ライズのナチュラルベージュマイカメタリックはダサい?カッコイイ?人気ない?色の特徴を紹介!

ライズ

ライズのボディカラーは、一見派手で目立つ色が多いかと思いきや、シンプルで飽きの来ないものもいくつか用意されています。

中でも「ナチュラルベージュマイカメタリック」はシンプルながらスタイリッシュさもあり、若い方にも親しみやすいカラーだと思います。

カスタムをすれば、ちょっとカッコよくもなるカラーなので、男性にもおすすめできる色ですよ。

ですが、人によってはダサいと感じたり、あまりカッコよくないといった意見もあるようで、好みは二分化されています。

そこで今回は、ライズのボディカラーである「ナチュラルベージュマイカメタリック」について紹介します。

ナチュラルベージュマイカメタリックは人気色なのか、また色の特徴やおすすめの洗車方法を紹介していきます。

ライズのボディカラー選びで迷っている方は、一度目を通してみてください。




■ライズのナチュラルベージュマイカメタリックの特徴を紹介!

引用元:https://toyota.jp/raize/

はじめに、ライズのナチュラルベージュマイカメタリックの色の特徴や人気があるのかについて見ていきます。

ナチュラルベージュマイカメタリックのイメージが付きづらいという方も、具体的な色の特徴を知っていただければと思います。

それでは見ていきましょう!

・ナチュラルベージュマイカメタリックはどんな色?

引用元:https://toyota.jp/raize/

ナチュラルベージュマイカメタリックは、う色を例えるとしたら”薄めのミルクティーカラー”のような色をしています。

この色を見るとどこか落ち着いた気持ちになるような、優しい色合いをしているのが特徴です。

男性よりもどちらかというと女性に支持されやすい色で、ライズの可愛らしさも表現されています。

このカラーのメリットとしては、下記の事が挙げられます。

  • 傷、汚れが目立ちにくい
  • 飽きの来ないシンプルなカラー
  • 珍しい色で個性を求める人にも◎

筆者は実際に色を確認したのですが、写真で見るよりも明るく、メタリックのツヤ感もありました。

日の当たる場所ではミルクティーカラーがより強くなり、スタイリッシュな印象も受けました。

・ライズのボディカラーの中では人気がない?

引用元:https://toyota.jp/raize/

ナチュラルベージュマイカメタリックは、残念ながら”マスタードイエローマイカメタリック”と同等の不人気色となっています。

車のボディカラーとしてはあまり馴染みの無い色で、パッとしないという印象が強いのか、多くの方に支持されない色となってしまっているようです。

また、このカラーのデメリットについてですが、人気のない色ということでライズを手放す際の”リセールバリューが低くなる可能性があること”です。

あくまで可能性が高いだけで絶対ではないのですが、リセールバリューを意識する人には適さないカラーです。

総合的に考えると、アクティブ仕様のライズには正直なところあまり似合わないカラーなのかもしれませんね。

ちなみにマスタードイエローマイカメタリックについては、過去の記事にて紹介させていただいております。

・ナチュラルベージュマイカメタリックはズバリダサい?

引用元:https://toyota.jp/raize/

ナチュラルベージュマイカメタリックですが、ズバリダサいのでしょうか?

ダサいかどうかについては好みの問題があるので、人によって感じ方は様々でしょう。

したがって、一概に”ダサい”とはいえません。

ただ、ライズのナチュラルベージュマイカメタリックは不人気色ということで、多くの方にあまり好まれないカラーというのは確かです。

ダサいというよりは、”地味すぎる”、”特徴がない”、”年配の人が好みそうな色”といった辛口な意見もあるようです。

ですが、実際に見てみると色の印象は変わることが多いです。

この色が気になる方はまず色味を直接ディーラーで確かめてみてくださいね。


■ライズのナチュラルベージュマイカメタリックのおすすめ洗車・ケア方法

ナチュラルベージュマイカメタリックの特徴についてわかったところで、このカラーに適したおすすめの洗車やケア方法を紹介します。

筆者が様々な車種の記事で紹介させていただいている方法にはなりますが、洗車好きな私としてぜひおすすめしたいものがあるので、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

このカラーに合った洗車方法ですので、洗車が苦手な方や初心者さんにもおすすめですよ!

それでは見ていきましょう!

・ガラスコーティング

ガラスコーティングは、ディーラーやコーティング業者で依頼することができます。

価格はセルフで行うよりも高いのですが、その分新車のような輝きを長い間保つことができ、車購入と同時に施工を依頼するユーザーが多いです。

価格の相場は約5~8万円程ですが、ガラスコーティング後は水洗い洗車のみでOKなので、洗車の手間も省けます。

ぜひ車購入のタイミングで行っていただきたいところですが、値段の高さがネックという方もいると思います。

プロにお任せするのが一番ではあるものの、セルフでコーティング施工をすることは可能です。

ご自身でコーティング施工をすれば費用はグンと押さえることができるので、そちらも検討してみてください。

本格派車ガラスコーティング剤

・合成セーム

合成セームは、洗車後の水の拭き取りで使う布です。

雑巾や通常のタオルを使用して拭き取るのも良いのですが、繊維が荒く拭き取り傷が付いてしまうことがあります。

ライズのナチュラルベージュマイカメタリックは、傷が目立ちにくく合成セームは必須ではありません。

ですが、長い目で見ると合成セームを使用した方がキレイなボディを保つことができます。

価格もお手頃で一つ持っておいて損は無いので、車の中に常備しておくと良いでしょう。

・高圧洗浄機

高圧洗浄機があれば、ご自宅でも簡単に洗車が可能です。

とはいえ使用できるスペースがないといけないのですが、ライズのボディサイズであればこのようなコンパクトな洗浄機で十分です。

車の洗車用としてだけではなく、自宅のコンクリートや庭の洗浄にも使えたりと万能です。

洗車をこまめに行いたい方にはとてもおすすめです。

・ネンドクリーナー

舗装してあまり時間の経っていない道路を走行すると、ピッチやタールといった強い油汚れがボディに付着してしまうことがあります。

筆者も経験があるのですが、あまりにガンコな汚れなのでいつも通りの洗車では全く落ちません。

そのような状況の時に使えるのが、このネンドクリーナーです。

こちらのネンドクリーナーはノーコンパウンドなので、コーティングを落とすことなく油汚れだけを落とすことができます。

使い方さえ慣れてしまえばスルスルと汚れを落とせるので、車内に常備しておくと良いかもしれません。

また、ネンドクリーナーは繰り返し使えるのでコストパフォーマンスが高いです。

使用後のボディのツルツル感はとてもクセになるので、半年に一度くらいのペースでボディ全体に使うのもおすすめですよ。


■ライズのナチュラルベージュマイカメタリックについてのまとめ

いかがでしたか?

今回はライズのナチュラルベージュマイカメタリックについて紹介させていただきました。

少しでもこの色の特徴や魅力が伝わっていてれば幸いです。

人気色ではありませんが、実際に見てみると落ち着いた大人っぽいカラーなので、特に女性にはおすすめだなと感じました。

洗車方法については、ナチュラルベージュマイカメタリックはそこまで神経質にならなくても問題ないカラーとなっています。

とはいえ、定期的に洗車やケアをしてあげることで長い間キレイなボディを保つことが出来るので、ライズを納車した際はこまめな洗車も心掛けてみてください

このカラーに限らず、様々なボディカラーをチェックして後悔のない色選択をしてくださいね。




ライズ
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ