ライズのリセールバリューは高く売れる?3年・5年・10年後のリセールバリュー予想!

ライズ

ライズの購入をした皆さん、またこれからライズを購入しようと考えている皆さんは”リセールバリュー”を気にしたことはありますか?

リセールバリューとはいわゆる”下取り価格”のことで、ライズを乗り換えたり、手放す場合に関係してくることです。

どんなに状態の良い車でも、年々車の価値が下がっていくことはライズに限らず全ての車種にいえることです。

ライズの次の車のことも考えるなら、リセールバリューは意識しておきたいものですね。

そこで今回は、ライズの新車購入から3年後・5年後・10年後の年別リセールバリューを予想していきます。

様々な車種のリセールバリューを調査し、ライズのリセールバリューを年別で表してみました。

ライズのリセールバリューが高くなる可能性がある方法なども詳しく紹介していきますので、いつか手放す時の参考にしてみてください。




■ライズの新車購入から「3年後」のリセールバリュー予想

引用元:https://toyota.jp/raize/

はじめに、ライズを新車購入してから3年後のリセールバリュー予想を紹介します。

新車購入から3年後となると、一回目の車検を迎える時期でもあります。

3年落ちのリセールバリューの平均は、車体価格からおよそ50~60%程度下がります。

車検を通すか通さないかでも多少リセールバリューに変動はあるようですが、今回は条件問わず”3年経過した場合”としてリセールバリューを予想します。

グレード別のリセールバリューは下記の通りです。

グレード車両本体価格3年後のリセールバリュー予想
Z(2WD)¥2,060,000¥1,000,000~¥1,200,000
G(2WD)¥1,895,000¥1,000,000~¥1,100,000
X”S”(2WD)¥1,745,000¥900,000~¥1,000,000
X(2WD)¥1,679,000¥800,000~¥900,000
Z(4WD)¥2,282,200¥1,000,000~¥1,200,000
G(4WD)¥2,133,700¥1,000,000~¥1,100,000
X”S”(4WD)¥1,984,800¥900,000~¥1,000,000
X(4WD)¥1,918,800¥900,000~¥1,000,000

※リセールバリュー予想額は車両本体価格のみを考慮して表示しています。

グレードや装備にもよりますが、3年後のリセールバリューですでに100万円を切ってしまう可能性もあるようです。

ライズはもともとがかなりお求めやすい価格なので、リセールバリューは3年後であってもあまり期待ができないと考えられます。

とはいえ上記程度の下取り価格であれば、次の車の頭金の足しには十分になりそうですね。


■ライズの新車購入から「5年後」のリセールバリュー予想

引用元:https://toyota.jp/raize/

続いて、ライズの新車購入から5年後のリセールバリュー予想を紹介します。

新車購入から5年経過すると、二回目の車検を迎える時期になります。

3年経過の時よりも、ある程度走行距離数が増え車の状態も使用感が出てきます。

そして車種によってはフルモデルチェンジが行われたりするので、リセールバリューは大幅に下がります。

おおよそですが新車購入から5年経過した時の車の価値は、60~80%程度下がるといわれています。

それではライズの5年後のリセールバリュー予想を見ていきましょう。

グレード車両本体価格3年後のリセールバリュー予想
Z(2WD)¥2,060,000¥700,000~¥800,000
G(2WD)¥1,895,000¥600,000~¥800,000
X”S”(2WD)¥1,745,000¥500,000~¥700,000
X(2WD)¥1,679,000¥450,000~¥700,000
Z(4WD)¥2,282,200¥700,000~¥800,000
G(4WD)¥2,133,700¥700,000~¥800,000
X”S”(4WD)¥1,984,800¥600,000~¥700,000
X(4WD)¥1,918,800¥600,000~¥700,000

現行ライズが5年経過しても人気車種であれば、もう少し上記のリセールバリューよりも高くなるかもしれません。

ただ、人によっては5年の時点で走行距離が10万キロ近くなっていることもありますので、その場合は上記の価格より大幅に下がる可能性があります。

修復歴や事故等がなければ50万円以上の価値にはなるはずなので、まだまだ頭金の足しの資金としては十分になりそうですね。


■ライズの新車購入から「10年後」のリセールバリュー予想

引用元:https://toyota.jp/raize/

最後にライズの新車購入から10年後のリセールバリュー予想を紹介します。

10年経過すると、さすがに使用感が全体的にあり、修理しなければいけない部分があったりします。

走行距離数も10万キロを超えている場合も考えられるので、車の価値は”ほぼ無い”と認識しておきましょう。

10年経過した車のリセールバリューはおよそ10~30万円程度で、ライズのフル装備や上級グレードであってもこの位の価値になってしまいます。

30万円位の下取り価格であったらかなり上出来なレベルなのです。

リセールバリューをなるべく高くし、次の車の資金としたい場合はなるべく早めに下取りに出すことが重要です。

とはいえ、ライズを乗りつぶすつもりでいるなら10年程乗るのもアリです。

リセールバリューは高いが良いに越したことはありませんが、無理に頻繁に乗り換える必要はありません。

ご自身のライフバランスを考えて乗り換えを検討しましょう。


■ライズのリセールバリューを高くする方法

ライズを長い間乗っていたとしても、少しでも高く売りたいという方が多いですよね。

ご自身が乗り換えたいタイミングでリセールバリューが納得いく金額であれば十分、と感じる方がほとんどではないでしょうか。

そこで、少しでもライズのリセールバリューを高くする方法について紹介します。

必ず高くなるという確証はありませんが、リセールバリューを意識するならぜひ試していただきたい方法なので、参考にしてみてください。

・人気色のボディカラーを選ぶ

ライズの人気色を選んでおくことで、リセールバリューが下がりにくくなります。

派手な色や個性的な色は中古車市場でも需要が低いので、リセールバリューをなるべく下げたくない場合は無難なボディカラーを選んでおきましょう。

ライズのおすすめでかつ人気のボディカラーは下記の通りです。

  • シャイニングホワイトパール(有料色)
  • ブラックマイカメタリック
  • ブライトシルバーメタリック
  • レーザーブルークリスタルシャイン(有料色)
  • ブラックマイカメタリック×ブライトシルバーメタリック(有料色)
  • ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール(有料色)
  • ブラックマイカメタリック×ターコイズブルーマイカメタリック(有料色)

有料色や2トーンカラーはリセールバリューが下がりにくく、むしろプラスになる可能性があります。

リセールバリューを少し意識したいと思っている方は、このようなボディカラーを選んでみてください。

・上級グレードを選ぶ

引用元:https://toyota.jp/raize/

リセールバリューをアップさせるなら、グレード選びも重要です。

グレードが高い方がリセールバリューも高くなりやすいので、ライズでは上級グレードの「Z」がおすすめです。

ライズの最も上級グレードである「Z」は、新車価格でも200万円台で購入ができるということから、かなり人気グレードとなっています。

何といっても装備の充実さと質感はライズの中でも一番良く、それでいてお求めやすい価格なのでとても魅力的です。

ライズに限らず高いグレードを選んでおくと、リセールバリューが高くなる可能性がありますよ。

・人気オプションを装備する

引用元:https://toyota.jp/raize

グレードの低いライズであっても、人気のオプションや装備が付いていれば、リセールバリューが下がりにくくなります。

基本的な装備といえばナビ・ETC・バックカメラ・ドライブレコーダーなどですが、これらの装備はあった方が良いでしょう。

更にメーカーオプションや純正アクセサリー、TRDやモデリスタのカスタムパーツなどが充実しているとリセールバリューはアップする可能性があります。

そして現在とても人気なのが”安全装備”のオプションで、セーフティ機能は充実させておくのもおすすめです。

ここで重要なのはあくまでライズに適合した”純正品”であるということです。

社外品のカスタムパーツやアクセサリーはかえってリセールバリューが下がることもありますので、装備する際はその点を理解した上で取り付けしましょう。

・下取りはディーラーではなく”買取専門業者”で依頼する

引用元:https://toyota.jp/raize/

車を手放したり乗り換える際に、ディーラーで査定をしてもらう方も多いと思います。

ですがディーラーではリセールバリューが低くなりがちなのです。

ディーラー査定と買取専門業者での査定では10万円以上の差がつくことも多く、ディーラーでの査定はあまりおすすめできません。

筆者も乗り換えの際ディーラーで行ったのですが、買取専門業者との差額は20万円ほどもあった経験があります。

10万円以上も多ければ、頭金の足しやオプション品の追加などにもなりますよね。

買取専門業者にできれば2~3ヵ所依頼して、一番高く買い取ってもらえるところを探してみましょう。

インターネットで査定の申込では、様々な業者で一括査定をしてもらえるのでおすすめです。

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

 ・日頃から丁寧に車を扱う

当たり前のことではありますが、実は重要なのが日頃から丁寧に車を扱う、ということです。

洗車は少なくとも月に一度は行ったり、半年点検や一年点検などの定期メンテナンスはしっかりと行うことです。

車をキレイにすることを心掛け、故障を防ぐよう点検をこまめにすることは、”状態の良い車”を保つことにも繋がります。

のちのちリセールバリューにも響いてくる可能性は十分にあるので、愛車は丁寧に大事に扱いましょう!


■ライズのリセールバリューについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、ライズのリセールバリュー予想を年別にしてみました。

とはいえあくまで”予想”なので、必ず紹介した下取り価格になるわけではありませんのでご注意ください。

また、リセールバリューを意識し過ぎてしまうと満足のいく車購入ができない可能性もあります。

”〇〇年後くらいに手放したらいくら位で買い取ってもらえるんだろう?”と思った時に、何となく参考にしていただければと思います。

ライズを購入したら、まずはライズでのカーライフを満喫するのが一番です!

旅行をしたり、アウトドアをしてみたり、カスタムをしてみたりと様々な楽しみ方をしてみてはいかがでしょうか。




ライズ
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ