ライズの維持費は高い?自動車税やガソリン代、車検、自動車保険はいくらかかるか紹介!

ライズ

ライズの購入を検討されている皆さん、ライズを購入したら実際にかかる”維持費”が気になりませんか?

車は購入してから、自動車税やガソリン代、車検費用など様々な維持費がかかりますよね。

車を購入して支払が完了するわけではなく、所有している間は費用がかかり続けるのである程度把握しておきたいところです。

そこで今回は、ライズの維持費はいくら位かかるのか、自動車税やガソリン代、車検など様々な費用を紹介します。

維持費を把握しておけば、ライズの所有はご自身に適しているかどうかがわかるかもしれません。

具体的な費用を今回は探っていくので早速チェックしていきましょう!




■ライズの維持費について

引用元:https://toyota.jp/raize/

はじめに、ライズの維持費について詳しく紹介していきます。

今回は自動車税や車検費用など、一年にかかってくる費用もおおよそですが計算してみました。

実際にかかる維持費は人によっても変わってくるのであくまで相場になりますが、気になる方は目を通してみてください。

・ライズの自動車税

ライズの排気量はどのグレードも”1.0L”となっており、毎年かかる自動車税は”¥25,000”となります。

軽自動車と比較するととても高く感じてしまいますが、乗用車の中では一番安いです。

また一年に一度の納付なので、そこまで大きな支払いというわけではなさそうですね。

自動車税は毎年必ずかかる費用なので、納付を忘れずに行いましょう。

・ライズの車検費用

続いてライズの車検費用を紹介します。

車検の合計金額や内訳はあくまで目安となりますので、必ず表記した費用になるわけではありません。

参考程度に見ていただければと思います。

基本料金

定期点検料¥19,140
完成検査料¥8,800
代行手数料¥8,800
合計¥36,740

※ディーラーや整備工場により異なります。

法定費用

自動車重量税¥16,400
自賠責保険料¥25,830
印紙代¥1,000
合計¥43,230

法定費用は必ずかかる費用で、基本料金と法定費用を合わせると、ライズの車検費用は約¥80,000程は最低でもかかると予想されます。

更に車検時に交換や修理箇所があった場合は、この金額よりも高くなります。

ただ、ディーラーのメンテナンスパックに加入していればお得に車検を受けられることが多いので、支払う費用は¥80,000以下に抑えられることも多いです。

ライズの車検費用については、1.0Lクラスの乗用車としてはけして高くはなく”妥当”なところといえそうです。

・ライズの維持費は高い?

引用元:https://toyota.jp/raize/

自動車税や車検費用を含めた、ライズの年間にかかると予想される維持費は下記の通りです。

【自動車税】¥25,000

【車検費用】約¥50,000~¥80,000

【自動車保険料】約¥50,000~¥80,000

【ガソリン代】約¥100,000~¥120,000(月1,000km走行を想定した場合)

【その他駐車場代・メンテ代など】約30,000~¥150,000

上記は車検のある年として維持費を算出しています。

ライズの年間維持費は、約¥250,000~¥350,000位がかかると予想されます。

保険料や月極駐車場代は人によって大きく差がありますので、この金額よりも前後する可能性があります。

この他にもライズをローンで購入されている場合は、更に費用は上乗せされます。

とはいえライズの維持費はコンパクトカーということもあり、そこまで高くはありません。

軽自動車の維持費の安さには敵いませんが、乗用車としてはリーズナブルなので乗りやすい車だと思います。


■ライズの維持費を節約する方法はある?

ライズの維持費は比較的安いということがわかりましたが、より安く維持するための方法はあるのでしょうか?

少しでも車の維持費を節約したい方におすすめな、維持費節約方法をいくつか紹介します。

大幅な節約とまではいかないかもしれませんが、ぜひ参考にしてみてください。

・自動車保険の見直しで節約

引用元:https://toyota.jp/raize/

一年に一度保険の更新時に見直しを行い、保険料を節約しましょう。

ネット自動車保険を利用していない方は、まずはネット保険へ切り替えるのがおすすめです。

ネット保険は割引率が高く、今ご契約中の保険料よりも大幅に安くなる可能性が高いです。

また、万が一の事故の際もしっかりと対応してくれるので、アフターサービスも充実しています。

筆者も付き合いで契約していた自動車保険からネット保険に切り替えたところ、契約内容はほぼ同等で5万円程節約が出来ました。

自動車保険をまず見直して、年間維持費を安くしてみましょう。

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

・ガソリンカードで月々の燃料代を節約

引用元:https://toyota.jp/raize/

クレジットカード機能付きのガソリンカードを利用すると、給油ごとにいつも割引を受けることができます。

数円程度の割引であることが多いですが、とはいえ年間を通して考えてみると大きな費用が節約できるかもしれません。

また、ガソリンスタンドやガソリンカードの会社にもよりますが、割引の他にもお得なサービスが受けられることもあります。

ガソリンカードは一枚持っておいて損はないので、お得に給油をしたい方はぜひ作ってみてください。

ENEOS

・定期メンテナンスを行う

引用元:https://toyota.jp/raize/

半年に一度ほど車のメンテナンスをしっかり行うことで、急な故障や思わぬ事故などを防ぐことができます。

ディーラーのメンテナンスパックに加入している場合なら、半年に一度の定期点検が受けられるので加入をおすすめします。

ですが、メンテナンスパックはけして安いわけではないので、加入するのに少しためらってしまう方も多いと思います。

もし加入をしない場合でも、ディーラーで行ってくれるシーズンチェックや、その他の車用品店などで簡易点検を行いましょう。

また、一か月に一度程度はご自身でもライトの点灯確認や異音がしないかなど、できる範囲でチェックをしてください。

このような心掛けがをするだけで故障や事故を防ぐことができますし、更に出費も最小限に抑えることができます。

単純に目先の費用を節約するのではなく、安全をお金で購入し予防することも重要なのです。

車を所有することは、安全に乗るという責任があることを忘れずにしておいてくださいね。


■ライズの維持費についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、ライズの自動車税や車検費用、維持費について紹介させていただきました。

自動車税、車検費用、年間にかかる維持費は乗用車の中でも比較的安いということがわかりましたね。

初めて車を所有する方やお若い世代の方にはかなりおすすめできる車だと思いました。

また、運転がしやすく実用性もあるライズは、ファミリーカーとしても使い勝手が良いです。

幅広いニーズに応えてくれてかつ経済的な車なので、今後の車購入の候補に入れてみても良いかもしれません。

コンパクトカーを近々検討されている方は、ぜひライズもチェックしてみてくださいね。




ライズ
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ