新型ヴェゼル「サンドカーキ・パール」はダサい?汚れが目立つ?特徴と欠点紹介

新型ヴェゼル「サンドカーキ・パール」特徴と欠点紹介車種一覧

新型ヴェゼルのボディカラーは全体的に落ち着いたカラーが多いですが、その分飽きずに長く乗り続けられるメリットもあります。

中でも”サンドカーキ・パール”は新型ヴェゼルの中では特に落ち着いた色味で高級感もありますが、

人によっては地味でダサいと感じてしまうかもしれません。

そこで今回は、新型ヴェゼルの中でも主張控えめで落ち着いたカラー”サンドカーキ・パール”の特徴と欠点について紹介します。

色選びでお悩みの方は、サンドカーキ・パールの特徴と欠点を知ってご自身の候補になるカラーなのか考えてみてくださいね。




■新型ヴェゼル「サンドカーキ・パール」特徴と欠点

サンドカーキ・パール&ブラックのヴェゼル引用元:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

まずはじめに、新型ヴェゼル”サンドカーキ・パール”の特徴と欠点を紹介します。

この色についてあまり情報がないので、少しでも魅力やダメなところをここで知っていってくださいね。

・傷と汚れが目立ちにくい

サンドカーキ・パールの最も魅力的な部分ともいえるのが、とにかく傷や汚れが目立ちにくいことです。

この落ち着いた色のおかげで、新型ヴェゼルのボディカラーの中では最も傷や汚れが目立ちにくいといえます。

ブラックやブルーといった濃色車だと、少しの雨でもすぐに汚れが目立つのでこまめな洗車は怠れません。

一方でサンドカーキ・パールは濃色と比べれば目立たないので、洗車をこまめにできない人には適したカラーかもしれません。

・ツートンカラーが選べる

新型ヴェゼル「サンドカーキ・パール×ブラック」引用元:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

サンドカーキ・パールはワンカラーだけではなく

「サンドカーキ・パール&ブラック」といったツートンカラーも選ぶことができます。

天井部分がブラックで、サイドアンダーにはレッドラインが差し色で入っています。

SUVらしいアクティブなイメージが強調されていますね。

ただし、ツートンカラーは新型ヴェゼルの最上級グレード”e:HEV PLaY”でしか選ぶことができません。

サンドカーキ・パール&ブラックを選ぶとなれば、必然的にe:HEV PLaYを選ばなくてはならないので注意が必要です。

また、e:HEV PLaYは現在最も人気のグレードとなっているため、納期までに時間がかかる可能性が高いです。

ツートンカラーが候補となっている場合はグレード選びと納期にご注意ください。

・地味でパッとしない色?

私自身も、正直なところサンドカーキ・パールは地味でパッとしないなぁと感じていたのですが、

よく見ると渋さがあって大人っぽいカラーだと思いました。

女性にはあまり向かないカラーかもしれませんが、日の当たり具合で様々な色を見せてくれるのでとてもオシャレです。

SNSで評判を調べたのですが、ダサいといった意見はほとんど見受けられず、むしろ

”カッコイイ!”

”この色にしたい!”

といった意見が多かったです。

パッと見は地味かもしれませんが、色々な角度から見るともしかしたら魅了されるかもしれませんよ。

・リセールバリューはイマイチ

新型ヴェゼルのボディカラーの中で、サンドカーキ・パールが人気色になる可能性は極めて低いです。

けして悪い色ではないのですが、やはり人によってはダサいと感じたり、ちょっと年配っぽい・・・と感じるかもしれません。

したがって好みが大きく分かれやすい色のため、リセールバリューは人気色よりもやや低くなる可能性があります。

ですが、人気色と不人気色でどのくらいリセールが変わるかは売却する時期によっても異なりますし、

さらに不人気色だからといって数十万円もリセールが下がるということはありません。

確かにボディカラーでリセールバリューは変わってきますが

あまりリセールバリューは意識し過ぎず、ご自身のお好きな色を選ばれるのが一番かと思います。


■新型ヴェゼル「サンドカーキ・パール」洗車・ケア方法

ヴェゼルと風景写真引用元:https://www.honda.co.jp/VEZEL/

新型ヴェゼル”サンドカーキ・パール”は傷や汚れが目立ちにくいカラーではありますが、

洗車やケアをしなくていいという訳ではありません。

車が汚れてきたらなるべく早めに洗車をしてあげることが望ましいです。

サンドカーキ・パールにも使えるコスパの良いケアアイテムをいくつか紹介するので

洗車のお供にしてみてくださいね。

・コーティング剤

シュアラスター ゼロウォーターはスプレータイプのコーティング剤なので、

ボディに吹き付けてタオルで拭き取りをするだけで施工が完了します。

これなら洗車が苦手という人も、定期的に施工するのも億劫にはなりにくいかと思います。

施工がとても簡単なのに、ツヤツヤのボディになり撥水効果もしっかり実感できますよ。

なるべく手間をかけずにケアをしたい方におすすめです。

・マイクロファイバータオル

サンドカーキ・パールは傷が比較的目立ちにくい色ですが、ボディをなるべく傷めない様にしてあげたいところですよね。

洗車後の水の拭き取り時にマイクロファイバータオルを使うことで、洗車傷を軽減させることができます。

一般的なタオルよりも柔らかい素材のタオルで、ボディに付いた水を優しく拭き取れます。

吸水力も非常に高いので、洗車の時短にもなり非常におすすめです! 

・ネンドクリーナー

シャンプー洗車だけでは落ちないガンコな汚れがボディに付着した経験がある人は多いのではないでしょうか?

ガンコな油汚れや鉄粉を無理に落とそうとすると、ボディに傷が付いてしまいます。

なかなか落ちない汚れには”ネンドクリーナー”を使いましょう。

水をかけながらやさしく擦ることで、簡単にガンコな汚れを落とすことができます。

油汚れや鉄粉はさすがにサンドカーキ・パールの色でも目立つので、いざという時にネンドクリーナーは一つ持っておくと安心かもしれませんね。



■新型ヴェゼル「サンドカーキ・パール」のまとめ

今回は、新型ヴェゼルのボディカラー”サンドカーキ・パール”について紹介させていただきました。

好みは分かれると思いますが、サンドカーキ・パールは想像以上に評判が良いようですね。

ホワイトやブラックといった定番色と比べると人気は劣りますが、リセールが極端に下がることはないのでご安心ください。

ただし紹介した通り、サンドカーキ・パールとツートンカラーは全てのグレードで選べるわけではありません。

色選びも重要ですが、グレード選びもじっくりと検討してくださいね。




びーぶるー

車いじり、ドライブ大好き
MT限定解除済なのにまだAT乗り。
平成生まれ車好き女子。
車・競馬・ゴルフ・動物・カメラも好き。

びーぶるーをフォローする
車種一覧
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ