【悩む人必見!】ライズのボディカラーバリエーション紹介!売れ筋や人気色、おすすめカラーは?

ライズ

トヨタからデビューしたコンパクトSUVの”新型ライズ”はもうチェックされましたか?

コンパクトSUVで使いやすさとスタイリッシュなデザインで、今大人気の車種となっています。

コンパクトSUVの購入を検討されている方は、購入候補の一つに入れておいても良い、そんな一台かもしれません。

そこで今回は、話題の新型ライズのボディカラーを全色紹介します。

ライズのカラーバリエーションはとても豊富なので、どれにしようか悩んでしまう方が多いと思います。

具体的にライズの購入を考えている方、またはライズの購入にあたってボディカラー選びに悩んでいる方の参考になるよう、人気色や売れ筋、おすすめカラーも紹介していきます。

女性は特にボディカラー選びで悩む方が多いかと思うので、気になる色の特徴をチェックしてみてはいかがでしょうか。

更にボディカラー別に適したおすすめの洗車やお手入れ方法も紹介していくので、ぜひ参考にしていってください!




■新型ライズのボディカラーバリエーション紹介!

早速、ライズのボディカラーを全色紹介していきます。

ライズには様々なボディカラーがあるので、きっとあなたのお好きな色が見つかるはずです。

王道カラーからちょっと個性的なカラーまで様々ですので、まずは一通りチェックしていきましょう。

・シャイニングホワイトパール

引用元:https://toyota.jp/raize/

シャイニングホワイトパールは、メーカーオプションで¥33,000かかる有料色です。

トヨタのボディカラーでも特に人気色である「ホワイトパールクリスタルシャイン」よりも、シャイニングホワイトパールは鮮やかでハッキリとした純白カラーが特徴的です。

ライズは高級感よりもSUVらしい”アクティブさ”がコンセプトなので、このようなハッキリとした色合いのホワイトカラーを採用したのではないでしょうか。

ライズのボディカラーの中で定番色といえるカラーです。

・ブラックマイカメタリック

引用元:https://toyota.jp/raize/

ブラックマイカメタリックも、ライズの中ではホワイトカラーに続き定番カラーです。

ボディカラーがブラックになっただけで、一気に引き締まった印象になりカスタムパーツも映えます。

男性にはこのブラックマイカメタリックの支持が圧倒的に高いです。

ただ、汚れや傷がとても目立ちやすいので、洗車やお手入れが苦手な方には不向きかもしれません。

・ブライトシルバーメタリック

引用元:https://toyota.jp/raize/

ブライトシルバーメタリックは、比較的年配の方に好まれやすい落ち着いたカラーです。

濃淡色とは違って汚れが目立ちにくく、お手入れにそこまで神経質になる必要がありません。

扱いやすいカラーではありますが、若い世代の人には”ダサい”、”オジサンっぽい”という印象も強いようです。

定番のカラーですが、好みは別れやすい色ともいえるでしょう。

・ファイアークォーツレッドメタリック

引用元:https://toyota.jp/raize/

ファイアークォーツレッドメタリックは聞きなれない名称ですが、明るめの赤色というよりはワインレッドのような色味となっています。

メタリックなので明るすぎず、でもスポーティなカラーなので赤が好きな男性にはおすすめです。

個性的な色ではあるので、若者には支持されるかもしれませんが人気色となる可能性は低いでしょう。

ファイアークォーツレッドメタリックの詳細はコチラ

・ナチュラルベージュマイカメタリック

引用元:https://toyota.jp/raize/

ナチュラルベージュマイカメタリックは、ブロンズのような色味でちょっぴり大人カラーとなっています。

街中で馴染みやすく、落ち着いた色味が魅力です。

このカラーは特に女性に人気で、汚れが目立ちにくく、お手入れが容易であることも魅力です。

派手さを求めない方にはおすすめですが、人によっては地味すぎると感じるかもしれませんので、このカラーが気になる方は実車で色味をチェックした方が良いでしょう。

ナチュラルベージュマイカメタリックの詳細はコチラ

・マスタードイエローマイカメタリック

引用元:https://toyota.jp/raize/

マスタードイエローマイカメタリックは、その名の通りマスタードのような目立つ色味が特徴です。

ハッキリとしたイエローではなくメタリックが混ざった暗めのイエローなので、派手さは若干抑えられています。

スイフトスポーツのイエローよりは暗い色をしていますが、何となくこのカラーになるとライズがスイフトスポーツに見えてきてしまいますね。

ただ、SUVらしいアクティブな印象が際立つのでライズにはピッタリのカラーといえます。

マスタードイエローマイカメタリックの詳細はコチラ

・レーザーブルークリスタルシャイン

引用元:https://toyota.jp/raize/

レーザーブルークリスタルシャインは、ブルーとモスグリーンが混ざったような高級感あるカラーとなっています。

メーカーオプションで¥33,000かかる有料色ですが、ラグジュアリー感漂う色味が魅力です。

ライズにさりげなく高級感を演出するなら、このカラーはとてもおすすめですよ。

女性にもオシャレと感じていただけるカラーかと思います。

また、あまり他のメーカーにはない個性的なカラーなので、人とあまり被りたくない、という方にもイチオシです。

ライズの中でも今後注目カラーになること間違いなしです!

・ターコイズブルーマイカメタリック

引用元:https://toyota.jp/raize/

ターコイズブルーマイカメタリックは、爽やかなブルーが特徴でかわいらしさが際立つカラーです。

ライズの公式サイトやカタログでは中心的存在で注目の色ともいえますが、個性的な色なので人気色になる可能性は低いです。

ただ、コンパクトなボディのライズにはこのカラーがとても似合いますね。

遊び心あるカラーで、小さなお子様がいるファミリー層には特におすすめです。

ターコイズブルーマイカメタリックの詳細はコチラ

・ブラックマイカメタリック×ブライトシルバーメタリック

引用元:https://toyota.jp/raize/

ライズには2トーンカラーもいくつか用意されています。

ブラックとシルバーの2トーンカラーはシンプルな色でまとまっていますが、ワンカラーよりもスタイリッシュさが際立ちます。

2トーンカラーになっただけでライズがスポーティな印象になりますよ。

シルバー単体だけだと地味ですが、ブラックが差し色になるだけで一気にカッコよくなります。

ワンカラーでは物足りない方にはおすすめです!

・ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール

引用元:https://toyota.jp/raize/

ブラックとホワイトの2トーンカラーになると、一気に高級感がプラスされます。

この組み合わせの2トーンカラーは他の車種でもとても人気で、ライズの中でも多くの方がチョイスすると予想されます。

ブラック、ホワイトのボディカラーでどちらにしようか悩んでいる方は、この欲張りカラーを選んでみてはいかがでしょうか。

飽きの来ない落ち着いたカラー同士の融合は男女問わず気に入っていただけると思います。

・ブラックマイカメタリック×ターコイズブルーマイカメタリック

引用元:https://toyota.jp/raize/

ターコイズブルーマイカメタリックの単色だと可愛くなりすぎてしまいますが、ブラックとの2トーンカラーになれば、男性でも乗りやすくなります。

ブラックの差し色で引き締まった印象になり、エアロパーツも似合いますよ。

このカラーはSUVらしさがとてもよく表現されているので、アウトドアシーンによく馴染みそうですね。



■ライズのおすすめカラー、人気色を紹介!

ライズのボディカラーが全色わかったところで、続いておすすめのカラーと人気色を紹介します。

沢山あるボディカラーの中で特に人気な色は一体どれなのでしょうか?

また、筆者が個人的におすすめしたいカラーについても紹介していきます。

・ダントツ人気を誇る王道カラー「シャイニングホワイトパール」

引用元:https://toyota.jp/raize/

ライズでも群を抜いて人気色となっているのが、王道カラー的存在である「シャイニングホワイトパール」です。

ホワイトカラーの人気ぶりは、ライズだけに限らずほとんどの車種でも人気色です。

男女年齢問わず乗りやすく親しみやすいことや、中古車市場でも人気のためリセールバリューが高い傾向にあります。

ノーマル状態でももちろん十分なのですが、カスタムパーツが似合うのも魅力です。

このように、シャイニングホワイトパールは総合的なバランスが非常によく、迷ったら選択しておいて間違いないカラーなのです。

有料色ですが、その価値も十分に感じられる人気第一位のカラーですよ。

・高級感と個性派の両立「レーザーブルークリスタルシャイン」

引用元:https://toyota.jp/raize/

「レーザーブルークリスタルシャイン」は、王道カラーであるホワイトやブラックに続いて人気のカラーです。

ライズの違った一面が際立つこのカラーは、高級感も個性も強調することができるのです。

落ち着いた色に見えますが、珍しい色味で人目を惹く魅力的な色をしています。

女性にも乗りやすい濃淡色になっていますよ。

深いブルーとグリーンの色味は目に優しく、ユーザーの心を落ち着かせてくれるはずです。

いつも王道カラーを選択しがちな方に、ぜひ選んでいただきたい個性的なカラーです。

・オシャレ度UP!リセールも期待大の「2トーンカラー」

引用元:https://toyota.jp/raize/

「ブラックマイカメタリック×シャイニングホワイトパール」は、ワンカラーのブラック、ホワイトに続いて人気色です。

2トーンカラーは今やトレンドのボディカラーといえます。

ライズでは3種類の2トーンカラーがありますが、中でもこのブラック×ホワイトが人気です。

ワンカラーよりもオシャレ度がアップし、まるでカスタムをしているかのような印象にもなり一石二鳥です。

ただ、2トーンカラーは有料色でなんと¥77,000もかかります。

高価ですがリセールバリューも期待ができ、この特別感はワンカラーでは味わえません。

ワンカラーで物足りない方は、2トーンカラーも検討してみてください!



■ライズのボディカラー別おすすめの洗車、ケア方法を紹介!

最後に、ボディカラー別のおすすめの洗車とボディケア方法を紹介します。

ボディカラーに適したお手入れをするだけで、いつまでもキレイな愛車を保つことができます。

そのためには”ひと手間”が大事になるので、洗車が苦手な人はこれをきっかけに洗車を習慣にしてみてはいかがでしょうか?

洗車好きな筆者としては、ひと手間といっても”簡単にできる”、”安く済ませられる”ことは重要だと思っているので、簡単ですぐに実践できることを紹介していきます。

・ブラック、ブルーなど濃淡色におすすめな洗車とケア方法

ブラック、ブルー系などの濃淡色のボディカラーを選んだ方は、洗車やケアに気を遣う必要があります。

傷や汚れが目立ちやすいので、一週間に一度、もしくは二週間に一度は洗車を行うのがおすすめです。

ただし、洗車機の使用は傷がつきやすいので、理想は手洗い洗車がベストです。

とはいえ毎回手洗い洗車をするのは難しい場合もあると思うので、マストではありません。

洗車の際の水の拭き取りは雑巾やタオルを使うと傷が付いてしまうので、”合成セーム”という布を使いましょう。

また、濃淡色のボディカラーには”ガラスコーティング”をしておくと傷や汚れが目立ちにくくなります。

ガラスコーティングは施工すると、水洗い洗車のみでキレイになるので洗車の手間が省けます。

濃淡色はとにかく傷と汚れが分かりやすいので、なるべく傷を付けない方法でこまめに洗車をしましょう。

・ホワイト、シルバーにおすすめな洗車とケア方法

ホワイト、シルバー系は濃淡色に比べると傷や汚れが目立ちにくく、洗車をサボりがちな方には最適なカラーといえます。

とはいえ、ケアをしなくていいというわけではありません。

濃淡色同様に、ガラスコーティング施工をしておくと新車のような輝きが長続きします。

濃淡色のようにお手入れは神経質になる必要がありませんが、同じ様なお手入れをしておくとキレイなボディを保つことができます。

洗車の頻度は一か月に一度程度でも十分ですが、二週間に一度はしておくと良いかもしれません。

・レッド、イエロー、ベージュにおすすめな洗車とケア方法

その他のボディカラーについてですが、ライズのレッド、イエロー、ベージュ、ブルーは基本的に”メタリック”なので、シルバーと同様に汚れが目立ちにくいです。

強いて言うなら、この4色の中ではファイアークォーツレッドメタリックが最も汚れが目立ちやすいです。

これらのボディカラーも、ガラスコーティングをしてあげればよりキレイなボディになるのでおすすめです。

また、洗車の頻度は二週間に一度、または一か月に一度程度で十分でしょう。

洗車の頻度についてはあくまで目安なので、汚れが気になったらなるべく早めに洗車をしましょう。

あまり長期間放置しておくと、かえって傷の原因になってしまうことがあります。

汚れが目立ちにくいからといってケアを怠るのは要注意です。

もし可能であれば、濃淡色同様にガラスコーティングを施工しておくとお手入れの手間が省けるのでおすすめです。

 



■ライズのボディカラーバリエーションまとめ

いかがでしたか?

今回は、ライズのボディカラー紹介をさせていただきました。

ボディカラーは長く乗っていく愛車にとって、とても重要な部分といえます。

後悔しない、長く愛着を持ってもらえるカラー選びをしていただければと思います。

メリット、デメリットは色によって様々ですが、何よりご自身が一番良いと思っている色を選ぶことが一番です。

今回の紹介も一部参考にしながら、最も気に入ったカラーをチョイスしてみてはいかがでしょうか。




ライズ
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ