マツダ・CX-3のボディカラーバリエーションを全色紹介!おすすめカラーや人気色はコレ!

CX-3

コンパクトSUVの中では人気車種となっている「マツダ・CX-3」ですが、実際に購入となると、ボディカラーで悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

派手なカラーは少なく控えめのCX-3ですが、ご自身が最も愛着の湧く、飽きの来ないカラー選択はとても重要になります。

そこで今回は、コンパクトSUVであるCX-3のボディカラーを全色紹介します。

ボディカラーの特徴や魅力はもちろん、おすすめカラーや人気色も紹介していくので、ボディカラー選択で悩んでいる方は、参考にしていってくださいね。




■CX-3のボディカラーを紹介!

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

まずはじめに、CX-3のボディカラーを全色紹介します。

CX-3のボディカラーは全部で7色用意されており、種類はとても豊富です。

それぞれのカラーの特徴も見ていきながら、お気に入りのカラーも探してみてください。

・スノーフレイクホワイトパールマイカ

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

スノーフレイクホワイトパールマイカは、オプションカラーではあるものの定番のホワイトカラーとなっています。

真っ白で光沢感のあるカラーで高級感が漂います。

また、意外にも汚れが目立ちにくいのもこのカラーの魅力で、洗車が頻繁に行えないという方にとっても嬉しいポイントですね。

男女問わず親しみやすい王道カラーといえるでしょう。

・ジェットブラックマイカ

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

ジェットブラックマイカも、スノーフレイクホワイトパールマイカに続き定番カラーといえます。

圧倒的に男性からの人気が高く、CX-3の高級感と強気な表情をしたフロントフェイスに似合っているのも魅力的ですね。

カスタムを楽しんだり、カッコよく乗りこなすならこのカラーがおすすめです。

汚れや傷は、とても目立ちやすいのでこまめなお手入れは必須となります。

・ディープクリスタルブルーマイカ

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

ディープクリスタルブルーマイカは、その名称の通り深海のようなブルーカラーが特徴で、シックな雰囲気が高級感を演出します。

光の当たり具合によってはブラックにも見えることもあり、時間によって様々な表情を見せてくれるのも魅力的です。

濃淡色なのでブラック同様に傷や汚れは目立ちやすいのですが、こまめにお手入れを行うことで、高級感溢れるCX-3を演出できますよ。

・マシーングレープレミアムメタリック

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

マシーングレープレミアムメタリックは、近年トレンドカラーになりつつあるグレーカラーです。

ブラックのようにスポーティで男性らしいカラーであるのに、汚れが目立ちにくくお手入れが容易であることが魅力でとても人気を集めています。

このカラーはオプションカラーで、マツダ独自の「匠塗 TAKUMINURI」という技術を採用しているのです。

力強い陰影のコントラストと表面の緻密さを両立し、リアルな金属質感を実現しています。

CX-3のシルエットにピッタリな高級感を演出します。

いつもブラックのボディカラーを選択してしまうという方は、さりげないイメージチェンジでこのカラーを選んでみてはいかがでしょうか?

・ソウルレッドクリスタルメタリック

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

ソウルレッドクリスタルメタリックも、マシーングレープレミアムメタリック同様にオプションカラーとなっています。

このカラーもマツダ独自の塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」を採用し、濁りの無い深みのあるレッドカラーを実現しています。

光の当たる部分と影になる部分それぞれが違ったレッドカラーを見せてくれる、造形美にこだわったカラーです。

一部では「マツダ・レッド」と名が付くほど、マツダの中でも定番でイメージカラーのような存在なのです。

有料色ということもありけして安くはありませんが、期待を裏切らないカラーといえるでしょう。

・セラミックメタリック

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

セラミックメタリックは、ホワイトのベースカラーにシルバーメタリックを混ぜたような色をしています。

一見、写真ではホワイトカラーに見えるのですが、角度によってはシルバーメタリックにも見える不思議なカラーなのです。

派手なカラーではないものの、実はさりげない個性のある色をしているので、長い間この不思議なカラーでオーナーを楽しませてくれるはずです。

有料色であるスノーフレイクホワイトパールマイカと悩んでいる方は、塗装代がかからないこのセラミックメタリックも検討してみると良いかもしれません。

・チタニウムフラッシュマイカ

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

チタニウムフラッシュマイカは、ブラウンカラーに近く、鉄を焼いたような落ち着いたカラーが特徴です。

ノーマル状態でも十分なのですが、エアロパーツも似合うのでカッコよさを演出することもできます。

ただし、人によってはオジサンくさいと感じてしまうカラーなので、一度実際の色を確認してから選ぶことをおすすめします。

・エターナルブルーマイカ

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

エターナルブルーマイカは、ディープクリスタルブルーマイカよりも2トーンほど明るいブルーが特徴で、太陽光に当たるとより明るいブルーカラーとなります。

CX-3のボディカラーの中では最もさわやかな雰囲気の色なので、女性や若者にもおすすめです。

アクティブシーンの景色に馴染みやすく、また汚れが比較的目立ちにくいのも魅力です。

CX-3でもじわじわと人気カラーになりつつあるので、明るいボディカラーを希望している方はぜひ一度実車を確認してみてください。



■CX-3のおすすめカラー&人気色はどれ?!

引用元:https://www.lovemazda.net/

CX-3のボディカラーが全色わかったところで、特におすすめなカラーと人気色について紹介します。

CX-3のボディカラーの特徴がわかり、かえってカラー選択を悩んでしまった方も多いと思いますので、迷った際はおすすめや人気色も参考に検討してみてくださいね。

・おすすめ&人気色は「匠塗 TAKUMINURI」を採用したこの2色

引用元:https://www.lovemazda.net/

匠塗を採用した「マシーングレープレミアムメタリック」「ソウルレッドクリスタルメタリック」はおすすめです。

また、CX-3の公式サイトでも全面に押し出していることもあり、かなりの人気色となっているようです。

このカラーはメーカーの自信を感じられる完成度の高さです。

特にこの「マツダ・レッド」であるソウルレッドクリスタルメタリックは派手で個性的に思えますが、上品さが強調され街中で浮いてしまうようなレッドカラーではないので、多くの方がこの色を選択しています。

有料色の中で最も高い人気を誇っています。

また、マシーングレープレミアムメタリックは、ソウルレッドクリスタルメタリックよりは劣るものの人気色になりつつあります。

ですが、「この色を選ぶならジェットブラックマイカが良い」と感じるユーザーも多いようで、まだまだ魅力が浸透していないことも事実です。

どちらのカラーもリセールバリューが期待できるということもあるので、乗り換え時の下取り価格も意識するなら有料色を選択すると良いでしょう。

・王道カラー「スノーフレイクホワイトパール」は大人気!

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

どの車種でも人気であるホワイトカラーは、CX-3でも高い人気を誇っています。

男女年齢問わず親しみやすいカラーであることと、シンプルで飽きないというところも魅力のようです。

ガラスコーティングを施工すれば、高級感を演出できるほか洗車やメンテナンスもラクに行えます。

人気色なので、匠塗を採用した2色同様にリセールバリューも高い傾向にあります。

カラー選択で迷ったら、シンプルを極めた王道カラーの「スノーフレイクホワイトパール」はとてもおすすめですよ。

マツダの美しいボディカラーをいつまでもキレイに保てるように、こまめな洗車とお手入れも忘れずに行ってくださいね。



■CX-3のボディカラーについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、マツダ・CX-3のボディカラーについて詳しく紹介させていただきました。

CX-3はビビットカラーが少なく、全体的に落ち着いた濃淡色が多いのですが、その分高級感が際立ち外車のような風格さえ感じられますね。

特に匠塗を採用したカラーは、派手さは一切ないのに個性を演出できるので多くの方におすすめしたいカラーです。

その他の標準カラーももちろん魅力的なので、気になったカラーがあればぜひ一度、ディーラーで確認してみてくださいね。




CX-3
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ