limited用の本革シートを採用し、スポーティさやモダンさを演出できるようカラー展開がなされています。

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

内装のカラーは「ブラック」「アイボリー」「ブラウン」の3色展開で、それぞれ車内の雰囲気が異なるのもとても魅力的ですね。

ブラックは幅広い年齢層に支持されていますが、アイボリーとブラウンに関しては年配の方に人気があります。

スポーティさを演出するブラック、開放感あふれるアイボリー、上質感のあるブラウンから、あなたのお好みをチョイスしてみてくださいね。



■新型レガシィB4の内装の広さについて紹介!

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

新型レガシィB4のインテリアデザインがわかったところで、続いて車内の広さについて紹介します。

セダンでも広々と快適な空間が求められる昨今ですが、新型レガシィB4はロングドライブでも快適に過ごせる車内となっているのでしょうか。

車内の広さや足元空間について見ていきましょう。

・車内空間は、3ナンバーセダンとしてはほぼ平均並み

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

新型レガシィB4は、今回のマイナーチェンジで全長が40mm拡大したものの、ホイールベースは前期モデルと変わらず2,750mmとなっています。

3ナンバーセダンとしては平均並みか若干短めですが、乗車していて窮屈に感じるという事はほとんどないでしょう。

先ほど紹介したように、車内は高級感があり材質にもしっかりこだわっているのが特徴です。

また、スバル車らしくハンドル周りのゴテゴテとしたデザインや、足元のスポーツペダルなどはまるでスポーツカーのような印象を受けます。

セダンで車高が低く車内の広さを追求するのは難しいですが、日常の運転やちょっとしたお出かけなどであれば十分な広さとなっています。

荷室もトランクスルーが可能なので、長さのある物も積み込みが可能です。

・足元空間は、大人が座っても余裕がある

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

ロングドライブでも疲れにくい座り心地を考えて設計されている新型レガシィB4のシートは、前席のみならず後部座席に乗車する人も快適に過ごすことができます。

窮屈になりがちな後部座席の足元空間は、大人が座っても十分なスペースが確保されているので長時間の乗車でもストレスを感じにくい設計となっています。

座り心地や快適さのみならず、ドアの開口部が広く工夫されているため、乗り降りもしやすいのが魅力です。

車高が低いセダンにとって乗り降りのしづらさはよく欠点として挙げられるのですが、新型レガシィB4ではこの欠点を解消しています。

チャイルドシートを利用する方や、小さなお子様がいる家庭でも新型レガシィB4は使い勝手の良いセダンかもしれませんね。

・新型レガシィB4の内装は高級感があって使い勝手も良い?

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

結果的に、新型レガシィB4の内装の評価を筆者個人的に申し上げると、5段階評価中「4」といったところでしょう。

高級感はさすがスバル車といいたいほど、高級車セダンに劣らない質の高さがうかがえます。

この内装と乗り心地で300万円台で購入ができるならかなりお得だなと感じました。

内装のイルミネーションや本革シートなどは、一般的にほとんどがオプションとなっているのですが、新型レガシィB4は標準装備ですでに完成形のような出来の良さで驚きました。

使い勝手は現在人気のミニバンやSUVと比較すると、収納スペースが狭くスライドドアが無かったりと不便な点は多いですが、セダンの括りとしてはとてもレベルが高いと思います。

もっと人気車種になってもおかしくないと感じられるクオリティの高さだと思うので、個人的にはおすすめしたいセダンの一台です。



■新型レガシィB4の内装、インテリアについてのまとめ

今回は、新型レガシィB4の内装について紹介させていただきました。

新型レガシィB4は、2種類のグレードでも内装のデザインが異なり、それぞれの個性があるのも魅力的でしたね。

また、LEGACY B4 Limitedについては内装のデザインを選ぶことができるので、インテリアもとことんこだわりたい方にとってはとても嬉しいポイントではないでしょうか。

セダンは現在あまり人気のないボディタイプではありますが、新型レガシィB4を実際に見てみればイメージもきっと変わるはずです。

セダンだからと先入観を持たずに、一度チェックしていただくことをおすすめします!

ぜひ、今後の車購入の候補に新型レガシィB4も入れてみてくださいね。