【写真あり】新型ヴォクシー90系の内装はしょぼい?安っぽい?不満や欠点まとめ!

新型ヴォクシー90系の内装はしょぼい?安っぽい?不満、欠点まとめてみた車種一覧

ミニバンの購入を検討する上で、重視する部分は人によって異なると思いますが、

内装の質感が高い車が欲しいと考えている人は多いのではないでしょうか。

内装の質感にこだわったミニバンといえば、国産車ではアルファードやヴェルファイアが思い浮かびますよね。

ですが価格帯をもう少し下げてみると、新型ヴォクシーも質感が高いとされています。

そこで今回は内装を重視する人は必見の、新型ヴォクシー90系の内装について紹介していきます。

この記事では、以下のことがわかります。
・新型ヴォクシー90系の内装の不満点
・新型ヴォクシー90系の内装はしょぼい?安っぽい?

新型ヴォクシーを実際にチェックした人や購入した人の意見を踏まえ、

この記事では内装はしょぼい、または安っぽいのかなど、不満や欠点を中心に紹介します。

※辛口な意見が多々ありますが、あくまでも皆さんの個人的な意見となりますので”参考”としてください。




■新型ヴォクシー90系の内装の不満や欠点

ヴォクシーエクステリア引用元:https://toyota.jp/voxy/

それでは早速、新型ヴォクシー90系の内装の不満や欠点を紹介していきます。

新型ヴォクシーを実際に見た人や購入された人の意見を元にまとめてみました。

ですが、個人の意見や感想が含まれるため鵜呑みにし過ぎず、「こんな意見もあるんだな」という程度で

参考にして頂ければと思います。

・インテリアは全体的に安っぽい

ヴォクシーの内装(全体)引用元:https://toyota.jp/voxy/

インテリアの質感は、私が調べた限りでは厳しい評価の方が目立ちました。

プラスチッキー全開で安っぽく感じる

アルファード/ヴェルファイアと比べるとどうしても安っぽい

全体的にそこまで質感は高くない

もちろん、価格を考慮したら妥当といった意見もありましたが、

インテリアの質感はもう少し安っぽさをカバーしてほしいと思う人が多数いたのも事実です。

内装の質感を重視される人だと、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

ただ、個人的に最上級グレード”S-Z”であれば安っぽさは軽減されていると思いました。

新型ヴォクシー運転席

全体的に樹脂パーツは目立ちますが、合成皮革+ファブリックのシートはオシャレで高級感があり、

ワンランク上の車内となっています。

新型ヴォクシー2列目キャプテンシート

2列目シートはキャプテンシート(オットマン)なので、飛行機のファーストクラスに乗っているかのような乗り心地です。

ただ、キャプテンシートのは足を延ばす時に汚しやすい部分となってしまうのが気になりました。

新型ヴォクシー2列目シートの足元空間

とはいえ大人が乗っても足をグンと伸ばせるので、乗る側は快適だと思います。

旅行でも大活躍しそうです。

・オプション装備追加でどんどん割高に

快適利便パッケージ(High)引用元:https://toyota.jp/voxy/

オプションが数多く用意されている新型ヴォクシーですが、こんな意見も見けられました。

標準装備で付けて欲しいものもオプション追加しないといけないので割高になる

オプション追加をしたらアルファードと変わらないくらいの値段になった

標準装備をしてほしいものがオプション枠になっているから、思った以上に高くなってしまったといった声もありました。

このオプション追加問題は新型ヴォクシーに限らず、トヨタ車では結構あるあるなんですよね・・・。

内装の質感や装備に物足りなさを感じてオプションを沢山追加してしまうと、予算オーバーの可能性大です。

純正品だと高いものでも、社外品でコストを抑えて装備できるものもあるのでそちらも検討してみてください。



・乗り心地は高評価

少し話は逸れますが、静粛性や乗り心地はこのサイズ感を考慮してもかなり良いとのことでした。

”ミニバンだからあまり期待していなかったけど、想像以上に車内が静かだった”との声が多くありました。

ハイブリッド車に限らず、ガソリン車でも高い静粛性を実現しているそうです。



■【結論】新型ヴォクシー90系の内装はしょぼい?安っぽい?

新型ヴォクシー外観

新型ヴォクシー90系を実際にチェックした人や購入した人の意見を調査した結果、

結論として内装は”安っぽい”といった意見が多くあったのは事実です。

ただ、安っぽいと感じたりしょぼいと感じるかは、かなり個人差があるようなので一概にはいえません。

私が実際に新型ヴォクシーを見て思ったのは、S-Zグレードであればそんなに安っぽさを感じなかったというのが

正直なところでした。

もちろん、アルファード/ヴェルファイアと比べてしまうと物足りなさはあるかもしれませんが・・・。

質感にガッカリしないためにも、アルファード/ヴェルファイアとは切り離す必要がありそうですね。

その分7人乗り仕様だと2列目シートにはオットマンが装備されていたり、

女性でも簡単にシートの跳ね上げができるようになっていたりと快適な装備も追加されています。

もう少しうまく樹脂パーツをカバーしてほしいと感じるかもしれませんが、

ミニバンらしい便利な装備にも注目してみると見え方も変わるかもしれません。

収納や使い勝手、荷室容量などを詳しく知りたい方は、下記記事も参照してみてください。

 



■新型ヴォクシー90系の内装の不満や欠点についてまとめ

今回は、新型ヴォクシー90系の内装の不満や欠点を紹介してみました。

実際に所有してみないとわからない部分は沢山ありますが、

内装を重視する人にとっては質感や欠点は把握しておきたいところですよね。

同じミニバンでも内装の質感から乗り心地まで違いはあるので、他の車種とも比較して検討しましょう。




biko

車いじり、ドライブ大好き
MT限定解除済なのにまだAT乗り。
平成生まれ車好き女子。
車・競馬・ゴルフ・動物・カメラも好き。

車種一覧
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ