新型RAV4の値引き額はいくら?値引き交渉術や値引き額相場、限界値引きを紹介!

RAV4

新型RAV4を新車購入したい方が気になるのは、新型RAV4の「値引き額」ではないでしょうか?

値引き額によっては、購入するかしないかが大きく左右される部分でもありますよね。

そこで今回は、新型RAV4の値引き額や値引き交渉術について紹介します。

新型RAV4を少しでもお得に購入できる方法はあるのか、探ってみましょう!




■新型RAV4の目標値引き額はいくら?

引用元:https://toyota.jp/rav4/

新型RAV4を購入するなら、少しでも安く購入がしたいですよね。

まずはじめに、新型RAV4の目標値引き額、値引き額相場を紹介します。

・新型RAV4の値引き額相場はいくら?

引用元:https://toyota.jp/rav4/

車雑誌や最新の値引き情報を見てみると、約10~20万円くらいが値引き額の相場のようです。

ですので、約10~20万円が値引き目標額ともいえます。

この金額はあくまで相場なので、中には車体価格を30万円値引きしてもらえた、という方もいます。

ディーラーのお付き合いや交渉によっては、20万円以上の値引きも可能なのかもしれませんね。

車体価格からこれ以上の金額を値引くのは実際のところ難しく、この他にオプション値引きや下取り価格のアップの交渉をすることで、更にお得に新型RAV4を購入できます。

クルマ欲しい!新車見積MOTA



■新型RAV4の値引き交渉術!

引用元:https://toyota.jp/rav4/

続いて、新型RAV4の値引き交渉を満足いくものにするために、上手な値引き交渉術を紹介します。

新型RAV4の購入に限らず、他の車種でももしかしたら活用できるかもしれませんので、これから車購入を検討している方はチェックしてみてくださいね。

・車購入の前に、ディーラーとの付き合いを深めておく

引用元:https://toyota.jp/rav4/

ディーラーに出向いてその日に即決購入というよりは、あらかじめディーラーとの付き合いを深めてから購入した方が、値引き幅が広がる可能性があります。

顔見知りになった方が、ディーラー側としても車を売りやすいということにもなるので、突発的に購入するよりはお得に安く車を提供してくれることがあるのです。

これは確実な値引き交渉方法ではありませんが、もし車購入を近々検討している場合は、ディーラーとのお付き合いを増やしてみることをおすすめします。

・車体価格からの値引きよりも「オプション値引き」などが狙い目!

引用元:https://toyota.jp/rav4/

車体価格は、どのメーカーもさほど値引き幅は変わらないのが現状です。

ということは、車体価格の値引き交渉をしてもあまり期待ができないということになります。

よりお得に購入する方法としては、「オプション値引き」や「下取り価格アップ」を交渉した方が現実的です。

例えばオプションはナビやエアロパーツなどを新型RAV4を注文する際に同時に取り付けることで、交渉することができます。

後付けの場合は値引きがほぼ利かないので、できれば車購入と同時に注文しましょう。

また、オプション値引きも渋られてしまった場合は、今乗っている車がある場合に限りますが、下取り価格をアップできるかの交渉をしましょう

数万円程度ならアップしてもらえる場合が多いので、交渉して損はありません。

新型RAV4の値引き交渉のガードは固いわけではないので、値引き交渉には基本的に応じてくれます。

ですが、過度な交渉は今後のディーラーのお付き合いにも響きますので、程々の交渉にすることも重要です。



■新型RAV4のおすすめグレードは?

引用元:https://toyota.jp/rav4/

最後に、新型RAV4を購入するなら特におすすめなグレードを紹介します。

全てのグレードを踏まえて、個人的に筆者がおすすめだと感じたグレードを紹介しますので、迷った際は参考にしてくださいね。

・新型RAV4のおすすめグレードは「G”Z Package”」

引用元:https://toyota.jp/rav4/

特におすすめだと感じたのは、ガソリン車の「G”Z Package”」です。

価格は¥3,348,000と新型RAV4のグレードの中でも2番目に高価ですが、充実の装備は満足度が高いでしょう。

19インチの大きなホイールで、SUVらしくダイナミックな見た目が特徴です。

シートは合成皮革で高級感があり、ノーマル状態でも十分な仕様となっています。

実際にディーラーで実車を確認しましたが、ナビさえ付ければ完成!と言えるほど、標準装備が充実していました。

引用元:https://toyota.jp/rav4/

内装はシンプルですが、必要十分な装備で全く問題ないと感じました。

オフロード性能や安全性能もしっかり備わっているので、新型RAV4の中でもオールラウンドに優れたグレードです。

ガソリン車なので、ハイブリッド車よりも燃費性能は劣り15.2km/L程ですが、このボディサイズを考慮すれば妥当といえます。

今後、人気グレードになること間違いなしのまさに”買い”なグレードです。

・燃費が気になるなら、ハイブリッド車はやっぱりおすすめ!

引用元:https://toyota.jp/rav4/

「新型RAV4の燃費が気になる・・・」という方は、「HYBRID G」もしくは「HYBRID X」がおすすめです。

ですが、ガソリン車「X」と「HYBRID X」では、ハイブリッド車の方が約40万円高くなるので、かなりのコストアップとなります。

この価格差の元を取るのは現状とても難しいのですが、そうはいってもハイブリッド車の静かさと燃費の良さは魅力的ですよね。

遠出や旅行で高速道路を走行することが多かったり、車を使用することが多い方は、燃費の良いハイブリッド車の方がおすすめです。

車体価格はガソリン車よりも高価ですが、交渉次第で安くお得に購入できるかもしれませんので、値引きはどのくらい可能かを確認しておくといいでしょう。



■新型RAV4の値引き額についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、新型RAV4の値引き額や値引き交渉術、おすすめのグレードを紹介させていただきました。

新型RAV4の値引き額相場は約10~20万円ですが、場合によってはそれ以上に値引きが可能なこともあるようです。

オプション値引きや下取り価格のアップは、車体価格の値引きよりも期待ができるので、そちらも交渉してみましょう。

また、新型RAV4の購入を具体的に決めても迷ってしまうことが多い「グレード選び」ですが、迷った際は、紹介させていただいたおすすめのグレードをぜひチェックしてみてください。

今回の紹介を参考に、新型RAV4を少しでもお得に購入できるといいですね。