車好き女が一人で車を買いに行った話【コチラ】

【写真あり】新型ヴォクシーで車中泊できる?段差はある?使い勝手、収納、荷室容量を紹介

新型ヴォクシーで車中泊できる?車内の広さや収納を紹介車種一覧

ヴォクシーといえば、お子様のいるご家庭のユーザーに圧倒的人気を誇るミニバンですが

広い車内と使い勝手の良さがとても魅力的ですよね。

ヴォクシーであれば、その車内の広さや使い勝手の良さのおかげで普段のお出かけはもちろん

旅行やアウトドアでも活躍してくれます。

そこで今回は、新型ヴォクシーの車内の広さや収納、荷室容量、

車中泊は快適にできるのかについて紹介していきます。

この記事では、以下のことが分かります。
・新型ヴォクシーの広さ、収納、車内の使い勝手
新型ヴォクシーで車中泊はできる?

車中泊をする際、シートの段差が気になるという方も見受けられたので

段差解消の方法も調査してみました。

新型ヴォクシーでドライブや旅行、アウトドアを楽しみたい方は必見ですよ!




\営業電話無し!愛車が一番高く売れる査定サイト!/

“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

■新型ヴォクシーの広さ、収納、使い勝手について

ヴォクシーの走行写真引用元:https://toyota.jp/voxy/

はじめに、新型ヴォクシーの車内の広さや収納スペース、使い勝手について紹介します。

ミニバンでファミリー向けにつくられている車なので、使い勝手や広さは今人気のSUVでも敵いません。

具体的にどのくらいの広さで、使い勝手は本当に良いのか見ていきましょう。

・シートアレンジが豊富&簡単

新型ヴォクシーのシートアレンジ例引用元:https://toyota.jp/voxy/

新型ヴォクシーは、車内の広さを有効活用した豊富なシートアレンジができるようになっています。

後部座席を倒してリラックス空間をつくれたり、荷物を沢山積めるようなシートアレンジも可能です。

新型ヴォクシーのロングスライド引用元:https://toyota.jp/voxy/

そして何より、2列目の後部座席の足元空間を広々できる”ストレート超ロングスライド”を採用しています。(7人乗りのみ)

2列目は足が伸ばせるキャプテンシート(オットマン)仕様、そしてオプションでシートヒーターを装備することができます。

新型ヴォクシー2列目キャプテンシート

この仕様のおかげで、ファーストクラスのような座席が実現します。

殿様気分で足が伸ばせるので、2列目の座席は取り合いになる可能性大です(笑)

靴汚れが付きやすいのが少しネックですが、とっても快適でした。

新型ヴォクシー2列目シートの足元空間

8人乗りヴォクシーでも”超ロングスライド”を採用しているため、

ロングドライブ中でもゆったりとした姿勢で乗車ができます。

更にファミリーカーとして利用されることが多いということから使いやすさに考慮し、

3列目シートの跳ね上げが片手で簡単にできるのも魅力です。

新型ヴォクシー トランクルームから見た車内の様子

女性でもスムーズに跳ね上げができるため、お子様を抱えたままでも、荷物を持ったままの状態でも

荷室のスペースを拡大できますよ。

 



・小物収納が豊富◎

新型ヴォクシーは小物収納が豊富で、すぐ手に取れるような場所に収納スペースが配置されています。

前席付近はカップホルダーやスマホ置き場、コンソールボックスなど基本的な収納スペースとなっています。

新型ヴォクシーセンターコンソール

肘置きの場所には深さのある収納ボックスがあります。

新型ヴォクシー前席収納

また、前席の下にも引き出しタイプの収納がありました。

前席の背面にはフックやポケットが付属しているので、お買い物の際にも役立ちます。

新型ヴォクシー助手席収納

助手席側はサッと取り出せるような収納スペースがあります。

ドライブスルーをした時の食事にも役立ちそうです。

8人乗り仕様の場合、2列目の真ん中の席は格納式ボックス(K)になっているので飲み物や荷物を置くことができます。

ファミリーカーとして使われることが多いため、収納スペースはとても多いですね。


・乗り降りや荷物の積み下ろしがしやすい

新型ヴォクシー運転席

新型ヴォクシーは収納やシート事情だけでなく、乗り降りのしやすさにも考慮されています。

実際に私も体感してみたのですが、ミニバンやSUVにありがちな踏ん張って乗り降りする感じはあまりなくて、

自然な動作と姿勢で乗り込みができたように思います。

また、スライドドアは大きく開くので、赤ちゃんを抱っこしたままでもスムーズに乗り込むことができます。

更に”ユニバーサルステップ”を付けることで、年配の方やお子様でも乗り降りがしやすいです。

 

トランクルームはバックドア開口部が低いため、重い荷物や大きな荷物も載せやすくなっています。

新型ヴォクシートランクルーム

3列目シートを格納すれば1,100mmもの幅が確保され、ゴルフバッグや自転車なども載せることができそうです。

この他に、デッキボード下にも収納が備わっているので、常備品やちょっとした荷物を収納できます。

新型ヴォクシートランクルームの深さ

写真だと伝わりにくいのですが、デッキボード下も思った以上に深さがありました。

3列目シートにも人が乗車する場合だと荷室容量は狭いですが、

3列目を格納した状態で長さや高さのあるものまでたっぷり荷物を積めますよ。

新型ヴォクシー トランクルームから見た車内の様子(片側シート跳ね上げ時)

釣りやキャンプ、ゴルフなど様々なシーンをこなせる広さです。

このように見ていくと新型ヴォクシーの内装は良い所尽くしな気がしますが、

もちろん人によってはイマイチと感じられる部分はあると思います。

不満点や欠点を知りたいという方は、過去記事を参照ください。

 



・自動機能が豊富

新型ヴォクシーのパワーバックドア引用元:https://toyota.jp/voxy/

新型ヴォクシーは自動機能が豊富で

●バックドアの自動開閉:パワーバックドア(好みの位置で開くことも可能)

●スライドドアの自動開閉:ハンズフリーデュアルパワースライドドア(足先をかざすとスライドドアが開く)

●アドバンスト パーク:(駐車操作の支援)

こんな感じで、自動で行ってくれる機能がとても充実しています。

いずれもオプション機能にはなりますが、より安全に、そして便利にしたいという方におすすめです。

■新型ヴォクシーで車中泊はできる?

ヴォクシーでアウトドアを楽しむ家族引用元:https://toyota.jp/voxy/

新型ヴォクシーでアウトドアや車中泊を楽しみたいと考えている人も多いと思います。

先に結論からいうと、新型ヴォクシーはアウトドアのお供としても良し、更に車中泊もできます!

釣りやバーベキューなどの道具は一通り積むことができるので、日帰りアウトドアはまず問題ないでしょう。

また、車中泊に関しては2列目と3列目をフルフラットにすることで大人でも寝転がることができますよ。

新型ヴォクシー リヤフラットソファモード例引用元:https://toyota.jp/voxy/

8人乗り仕様であれば2列目シートの真ん中もシートになっているので、より車中泊に適しています。

背もたれと座面の段差は少ないですが、段差を解消するなら厚めのマットレスを用意すれば快適に寝ることができそうです。

快適に車中泊ができる人数は大人であれば”1~2人”といったところでしょうか。

車中泊以外のシーンでは、ロングドライブの休憩スペースとしても活用できると思います。

ちなみに車中泊のマットレスは、準備も収納もラクに行えるものがおすすめです!

 

■ヴォクシーの広さ、収納、使い勝手についてまとめ

今回は、新型ヴォクシーの広さや収納、使い勝手などを紹介してみました。

ここでは紹介しきれないくらい新型ヴォクシーは車内の快適性が以前よりもバージョンアップしており、

ご家族で乗る車としてはトップクラスでおすすめできると感じました。

車中泊やアウトドアも楽しめることから、ヴォクシーで新たな楽しさを発見できるかもしれませんね。

紹介したこと以外にもまだまだ収納や便利な機能が備わっているので、気になる方はチェックしてみてください。