ライズは何人乗り?ファミリーカーとしておすすめか車内の様子、定員人数をチェック!

ライズ

ライズの購入を考えている人の中でも、ファミリーカーとして使いたいという方は多いのではないでしょうか?

ですが、ライズはコンパクトSUVということで、ミドルクラスSUVやミニバンのような使い勝手や広さはなく使いづらそう、というイメージもありますよね。

結論からいうと、やはりミドルクラスSUVやミニバン同様の使い勝手には及びません。

とはいえ価格的にもリーズナブルで見た目もスタイリッシュなライズは、ファミリー層にもかなりの高評価を得ているようです。

そこで今回は、ライズの車内の様子やファミリーカーとしておすすめかについて紹介していきます。

また、ライズは何人乗りなのか、7~8人と大人数にも対応しているのかも気になるところです。

ライズに乗車できる定員人数についてもご存じない方もいると思いますので、定員人数もチェックしていきましょう。




■ライズは何人乗り?

引用元:https://toyota.jp/raize/

早速ですが、はじめにライズは何人乗りなのか、定員人数について紹介します。

すでにご存じの方もいるかと思いますが、ライズはグレード問わず全て”5人乗り”となっています。

引用元:https://toyota.jp/raize/

上記がライズのインテリアとなりますが、残念ながら3列目シートの採用であったり、7~8人乗りといった仕様は今のところありません。

ミドルクラスSUVであればそのような仕様はあったりするのですが、ライズはコンパクトSUVのため大人数で乗ることはできません。

6人以上の乗車できないため、大人数で乗ることがあるという場合はライズはおすすめできません。

また、5人家族の場合は問題なく乗車することはできるものの、大人5人乗車は少々キツイかもしれません。

4人程度であれば伸び伸びと快適に乗車できると思うので、ライズの購入の前に”何人で乗ることが多いか”を考えてみると良いでしょう。


■ライズはファミリーカーとして使える?

引用元:https://toyota.jp/raize/

ライズはファミリーカーとして使えるのか?についてですが、ファミリーカーとしては十分に使えます。

そもそも、ライズは公式でファミリーユースをかなりおすすめしているので、乗車人数さえ考慮すれば快適に使えるのではないでしょうか。

”ライズの車内の様子や使い勝手について”の項目で詳しく紹介しますが、コンパクトSUVとしては広々と快適な空間を実現できるよう、細かな部分で工夫が施されています。

荷室容量についても、5ナンバーコンパクトSUVの中ではクラストップを誇る広さを確保しています。

ちょっとした遠出や旅行でも使えちゃう車なので、幅広いニーズに応えてくれると思います。

ただし、ミニバンのようにスライドドアや頭上の高さはないのでちょっと不便に感じる部分もあるかもしれません。

ライズを購入する際は、ミニバンのような使いやすさはないという事に割り切りが必要なので、この点をクリアできればファミリーカーとしても使えるでしょう。


■ライズの車内の様子や使い勝手についてチェック!

最後に、ライズの車内の様子や使い勝手について紹介します。

ファミリーユースに嬉しい機能や仕様を中心にピックアップしましたので、ご自身の求める機能が備わっているかチェックしてみてください。

・後部座席はシートアレンジが可能

引用元:https://toyota.jp/raize/

ライズの後部座席はほぼフラットにすることができるので、アウトドアグッズや旅行の荷物などを沢山積み込むことができます。

フラットにしてしまうと後部座席に座るスペースが無くなってしまうのが難点ですが、その分長さのある物やスペースを取る大きな荷物はラクラク積み込めます。

ただし、後部座席にシートレールはないのでシートの位置をずらすことはできません。

また、フルフラットにも出来ないため車中泊には向いていませんのでご注意ください!

・車内を広く感じさせるカップルディスタンス設計

引用元:https://toyota.jp/raize/

前席と後部座席の距離感を900mmも確保することで、足元空間も広く車内も広々と感じることができます。

ミニバン風の足元空間で、小さなお子様から大人まで快適に車内で過ごせます。

5ナンバーサイズの車はやけに後部座席に圧迫感があることが多いのですが、ライズではそれがかなり軽減されています。

後部座席にシートレールが無い分、このようなカップルディスタンス設計で広い空間が実現していますよ。

・買い物や旅行も安心の荷室容量

引用元:https://toyota.jp/raize/

ライズの荷室容量はクラストップレベルを誇る広さが魅力です。

3ナンバーのコンパクトSUVに相当する荷室容量は、ちょっとしたお買い物から旅行まで、後部座席をフラットにしなくても十分なスペースが備わっています。

また、デッキボード下にも収納スペースがあるので賢く収納が可能です。

小さなお子様がいる家庭では、少しのお出かけでも荷物が増えがちですよね。

ライズであれば常に遊具やそのほかの必需品も車に備えておくことができるので安心です。

こんな感じで、ライズはファミリーカーとして使いやすいよう様々な工夫がされているので、日常生活では全く不便を感じさせない車です。

ファミリーカーとしても十分すぎる機能がまだまだ備わっているので、気になる方は別の記事でも内装や機能性などをピックアップしているので、そちらもチェックしてみてください。

①:ライズの内装の質・インテリアについて

②:ライズの荷室容量・収納・車中泊について


■ライズの定員人数や車内の様子についてのまとめ

今回は、ライズの定員人数やファミリーカーとしておすすめかなどについて紹介させていただきました。

今回の紹介について重要なポイントをまとめてみました。

  • ライズは5人乗りで、4人乗車までだとより快適に乗れる
  • ファミリーカーとしては使えるが、ミニバンやミドルクラスSUVのような使い勝手や広さはない
  • ライズは小さいボディながら荷室の広さや収納の充実さは備わっている

こんな感じで、結論”ファミリーカーとしては使える”ようです。

ミニバンのような機能性や広さはない、というところをしっかり理解していただければ、全く問題ないかと思います。

その分購入価格がお求めやすかったり、維持費が安かったりとメリットは多いです。

総合的に考えてもライズのクオリティは高く、人気車種になることも納得がいくものでした。

コンパクトSUVでファミリーカーとしても使える車をお求めの方は、ぜひライズも購入の視野に入れてみてはいかがでしょうか。




 

 

ライズ
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ