新型レヴォーグのスタンダードモデル「GT」は安いけどおすすめできない?欠点を紹介

レヴォーグ

新型レヴォーグの購入を考える時に、グレード選びはとても重要ですよね。

まずはグレード選びで悩む方も多いかと思います。

新型レヴォーグはこのクラスの車種としては価格帯が若干高いので、少しでもお得に安く買いたいところです。

値段の安さ重視で考えるとスタンダードモデル”GT”が選択肢に入るかと思いますが、装備や仕様はどうなっているのでしょうか?

今回は、新型レヴォーグのスタンダードモデル「GT」の装備や欠点について紹介します。

安いけどおすすめできないグレードなのか調べましたので、「GT」グレードが気になる方はチェックしていってくださいね。




■新型レヴォーグのスタンダードモデル「GT」について

引用元:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

まずはじめに、新型レヴォーグのスタンダードモデル「GT」の装備や仕様を紹介します。

新型レヴォーグの中で最も安く低いグレードとなりますが、実際はどのような装備になっているのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

・「GT」グレードのエクステリア

引用元:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

GTグレードのエクステリアは、他のグレードと大きく違うところはアルミホイールデザインとホイールサイズです。

GTグレードは17インチが標準装備ですが、その他のグレードは18インチでホイールデザインも異なります。

また、細かな部分ではありますがヘッドライトの加飾も若干異なります。

エクステリアは他のグレードと比較してもあまり違いがないということがわかりますね。

・「GT」グレードのインテリア

引用元:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

インテリアの質感を比べると、他のグレードとの違いがわかりやすいかと思います。

「GT」グレードは最も安いグレードということで、やはり内装のチープさは感じられます。

アクセル・ブレーキ・フットレスト部分がアルミではありません。

また、車内にあしらわれたステッチがシンプルなシルバーステッチとなっています。(他のグレードはブルーステッチです)

上級グレードと比べるとどうしてもコストカットした感は否めません。

引用元:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

そしてシートに関しては、GTグレードはトリコットという素材のみを使ったシートとなっています。

ただトリコットが安っぽくて悪いということはなく、その他のグレードはトリコットとファブリックの両方をあしらったシートになっているのです。

更にいうとトリコットは座り心地が良く肌に優しいので、一番低いグレードとはいえ十分な質感かと思います。

最後にアンビエント照明といった、インパネやカップホルダーに付いている間接照明はGTグレードにありません。

もしアンビエント照明を付けたい場合はオプションで追加する必要があります。

・「GT」グレードの装備

GTグレードの装備はかなり質素になるのでは?と思う方もいるかもしれませんが、実は想像以上にたっぷりな装備内容となっていました。

正直、筆者もこれには驚きました。

例えば運転席にはパワーシートがあったり、シートヒーターは運転席と助手席に装備されています。

そして高い安全性能で評判の”アイサイト”は標準装備で、上級グレードとは安全性能の内容は少し異なりますが、こちらもかなり充実した内容になっています。

GTグレードに装備されているアイサイトの内容は主に

  • プリクラッシュブレーキ(前方方、緊急時)
  • 後退時ブレーキアシスト
  • AT誤発進抑制制御(後退時にも対応)
  • 後側方警戒支援システム
  • 歩行者保護エアバッグ

などです。

セーフティ機能は一部オプションで追加することもできます。

スタンダードモデルとはいえアイサイトはしっかり装備されていて、さすがスバルの車ですね。


■新型レヴォーグのスタンダードモデル「GT」の欠点

引用元:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

スタンダードモデルなのにそこまでコストカットした感じが見受けられないのですが、GTグレードの欠点をいくつか挙げてみます。

もしGTグレードが良いなと思った方は、このグレードの欠点を理解しておいた方が良いかと思います。

  • オプションを複数追加すると、他のグレードと値段があまり変わらない可能性がある
  • 人によっては、シンプルな装備内容の割に”高い”と感じてしまう

他のグレードよりも安いからオプションをその分追加すると、「GT-H」や「GT EX」グレードと値段がほぼ変わらないということにもなりかねません。

GTグレードの購入を検討するなら、GTグレードよりも上のグレードと装備や値段を比較しながら、最終的にどのグレードが良いのかを考えましょう。

それと、GTグレードは意外と充実した装備内容に感じられましたが、値段が高いか安いかは人によって感じ方が異なります。

「コスパめっちゃ良い!」と感じる人もいれば「低グレードの割に300万円するのはコスパ悪い」と感じる人もいると思います。

値段だけで判断するのではなく、値段・装備内容・追加したいオプション・値引き額・下取り価格などトータルでグレード選びをしてください。

・結論、「GT」はおすすめできる?できない?

引用元:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

新型レヴォーグのスタンダードモデル「GT」は結局おすすめできるのか、できないのかについてですが

筆者個人的には”スタンダードモデルとしては”まずまずおすすめできるグレードだと思いました。

最も低いグレードであるのにも関わらずここまで充実した装備内容だとは思わなかったので、意外と満足度は高いのではないでしょうか。

どんな人におすすめかというと、あまり車に強いこだわりが無くなるべく安く買いたいのであれば検討の余地ありです。

ですが、総合的に考えると誰にでもおすすめできるグレードではありません。

先ほども言った通りやはりどこかしらに物足りなさは感じてしまうので、”オプション追加は必須”と思っておいてください。

オプションを追加することで、絶対に一番安くてお得なグレードとは限らないので注意しましょう。

購入価格は他のグレードと変わらなくなってしまうこともありますので、複数のグレードと値段を比較しながら検討してください。

■ネットで見積り簡単比較■ MOTA無料オンライン新車見積り!



■新型レヴォーグのスタンダードモデル「GT」のまとめ

いかがでしたか?

今回は、新型レヴォーグのスタンダードモデル「GT」について紹介させていただきました。

新型レヴォーグの最も安いグレードである「GT」は安っぽさはあまり感じられず、一番低いグレードとはいえ質感はそこそこ高いようです。

ですがせっかく新型レヴォーグを購入するなら、多少お金がかかってももっと充実した装備内容にしたいという方も多いはずです。

後悔のない車購入をできるように、ディーラー等でも相談してグレード選びをしてくださいね。