【RAV4色選び】「グレーメタリック」は人気でカッコイイ!カラーの特徴やケア方法を紹介

RAV4

新型RAV4の購入の際、ボディカラーをどれにしようか悩む方も多いですよね。

実は、密かにジワジワと人気がきているトレンドカラーの「グレーメタリック」をご存知でしょうか?

新型RAV4のグレーメタリックは、SUVらしいアクティブさとSUVらしい上質感を程よく表現できている良いことづくしなカラーなのです!

また、濃淡色でありながらブラック系よりもお手入れやケアが楽に行えるので、幅広い方におすすめできる色となっています。

そこで今回は、人気急上昇中の新型RAV4にも用意されているカラー「グレーメタリック」について詳しく紹介します。

新型RAV4のボディカラー選択で悩んでいる皆さんは、必見です!




■新型RAV4のカラー「グレーメタリック」の特徴について

引用元:https://toyota.jp/rav4/

まずはじめに、新型RAV4のボディカラー「グレーメタリック」の特徴について紹介します。

どのような色をしているのか、大まかな特徴を見ていきましょう。

・「グレーメタリック」は、高級感のある大人カラー!

引用元:https://toyota.jp/rav4/

新型RAV4の「グレーメタリック」は、ブラックのように尖った印象は抑えられ、高級感がプラスされたような大人っぽいカラーが特徴です。

それでも、カスタムパーツが似合うカッコイイ色でもあり、新型RAV4に質の高さを加えることもできちゃうカラーですので、男性も女性も親しみやすい色といえます。

アクアやプリウスなど、多くのトヨタ車に採用されつつあるグレーメタリックは、どの車種でもこの色を選択するユーザーが増えてきています。

・「グレーメタリック」は、お手入れや洗車も比較的しやすい

引用元:https://toyota.jp/rav4/

新型RAV4のグレーメタリックは、ブラックなどのいわゆる「濃淡色」でありながら、傷や汚れが目立ちづらいのも特徴です。

ボディカラーの選択の際、重視されることは「汚れが目立ちにくいか」「手入れが簡単か」などが多くあります。

グレーメタリックは、比較的お手入れが容易なのです。

もちろん、気を遣わなければならないこともあるのですが、ブラックや濃いブルー系のボディカラーよりは気を遣わなくてもキレイなボディを保つことが出来ます。

詳細はおすすめのケア・洗車方法にて紹介しますが、グレーメタリックであれば通常の水洗い洗車で十分にキレイを保てちゃいます!



■新型RAV4のグレーメタリックのメリット・デメリット

引用元:https://toyota.jp/rav4/

続いて、新型RAV4のグレーメタリックのメリット・デメリットについて紹介します。

どんなカラーにも、良い所や悪い所があるので、割り切らなければいけない部分もありますが、果たしてグレーメタリックにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

その一部を紹介していきます。

・【メリット①】有料色ではないので塗装代がかからない

引用元:https://toyota.jp/rav4/

グレーメタリックは、「ホワイトパールクリスタルシャイン」のように有料色(オプションカラー)ではないので、塗装代はかかりません。

グレーメタリックを選択したからといって、別途費用がかかることはないのは嬉しいポイントですね。

※ツートンカラーの場合は有料となります。

・【メリット②】あまり馴染みのないカラーなので、人と被らない

引用元:https://toyota.jp/rav4/

グレーメタリックは、まだまだ人気というには遠いカラーであることも事実です。

続々とユーザーは増えているものの、ブラックやホワイトと比較すると所有している方は少ないのです。

車に個性を追求したい方や、なるべく人と被りたくない!という方にグレーメタリックはおすすめです。

グレーメタリックは、個性的でありながら落ち着いた色をしているので、個性を発揮し過ぎないのも魅力ですよ。

・【デメリット①】リセールバリューはあまり期待ができない

引用元:https://toyota.jp/rav4/

これは新型RAV4以外の車種でもいえることなのですが、基本的にリセールバリュー(下取り価格)を意識するのであれば、ブラックやホワイトのボディカラーがおすすめです。

グレーメタリックは、好き嫌いが分かれる色でもあるので、下取り価格に影響する可能性があります。

とはいえ今後更に新型RAV4の中でも人気のカラーになった場合は、リセールバリューには期待が出来ます。

リセールバリューを気にする方には適さないカラーといえます。

・【デメリット②】明るいカラーよりは汚れや傷が目立ちやすい

引用元:https://toyota.jp/rav4/

ブラックや濃いブルーのカラーよりも確かに汚れや傷が目立ちにくくお手入れも比較的容易ではありますが、そうはいっても濃淡色のジャンルであるグレーメタリックは、明るいカラーの容易さには敵いません。

ホワイトやシルバーのボディカラーよりは汚れは目立ちやすく、洗車が苦手な方には適さない色となっています。

ブラックや濃淡色と同じようにお手入れやケアができる方に向いています。

手間が掛かる分、愛着も湧くのでカーケアも楽しみの一つとして考えられる人におすすめです。



■新型RAV4のグレーメタリックのおすすめのケア・洗車方法

引用元:https://toyota.jp/rav4/

最後に、新型RAV4のグレーメタリックにおすすめのケアや洗車方法を紹介します。

カーケアマニアの筆者が実際に使ってみてよかったと思ったおすすめのカーケアグッズと、グレーメタリックに適したおすすめの洗車方法を紹介します。

新型RAV4のグレーメタリック以外でも活用できるケア方法なので、実践してみてくださいね。

・新型RAV4のグレーメタリックのおすすめの洗車方法

引用元:https://toyota.jp/rav4/

グレーメタリックに適した洗車方法は、できれば「手洗い洗車」がおすすめです。

濃淡色ですので、できれば手洗い洗車で洗車傷を最小限にしたいところですが、実際はかなり手間になってしまうので「洗車機」を利用しても問題ありません。

ですが、もっとおすすめなのは納車前に「ガラスコーティング施工」をしてもらうことです。

新車以上の輝きをいつまでも保ってくれますし、ガラスコーティング施工をすることで水洗い洗車のみであっという間にキレイにすることができます。

ガラスコーティング施工は約5~8万円と高価ですが、毎回行う洗車の手間も大幅に省くことができますよ。

・グレーメタリックの水拭き取りには「合成セーム」がおすすめ!

グレーメタリックのカラー以外でもぜひとも使用をおすすめするのが、この「合成セーム」です。

洗車後の水の拭きとりで使用するのですが、洗車傷が付きにくいので濃淡色の車に特におすすめです。

通常の雑巾やタオルではなく、こうした布で拭き上げるだけでいつまでもキレイなボディを保つことができますよ。

個人的には、「ガラスコーティング」+「水洗い洗車」+「合成セーム」の組み合わせさえあれば十分にボディをキレイにすることが可能だと思っています!

・拭いても取れない汚れは「ネンドクリーナー」がおすすめ!

手洗い洗車ができる環境であれば、半年に一度もしくは一年に一度、ねんどクリーナーで取れない汚れを取りましょう!

ホースで水をかけながら使うものになるので、ご自宅で洗車できる環境があると使いやすいです。

工事中の道路などを走行していると、鉄粉やザラついた汚れが付着します。

これは通常の洗車では落ちない汚れですので、ねんどクリーナーがおすすめです。

繰り返し数回使えるので、コツを掴めば洗車の仕上げに行うことでツルツルボディになります。

こちらのねんどクリーナーは、初心者の方でも比較的使いやすくコスパも優れているので、新型RAV4の大掃除をしたい時に使ってみてはいかがでしょうか?



■新型RAV4のグレーメタリックについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、新型RAV4でこれからますます人気カラーになると予想される「グレーメタリック」の特徴やケア方法について紹介させていただきました。

実車を見てみると、とてもスポーティで締まった印象を受けるカラーなので、カスタムも楽しめちゃう魅力的な色ですよ。

新型RAV4のグレーメタリックが気になった方は、ぜひ一度ディーラーで確認してみてください。

カラーごとの良い所、悪い所も踏まえて、後悔のないボディカラー選択をしてくださいね。

新型RAV4のボディカラー別の記事はコチラ↓