ヤリスクロス「ダークブルーマイカメタリック」はカッコいい?傷や汚れが目立つ?色の特徴を紹介

ヤリスクロス

ヤリスクロスのボディカラーは、ツートンカラーを合わせると10色以上もバリエーションがあり、どれにしようか悩む方も多いと思います。

豊富なカラーバリエーションの中でも落ち着いた色である”ダークブルーマイカメタリック”は、独特なカッコよさとシックな雰囲気が、ヤリスクロスの印象を大きく変えてくれるちょっと個性的な色をしています。

ただ、個性的とはいえ派手さはないので、実際に見てみると好印象に感じられる方が多いと思います。

あまり人気が無いことから情報も少ないということで、この色味に近い愛車を所有している筆者が、今回は詳しくこのダークブルーマイカメタリックについて紹介していきます。

ちなみに筆者は”ダークブルーマイカ”の愛車を所有しており、ヤリスクロスのダークブルーマイカメタリックととても似た色となっています。

色の魅力や傷、汚れの目立ちやすさなどを紹介しつつ、ヤリスクロスの”ダークブルーマイカメタリック”を徹底的にチェックしていきましょう!




■ヤリスクロス「ダークブルーマイカメタリック」の特徴と欠点

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

まずはじめに、ヤリスクロスのボディカラー”ダークブルーマイカメタリック”の特徴と欠点について紹介します。

ダークブルーマイカメタリックが気になっているけど、どんな色かあまりイメージがつかないという方は参考にしてみてくださいね。

・上品で高級感のある色味

ダークブルーマイカメタリックはただの濃いめな青色というだけでなく、上品で高級感があるカラーとなっています。

ヤリスクロスをワンランク上の見た目できるような、シックな色合いが魅力です。

※写真はダークブルーマイカです。

ダークブルーマイカは紺+青が混ざったような色で全体的に暗めな色合いとなりますが、ダークブルーマイカメタリックはワントーン明るく青々とした色味になっています。

大きな違いはさほどありませんが、高級感とSUVらしいアクティブな印象の両立がされ、さりげなく個性を主張できる色でもあります。

・不人気色でリセールバリューは微妙

筆者が所有する”ダークブルーマイカ”もそうなのですが、ホワイトやブラックなどの定番色と比べると人気がなく、リセールバリュー(下取り価格)はいま一つの価格になる可能性があります。

ヤリスクロスの中でもダークブルーマイカメタリックはあまり人気のない色なので、いつか手放すときの下取り価格も意識するなら、このカラーはあまりおすすめできません。

なるべく高く売って次の車購入の資金にしたいと考えている方は、人気色であるホワイトやブラック、シルバーを選ぶようにしましょう。

・傷と汚れは目立ちやすい

ダークブルーマイカメタリックは濃色車なので、傷と汚れがとても目立ちやすい色となっています。

少しの汚れでも気になってしまうこともあり、こまめな洗車やお手入れがニガテな人にはケアがストレスに感じてしまうかもしれません。

筆者もダークブルーマイカの愛車を所有してからは、車の傷や汚れにはたいへん神経質になりました。

逆に言うと、こまめにお手入れするように心がけられるようになったので常にピカピカな状態が多く、より自分の車に愛着が湧くようにもなりました

洗車やケアが面倒と感じてしまう人には不向きな色ですが、ピカピカな状態の濃色車のカッコよさは明るいカラーにはない魅力がありますよ。


■ヤリスクロス「ダークブルーマイカメタリック」おすすめ洗車アイテム

引用元:https://toyota.jp/yariscross/

ヤリスクロスのダークブルーマイカメタリックの特徴がわかったところで、この色に合ったおすすめの洗車アイテムを紹介します。

ダークブルーマイカの愛車を所有している筆者が愛用しているものも含め、濃色車にピッタリなアイテムのでぜひ参考にしてみてください。

・傷を防止できる合成セーム

当ブログでは何度もおすすめしている洗車アイテムですが、濃色車のボディカラーを選んだらこの合成セームは必ず使っていただきたいです!

洗車後の水の拭き上げで一般的なタオルや雑巾を使ってしまうと、ボディに傷が付いてしまいます。

洗車傷を軽減してくれるのがこの”合成セーム”で、ボディに優しい素材のタオルとなっています。

濃色車のダークブルーマイカメタリックには洗車にも気を遣う必要があるので、このようなボディに優しいアイテムを揃えるのがおすすめです。

・新車以上の輝きを保てるガラスコーティング剤

濃色車のボディカラーを選んだら、できればガラスコーティング施工がおすすめです。

ただ、業者に依頼すると高いものだと10万円近くかかることもあるので、なかなか施工に至れないという方も少なくありません。

コスト面がネックな場合は、ご自身でコーティング施工をしましょう。

上記のようなスプレータイプのコーティング剤は初心者の方でも失敗がなく施工ができますよ。

ガラスコーティングをしておくことでちょっとした汚れは簡単に落とせますし、新車以上の輝きを保つことができたりと良い事尽くしです。

ダークブルーマイカメタリックには欠かせないものの一つといっても過言ではありません。

3年間耐久!洗車も楽々♪ガラスコーティング剤



■ヤリスクロス「ダークブルーマイカメタリック」のまとめ

いかがでしたか?

今回は、ヤリスクロスのボディカラー”ダークブルーマイカメタリック”の色について紹介させていただきました。

あまり街中ではみかけない色ですが、この色の良いところと悪いところが少しわかっていただけたかと思います。

どの色にもメリット、デメリットはありますので、リセール事情や汚れやすさはあまり気にせず、ご自身のお好きな色を選ぶのが一番です。

また、慣れてしまえば洗車やケアも特に苦にはならないと思うので、ぜひこのダークブルーマイカメタリックも視野にいれながら色選びをしていただければと思います。