ライズはガーニッシュでカッコよくできる!コスパが良いおすすめ社外カスタムパーツを紹介!

ライズ

ライズのカスタムを検討されている皆さん、純正カスタムは高くてなかなか手が出せない、という方も多いのではないでしょうか?

また、自身でパーツを揃えて取り付けることも不安であったり、カスタム初心者さんだとどこから手を付ければいいかわからず困りますよね。

ですが、ライズはカスタムパーツが非常に豊富で、カスタムをご自身でしたことがないという方にもおすすめできるパーツが数多くあるのです。

今回は最もお手軽にでき、かつコスパに優れたライズ用のガーニッシュについて紹介していきます。

純正品でもガーニッシュは取り扱われているのですが、社外品では更に多くの商品があります。

今回はその”社外ガーニッシュ”に絞っておすすめを紹介します。

純正パーツではなく、もっと個性を演出できる社外ガーニッシュでお手軽にイメージチェンジをしてみましょう!




■ライズのおすすめ社外ガーニッシュを紹介!

引用元:https://toyota.jp/raize/

”ガーニッシュ”とは、装飾物を意味し、エクステリアとインテリアに取り付けられたパネルを指すのが一般的とされています。

様々な部分でガーニッシュは使われているので、車種によって異なることもあります。

ガーニッシュのパーツはエアロパーツよりも比較的価格が安く、強力な両面テープで付けるだけの簡単施工が魅力です。

そして何より、イメージチェンジに貢献してくれるので個性的な一台にすることが可能です。

ライズにはエクステリア、インテリアともにガーニッシュに付けられるパーツが用意されていますので、今回は沢山のガーニッシュを見ていきましょう!

・ヘッドランプガーニッシュ(アイライン)

ライズのヘッドライトにアイラインのガーニッシュをプラスできるパーツです。

ライズのヘッドライトがノーマル状態の時よりも”つり目”っぽい印象になるので、スポーティさもアップします。

貼り付けるだけで簡単にドレスアップができちゃいます!

・ロアグリルガーニッシュ

ライズのロアグリルはプラスチック感が強く、ちょっぴりチープに見えてしまいます。

ですが、ロアグリルガーニッシュであっという間に高級感を演出することができるのです。

ロアグリル部分は細いので少し根気の要る作業ですが、取り付けは比較的簡単なのでご安心ください。

・フロントグリルカバー

フロントグリル周りをメッキのガーニッシュで強調してあげることで、エクステリアの質感はワンランク上になります。

エクステリアに上記以外のガーニッシュを付ける場合は、ガーニッシュがしつこくなりすぎない程度にある程度付ける部分を決めておくのがポイントです。

・フロントリップカバー

フロントリップにも鏡面パーツを追加すれば、さりげないワンポイント感覚でドレスアップができます。

一見あまり目立ちませんが、フロントの高級感がアップしノーマルと差が付くこと間違いなしです。

高品質なステンレスなので錆びにくく、またフロントリップの傷防止効果も期待できますよ。

・デイライト&フォグランプガーニッシュ

フロントフォグランプ部分にステンレスのガーニッシュを付けることで更に高級感がアップします。

フォグランプの丸いフチにも付けられるガーニッシュもあるので、そちらと合わせて取り付けるのがおすすめです。

樹脂感の強いフォグランプカバーが一気にカッコよくなるカスタムパーツですね。

※ライズオーナー様にお写真ご協力いただきました。(ありがとうございます!)

純正パーツのように馴染むと評判のフォグランプガーニッシュですが、こうしてみても確かに純正パーツのような質感がうかがえます。

どなたでも簡単に取り付けがしやすく、エクステリアのアクセントにもなりますね。

・フロントフォグランプカバーガーニッシュ

一つ前に紹介したフロントフォグランプカバーと同じかと思いきや、こちらはフォグランプの上部に取り付けるパーツです。

エアロパーツのような存在感があり、かなりのイメージチェンジが期待出来ます。

主張が少し激しめなので好みは別れるかもしれませんが、より個性的な印象になりますよ。

・サイドガーニッシュ

ライズのサイドにも鏡面加工がされたガーニッシュを貼り付けることができます。

スポーティな雰囲気を車のサイドからも演出できますよ。

当然ですがテープについては最初から付いているので、本当に取り付けが簡単なのが嬉しいですね。

・サイドリップガーニッシュ

サイドリップに付けるガーニッシュで、シンプルなドレスアップがご希望の方におすすめです。

主張は控えめですので、ノーマル状態のライズでも、カスタムをしたライズにも合わせやすいです。

サイドスカートを付けたような印象にもなりますよ。

・サイドウィンドウトリム

ウィンドウのフチもガーニッシュでドレスアップが可能です。

ライズは車体価格がお求めやすい分、このような細かな部分はかなりコストカットされています。

”見た目の物足りなさ”は何となく感じられるので、チープさが気になる方はこういったガーニッシュでうまくカバーしちゃいましょう!

・リヤクォーターガーニッシュ

リヤクォーターガーニッシュは、ライズの樹脂パーツ部分をステンレス素材でカバーしてくれるパーツです。

フィンのデザインがさりげなく施され、ノーマル状態よりもリアの印象が華やかになります。

リヤの細かい部分もカスタムしたい方にはおすすめです。

・リヤフォグランプ&リヤバンパーガーニッシュ

こちらはリヤフォグランプとリヤバンパーガーニッシュのセットです。

フロントのカスタムばかりに気が行きがちですが、リヤもガーニッシュだけで十分にカッコ良くできます。

リヤフォグランプとリヤバンパーをガーニッシュで強調してあげることで、フロント同様にスポーティな印象になりますよ。

・リヤガーニッシュ

このガーニッシュはリアのエンブレム横に付ける細い部分になります。

とても目立たない部分ですが、これがあると無いとでは見比べてみると印象が違います。

主張し過ぎないパーツなので派手なカスタムはしたくない方にもおすすめです。

・リアゲートトリム

リアゲートトリムのガーニッシュはバックドアの下部に付けるもので、荷室の開け閉めで付いてしまう傷を防止する効果もあります。

ドレスアップだけでなく、ライズのボディを保護してくれるのは魅力的ですね。

もちろんリアの質感もアップするので、付けておいて損の無いとてもおすすめのガーニッシュです。


■ライズの社外ガーニッシュ取り付けの注意点

引用元:https://toyota.jp/raize/

沢山のガーニッシュパーツを紹介させていただきましたが、気になるパーツは見つかりましたか?

もはやエアロパーツのようなカッコいいガーニッシュばかりでつい沢山取り付けたくなってしまいますよね。

ですが、カスタムをする際の注意点がいくつかありますので、ご購入の前に一度目を通していただければと思います。

取り付けの際の注意点は下記を参照ください。

・社外品パーツの取り付けは自己責任

社外品のカスタムパーツは、基本的にご自身で取り付けるか、カスタムショップなどで付けてもらう形になります。

トヨタ正規ディーラーでは取り付けができませんのでご注意ください。

また、万が一取り付けに失敗してしまった場合も保証はありません。

取り付けが簡単なものでも、取り付け方をしっかり調べた上で行いましょう!

・社外品パーツはリセールバリューが下がってしまうことも

社外品パーツが沢山ついている場合は、リセールバリューが下がってしまう可能性があります。

TRDやモデリスタのカスタムパーツであれば、むしろライズのリセールバリューが上がる可能性もあるのですが、社外品が付いている車種は需要が格段に減るため、下取り価格は下がります。

とはいえどのくらい下がるのかについては、下取りに出す時期や車種の状態でも変わってくるので一概に言えません。

ですが、社外品パーツを付けるという事はリセールバリューがあまり期待できないという認識は持っておいた方が良いでしょう。

・取り外しが困難

今回紹介したガーニッシュは、ほぼ全て強力な両面テープで取り付けるタイプのものとなっています。

強力な両面テープで付けているという事は、ガーニッシュが飽きたからといって簡単に外すことはできません。

無理に外すと傷が付いてしまったり、跡が残ってしまう可能性があります。

もちろんこれはエアロパーツにもいえることですが、愛車にカスタムをする際は簡単に取り外しができないということを理解しておきましょう。

もしどうしても外したくなってしまった場合は、カスタムショップやプロの整備士さんに相談してみてください。


■ライズの社外ガーニッシュについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、ライズの社外パーツのガーニッシュについてたっぷりとご紹介させていただきました。

ガーニッシュをカスタムするだけでも、イメージチェンジが十分に楽しめるという事がわかりましたね。

ガーニッシュはコスパがよく、取り付けも簡単といった点もメリットと感じていただけるはずです。

ライズはガーニッシュの他にも、エアロパーツや様々なカスタムパーツが充実しています。

他の記事でもカスタムパーツについて紹介しているので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

①:ライズの社外カスタムパーツについて

②:ライズの純正アクセサリー・オプションについて

③:ライズのTRD・モデリスタのカスタムパーツについて




ライズ
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ