ライズのレーザーブルークリスタルシャインはカッコイイ?汚れが目立つ?特徴を紹介!

ライズ

ライズのボディカラーは種類は沢山あり、シンプルカラーから個性的な色までバリエーションが豊富です。

そんな中でもシンプルさと個性をバランスよく表現しているカラーが”レーザーブルークリスタルシャイン”で、ライズの中でも密かにおすすめされている色となっています。

ただ、レーザーブルークリスタルシャインが一体どんな色なのかわからない、という方も多いかと思います。

そこで今回はライズのボディカラー、レーザーブルークリスタルシャインの特徴や、カラーに合ったおすすめの洗車やケア方法について紹介します。

ボディカラー選びで迷っている方は、この機会にレーザーブルークリスタルシャインの魅力を知ってカラー選びの候補にしていただければと思います。

それでは魅力をとことん探っていきましょう!




■ライズのレーザーブルークリスタルシャインの特徴を紹介!

引用元:https://toyota.jp/raize/

それでは早速、ライズのレーザーブルークリスタルシャインの特徴を紹介します。

ライズのボディカラーの中では人気色がどうかも気になるところです。

色の魅力やユーザー支持率を見ていきましょう。

・レーザーブルークリスタルシャインはどんな色?

レーザーブルークリスタルシャインは、ディープグリーンとブルーが混ざったような高級感のあるカラーが特徴です。

このカラーは有料色で¥33,000の費用がかかります。

よく見るとクリスタルシャイン特有の細かなラメが入っており、アクティブ仕様のライズがちょっとだけラグジュアリーな印象になります。

実際に見てみないと分かりづらい色味をしているのですが、上記の写真にツヤ感がプラスされたと想像してもらえればと思います。

晴れた空の下では青々とし、夜間では深い緑が強調されて様々な表情を見ることができますよ。

ホワイトやブラックなどとはまた違ったライズの雰囲気になるので、周りとの差をつけられるオシャレな色となっています。

ただ、濃淡色のため傷や汚れはとても目立ちやすいので、こまめなお手入れが重要です。

・ライズのボディカラーの中では人気色?

バリエーション豊富なライズのボディカラーの中では、このレーザーブルークリスタルシャインはホワイト・ブラックに続いて人気色となっています。

男女年齢問わず親しみやすいカラーで高級感もあるので、人気色となるのも納得です。

残念ながら2トーンカラーは用意されていないのですが、いつもシンプルなボディカラーを選んでいる方にも選びやすいのではないでしょうか。

有料色とはいえ、塗装費用がそこまで高くないのも人気の理由の一つだと思います。

・レーザーブルークリスタルシャインはどんな人におすすめ?

引用元:https://toyota.jp/raize/

レーザーブルークリスタルシャインが特におすすめできる人は下記の通りです。

  • 派手過ぎないけど個性的なボディカラーが良い
  • カスタムパーツが似合うカッコイイカラーが良い
  • リセールバリューを少しだけ意識して色選びをしたい
  • 洗車やボディのケアがこまめにできる

この項目に一つでも当てはまる方には、このカラーがおすすめできるといえるでしょう。

カスタムパーツが似合う一面も持っているので、TRDやモデリスタなどでドレスアップを楽しむ方にもおすすめです。

リセールバリューについてはレーザーブルークリスタルシャインにしたからといって、必ず高くなるわけではありません。

ですが人気色や有料色は、リセールバリューが若干ですが高くなることがあるようです。

また、汚れの目立ちやすいカラーですのでズボラさんにはあまり向かない色となっています。

あくまで参考となりますが。このようなことも踏まえて色選びをしてみてくださいね。


■ライズのレーザーブルークリスタルシャインのおすすめ洗車・ケア方法!

引用元:https://toyota.jp/raize/

レーザーブルークリスタルシャインの魅力がわかったところで、このカラーに適したおすすめの洗車やケア方法について紹介します。

濃淡色ということで、ボディケアには気を遣ってあげることでキレイな見た目が長続きします。

筆者も愛用しているおすすめの洗車グッズも含め、レーザーブルークリスタルシャインに合ったケアをたっぷり見ていきましょう!

・「合成セーム」でボディに傷を付けずに拭き取りする

このブログでは何度も紹介しているお馴染みの”合成セーム”ですが、レーザーブルークリスタルシャインでは絶対に使っていただきたい洗車グッズです!

レーザーブルークリスタルシャインは先ほども申し上げたように、傷や汚れがとても目立ちやすいボディカラーです。

そのため、洗車後の水の拭き取りは通常の雑巾やタオルを使ってしまうと傷がついて目立ってしまいます。

傷を付けにくくし、キレイに水を拭き取ってくれるのがこの合成セームです。

濃淡色に限らずどのボディカラーでも使っておくと、傷の少ない見た目を長期間保つことができますよ。

一枚持っておいて損はないので、車内に常備しておくのがおすすめです!

・「ガラスコーティング」は依頼orセルフで施工しておくのがベスト

レーザブルークリスタルシャインを選ぶなら、ガラスコーティングを施工しておくと更に高級感がアップし、更に洗車の手間も省けて一石二鳥です。

ガラスコーティングは通常のワックスよりも保護機能が強く、ボディの腐食等も予防してくれます。

また、ガラスコーティング施工後は基本水洗い洗車のみでOKなので、洗車もラクに行えます。

ガラスコーティングは良いこと尽くめなのですが、注意点もあります。

一つ目はコーティングを業者に依頼すると、5~10万円程かかり費用が高いということです。

二つ目はガラスコーティングをしたからといって洗車をしなくていいということではない、ということです。

施工後も定期的な洗車やケアは必要ということになります。

この二点を踏まえてガラスコーティングを検討してください。

ガラスコーティングをセルフで行えば、費用が格段に安くなります。

セルフのガラスコーティング剤でとてもおすすめなのは”ピカピカレインシリーズ”です。

初めて施工する方にも扱いやすく、価格も手頃でかつ効果も実感できますよ。

コーティングは必須ではありませんが、施工しておくと自分の車により愛着が湧くと思います。

ピカピカレイン

・ガンコな汚れは「ネンドクリーナー」を使う

洗車しただけでは取れないピッチやタールなど、ガンコな油汚れには”ネンドクリーナー”がおすすめです。

こちらのソフトタイプであれば、コーティングを施工している車でも使用することができます。

ボディに付着した油汚れは無理に拭き取ろうとすると、傷を付けてしまうおそれがあります。

ネンドクリーナーを使えばスルスルと油汚れを落とすことができるので、万が一の汚れ取りに役立ちます。

繰り返し使えてコスパにも優れています!


■ライズのレーザーブルークリスタルシャインについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、ライズのボディカラー”レーザーブルークリスタルシャイン”について詳しく紹介させていただきました。

名前を聞いただけでは想像がつきにくいカラーですが、何となく色のイメージはできたかと思います。

人気色ではありますが、洗車やケアがとても肝になるボディカラーですので、紹介したような洗車グッズを使用してキレイなライズを保ってみてください。

ライズのボディカラーはとても豊富なので、他のカラーの魅力もぜひチェックしていってください。

後悔のないカラー選びをして、充実したライズとのカーライフを楽しんでくださいね。

ライズのボディカラー全色紹介はコチラ




ライズ
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ