新型RAV4のスペックは良い?燃費や走行性能を紹介!

RAV4

新型RAV4は、国内外問わず大流行しているSUVの一つです。

新型RAV4はミニバンのような使い勝手ができ、SUVとしてのパワフルな走りも実現したりと、実用性やスペックも優れているのです。

また、ファミリー層でも購入者が増えており、今やSUVは実用性・燃費・走行性能など様々なスペックの高さが求められています。

一体、新型RAV4はどのくらい燃費や走行性能などが優れているのでしょうか?

そこで今回は、新型RAV4のスペックについて紹介します。

主に燃費や走行性能について詳しく紹介するので、この機会に新型RAV4の魅力を知っていってくださいね。




■新型RAV4の燃費について紹介!

引用元:https://toyota.jp/rav4/

まずはじめに、新型RAV4の燃費について紹介します。

燃費性能は、車に乗る機会が多い方にとっては特に気になる点ですよね。

また、新型RAV4の燃費をと実燃費を知ることで、自分のカーライフで毎月燃料代がいくら位かかるのかが予想できます。

とても重要なポイントとなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

・新型RAV4のガソリングレードの燃費

引用元:https://toyota.jp/rav4/

新型RAV4のガソリングレードの燃費は、下記の通りです。

【燃費】

  • WLTCモード:15.2~15.8km/L
  • 市街地モード:11.5~11.9km/L
  • 郊外モード:15.3~16.0km/L
  • 高速道路:17.4~18.1km/L

ガソリングレードの燃費は、ミドルクラスSUVとしては妥当な数値となっています。

実燃費は道路状況などにもよりますが、「10~13km/L」が平均的な燃費数値です。

ですが、高速道路や一定速度を保って走行できる道では、20km/Lを超える場合もあるでしょう。

・新型RAV4のハイブリッドグレードの燃費

引用元:https://toyota.jp/rav4/

新型RAV4のハイブリッドグレードの燃費は、下記の通りです。

【燃費】

  • WLTCモード:20.6~21.4km/L
  • 市街地モード:18.1~19.4km/L
  • 郊外モード:22.4~23.4km/L
  • 高速道路モード:20.7~21.1km/L
  • JC08モード:25.0~25.2km/L

ハイブリッドグレードの燃費は、JC08モードであればなんとコンパクトカー並みの性能を発揮してくれることがわかりました。

また、実燃費は道路状況にもよるので一概にはいえませんが、「15~18km/L」が平均的な燃費数値といえます。

ガソリングレードよりも圧倒的な燃費性能が備わり、環境にもコスト面にも優しい仕様になっています。



■新型RAV4の走行性能について紹介!

引用元:https://toyota.jp/rav4/

続いて、新型RAV4の走行性能を紹介します。

SUVである以上、トルク性能やパワフルな走り、アクティブシーンでの実用性は重要な部分ですよね。

新型RAV4の実力を更に詳しく見ていきましょう!

・新型RAV4は、”世界初”の技術を搭載!

引用元:https://toyota.jp/rav4/

新型RAV4では、世界初の技術「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を搭載し、新たなSUVの乗り心地を体感することが可能です。

走行状況に応じ前後のトルク配分を左右独立で制御し、車両の安定性を高める「トルクベクタリング機構」と、4輪駆動が不要な時は燃費向上を図る「ディスコネクト機構」を採用しています。

「トルクベクタリング機構」は、ハンドルを切り始めたときから前後輪にトルクを最適に配分し、さらに後輪のトルクを左右独立制御することで安定した走行が実現しています。

また、エンジンのパワーをしっかりと路面に伝えることができるので、力強い走りを実感できます。

引用元:https://toyota.jp/rav4/

「ディスコネクト機構」は、2WDの場合では後輪への余分な動力伝達をすぐに停止することが可能で、燃費性能に貢献しています。

動力の損失を大幅に減らすことで、燃費向上はもちろん、素早く4WDモードに切り替わる機能も備わっています。

・路面状況に応じた4WD性能を発揮!

引用元:https://toyota.jp/rav4/

新型RAV4は、「マルチテレインセレクト」という機能により、路面状況に応じた走行支援モードを採用しています。

走行支援モードは3種類あり、「MUD&SAND」「ROCK&DIRT」「NORMAL」となっています。

オフロードや滑りやすい路面状況でも高い走破性を発揮し、SUVらしく頼もしい印象を受けます。

引用元:https://toyota.jp/rav4/

上記のように、4WDが必要な状況を瞬時に見極めて、エネルギー効率の向上を図っています。

新型RAV4は、いくつもの最新の走行技術を取り込むことで、燃費やパワーに貢献しているのです。

・足回り部品も走行性能に貢献

引用元:https://toyota.jp/rav4/

新型RAV4のサスペンションは、「意のままに操れる正確なハンドリング」「路面状況に左右されない安定した車両姿勢」「ショック・振動を遮断した上質な乗り心地」を目標とし、開発されました。

フロントサスペンションは「マクファーソンストラット式」というものを採用し、コーナリング時のボディの傾きを抑え、荒れた路面や段差時のショックや振動を低減しています。

リヤサスペンションは、高級車ミニバンでもある「アルファード/ヴェルファイア」でも採用されている「ダブルウィッシュボーン式」を採用し、路面をしっかり捉える安定した走行と応答性を実現しています。

フロントサスペンション同様に、荒れた路面や段差乗り越え時でも振動の低減が施されているので、質の高い乗り心地が体感できます。



■新型RAV4の燃費、走行性能についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、新型RAV4の燃費や走行性能を紹介させていただきました。

まず燃費についてまとめると、下記のことがポイントになります。

・新型RAV4のガソリングレードの燃費は、ライバル車SUVと比較しても「妥当」

・新型RAV4のハイブリッドグレードの燃費は、実燃費ともに優れている

さらに、走行性能についてまとめると、下記のことがポイントになります。

・新型RAV4は、最新の走行技術が搭載され、より高い走破性を実現

・瞬時に路面状況を把握し、トルク配分と4WDモード切替を行うことで、燃費性能にも貢献

このようなポイントから見ても、新型RAV4のスペックは”とても優れている”といえそうですね。

SUVの購入を検討している方は、新型RAV4も視野にいれることをおすすめします!