新型RAV4のおすすめメーカーオプションやアクセサリーと値引きについて紹介!

RAV4

新型RAV4を購入するなら欠かせないのは、「メーカーオプション」や「アクセサリー」ですよね。

新車購入時であれば、ほとんどの方がメーカーオプションやアクセサリーを追加して装備するはずです。

後付けよりも、新車購入時に注文することで割引をしてくれたり、工賃が安く済むことも多々あるので、なるべく最初に注文しておくのが良いでしょう。

そこで今回は、新型RAV4の特におすすめなメーカーオプションやアクセサリーを紹介します。

様々なオプションやアクセサリーがあるので、どれを取り付ければいいか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめな新型RAV4のメーカーオプションとアクセサリーを見ていきましょう!

更に、メーカーオプションやアクセサリーの値引きは可能なのかも紹介していきます。




■新型RAV4のおすすめメーカーオプションを紹介!

引用元:https://toyota.jp/rav4/

まずは、新型RAV4のおすすめメーカーオプションを紹介します。

メーカーオプションは、あれもこれもと取り付けたいところですが、実際に見積書を見てみるとびっくりな価格になっていることが多いですよね。

最低限このメーカーオプションを付けておけば、新型RAV4を快適に乗ることができるおすすめメーカーオプションを厳選して紹介していきます。

メーカーオプションに予算が決まっていたり、どれを取り付けようか迷ってしまった場合は参考にしてみてくださいね!

・T-Connectナビ 9インチモデル(NSZT-Y68T)

引用元:https://toyota.jp/dop/navi/lineup/nszt-y68t/

純正ナビは社外品ナビよりも価格がとても高価ですが、新型RAV4との互換性もあり使いやすく安心です。

初めて新車購入をする方や、ナビの予算にゆとりがある方は、新型RAV4にも対応したこの純正ナビ「T-Connect 9インチモデル(NSZT-Y68T)」がおすすめです。

使いやすく、必要な機能は全て揃っており、またトヨタ製のナビは使いやすいととても評判です。

実際に筆者も、トヨタの純正ナビを使用していますが、車購入の決め手はナビの使いやすさで車を決めたくらいです。

少々値が張りますが、初期設定なども比較的簡単で(新車時購入すれば、ディーラーで設定をしてくれます)、直感的に操作ができるのも魅力的です。

今や車に必須ともいえるナビは、この純正ナビがおすすめですよ。

・バックガイドモニター

引用元:https://toyota.jp/dop/navioption/back_guide_monitor/

バックガイドモニターは、駐車時のサポートに役立ちます。

いわゆる”バックカメラ”ですが、駐車に自信がある人でも何となく装備しているくらい、今やマストアイテムですよね。

引用元:https://toyota.jp/dop/navioption/back_guide_monitor/

このように、ナビの画面で予想新路線や距離目安線を表示してくれるので、ご自身が今どのくらいハンドルを切っているのか、またどの進路に後退するのかが分かります。

新型RAV4は車体が大きいので、特に運転に不慣れな方や女性の方にはおすすめのメーカーオプションです。

ナビと比較すると、とてもリーズナブルなので取り付けておいて損はないでしょう。



■新型RAV4のおすすめアクセサリーを紹介!

引用元:https://toyota.jp/rav4/

続いて、新型RAV4の数多くあるアクセサリーの中から、特におすすめなものを紹介します。

純正のアクセサリーはメーカーオプション同様に少々高価ですが、信頼と安心ができますよね。

また、新型RAV4専用の設計になっているので、適合するのかどうかを確認する必要がないのも魅力です。

選りすぐりの新型RAV4のおすすめアクセサリーを見ていきましょう!

・バイカラーLEDフォグランプ(切り替え式)

引用元:https://toyota.jp/rav4/

バイカラーLEDフォグランプは、これ一つでホワイトとイエローのライトに切り替えることができます。

2カラーを採用することで、様々なシーンに対応でき、ドライバーをサポートしてくれます。

また、さりげないドレスアップにもなるのでプチカスタムとしてもおすすめです。

・マッドガード

引用元:https://toyota.jp/rav4/

マッドガードは、水や泥、小石などの跳ね上げから下回りを保護してくれるアクセサリーです。

新型RAV4を購入する方は、アウトドアに利用する方も多い為、汚れや傷が付きやすくなってしまいます。

また、タイヤハウスに小石が入り込んでしまうと、走行中に異音がしたり傷の原因にもなります。

アクティブシーンに新型RAV4を沢山利用したい方にはおすすめのアクセサリーです。

価格も手ごろで、こちらもちょっとしたプチカスタムになるのでさりげない個性を主張することができますよ。

社外品でも純正品相当のクオリティのものが揃っているので、ぜひチェックしてみてください。

・インテリアイルミネーション(2モードタイプ・ブルー)

引用元:https://toyota.jp/rav4/

インテリアイルミネーションは、カスタムの代表的なものともいえます。

こちらはドアオープン時にブルーの光が足元を照らし、ドアクローズ時には減光します。

夜間はスモールライトと連動し、ON/OFFの切り替えも可能です。

筆者も社外品ですが、このようなブルーのインテリアイルミネーションを取り付けています。

ラグジュアリー感が増して、運転する際のモチベーションが上がったり、車に乗り込む人の気持ちもアップさせてくれる効果があります!

イルミネーションは車内の雰囲気作りには重要なアクセサリーなので、とてもおすすめですよ。

■新型RAV4のメーカーオプションやアクセサリーの値引きは可能?

引用元:https://toyota.jp/rav4/

新型RAV4のメーカーオプションやアクセサリーを取りつける際、値引きが可能なのか気になりますよね。

新車購入時に取り付ける場合は、”値引きに応じてくれることが多いです。”

ですが、車体価格を数十万円あらかじめ値引きしてもらっている場合は、値引き交渉に応じてくれないケースもあります。

また、注意しなければならないのは値引き交渉が成立したとしても、値引き額はそこまで期待ができません。

車体価格よりは圧倒的に価格が安いメーカーオプションまたはアクセサリーですので、10万円以上の値引きは厳しいと予想されます。

ですので、過度にメーカーオプションやアクセサリーの値引き額は期待せず、もし交渉のガードが固い場合は、工賃のサービスや割引を交渉してみましょう。

ちなみに後付けのメーカーオプションやアクセサリーの場合は、値引き交渉のハードルは更に上がります。

端数切捨て程度しか応じてくれないケースが多いようです。

筆者はTRDやモデリスタのパーツは全て後付けですが、値引き額は数千円程度でした。

筆者はあまりディーラーとはお付き合いをしないのですが、後付けでの値引きを狙っている方は、ディーラーとのお付き合いを深くすることもポイントかもしれませんね。



■新型RAV4のおすすめメーカーオプションとアクセサリーのまとめ

今回は、新型RAV4のおすすめメーカーオプションとアクセサリー、また値引きは可能か?を紹介させていただきました。

紹介したおすすめのメーカーオプションとアクセサリーは、”ほんの一部”になりますが、取り付けておいて損はないものばかりです。

せっかく新型RAV4に乗るなら、メーカーオプションやアクセサリーを取り付けないともったいないです!

購入検討される際は、メーカーオプションにも目を通してみてくださいね。

また、値引きもディーラーとのお付き合いの仕方や交渉の仕方次第では、紹介したよりも高額な値引きをしてくれるかもしれません。

遠慮せずにさりげなく交渉してみるといいでしょう。

今回の紹介を参考に、メーカーオプションやアクセサリーの取り付けをしてみてはいかがでしょうか?

新型RAV4のカスタム記事についてはコチラ↓