新型レヴォーグ「ラピスブルー・パール」はダサい?汚れが目立つ?色の特徴や欠点を紹介

レヴォーグ

新型レヴォーグの色選びでお悩みの皆さんの中で、”ラピスブルー・パール”が気になる方も多いのではないでしょうか?

ラピスブルー・パールは深みのあるブルーでスバルの伝統カラーである”WRブルーマイカ”を連想させるような色味となっています。

スバルらしい色で、ちょっとスポーティな印象が強くなるのも魅力です。

ただ、新型レヴォーグのボディカラーの中では個性的な色で”この色は好きじゃない”、”ダサい”と感じてしまう方も一部いるかと思います。

更にラピスブルー・パールは濃色ということで汚れが非常に目立ちやすいのも懸念点となっているようです。

そこで今回は、新型レヴォーグの色選びでお悩みの皆さんのためにラピスブルー・パールの特徴や欠点について紹介します。

ラピスブルー・パールの良いところと悪いところを知って、ご自身に合った色かチェックしていってくださいね。




■新型レヴォーグ「ラピスブルー・パール」の特徴と欠点

引用元:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

まずはじめに、新型レヴォーグのボディカラー”ラピスブルー・パール”の特徴と欠点について紹介します。

深みのあるブルーが特徴的なこの色の魅力を深堀りしていきましょう。

・上品で高級感溢れるカラー


ラピスブルー・パールはツヤが際立つ上品なカラーです。

人によってはオジサンっぽいと感じたり、ダサイと感じることがあるかもしれません。

ですが実際に見てみると、ワンランク上のレヴォーグのような印象になり高級感があります。

あまり街中では見かけませんが、周りと差が付く大人カラーでちょっとだけ個性を主張したい方にもおすすめです。

・傷と汚れが目立つ

ラピスブルー・パールはブラックと同様に濃色のため、傷と汚れが非常に目立ちやすいです。

砂ぼこりや雨が降った後などは運転するのが恥ずかしくなるくらい、汚れが目立ちます・・・。

筆者も濃色車を所有しているのですが、洗車やお手入れはこまめに行わないと気が済まなくなってしまいました。

また、ちょっとした飛び石はひっかき傷もすごく目立つので、神経質な方には気難しいカラーかもしれません。

傷や汚れを気にしないという人もいるかもしれませんが、どちらかというとこまめな洗車やお手入れができる人に向いているカラーです。

とはいえ洗車後の濃色車は他の色には無いカッコよさがあって、これがクセになる人もいるかもしれません(笑)

・リセールバリューはイマイチ

ラピスブルー・パールは、新型レヴォーグの中でもあまり人気がありません。

ラピスブルー・パールは今後も人気色になる可能性は低く、リセールバリューは高くないと想定できます。

ご自身が新型レヴォーグを手放す時の車の価値も考えるなら、人気色であるホワイトやブラックを選びましょう。

ただ10年以上所有する予定であれば、リセールバリューは色で大きな差が付くことは無いので気にする必要はありません。

また、色によって数十万円も差が付くことはないためご自身の好きな色を選ぶのが一番ですよ。



■新型レヴォーグ「ラピスブルー・パール」おすすめの洗車方法

引用元:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

続いて、新型レヴォーグの”ラピスブルー・パール”におすすめな洗車アイテムを紹介します。

傷や汚れが目立ちやすいので、丁寧な洗車を心掛ける事がとても重要です。

ですが、毎回手間をかけてケアをするのは大変だと思うので、洗車が気軽にしやすくなるようなおすすめのアイテムを紹介していきます。

・ガラスコーティング

ラピスブルー・パールのような濃色車の場合、ガラスコーティング施工は必須といっても過言ではありません。

傷や汚れから保護してくれたり、新車以上の輝きを長期間保ってくれる効果があります。

ただ、コーティングを業者に依頼すると、5万円以上かかってしまい高額です。

もし費用がネックであれば、ご自身でコーティングを施工しましょう。

中でも、ピカピカレインシリーズは値段が安く施工も非常に簡単です。

上記のようなスプレータイプもあり、もちろん効果の持続性も期待できるのでおすすめですよ。

・カーシャンプー

ラピスブルー・パールをはじめとする濃色車は、できれば洗車機の使用は控えて手洗い洗車をするのが望ましいです。

手洗い洗車をするなら、泡立ちの良いカーシャンプーを使いましょう。

そうすることで、洗車傷を防ぎながら汚れをしっかりと落とすことができます。

ただ、スペースの問題などで手洗い洗車ができないということもあると思うので、手洗い洗車が必須ということではありません。

・合成セーム

濃色車の水の拭き取りは、タオルや雑巾などはなるべく使わずこのような”合成セーム”を使いましょう。

柔らかい素材でできているので、水の拭き取りの際の傷を防ぐことができます。

また、吸収性にも優れており洗車時間の短縮にもつながります。

一つ持っておいて損はないので、洗車のお供に使ってみてください。


■新型レヴォーグ「ラピスブルー・パール」のまとめ

いかがでしたか?

今回は、新型レヴォーグ”ラピスブルー・パール”の特徴と欠点について紹介しました。

傷と汚れは目立ちやすいですが、高級感とカッコよさの両立がされている魅力的なカラーということがわかりましたね。

筆者もラピスブルー・パールと似たカラーの愛車ですが、今では洗車が習慣になりキレイにすることが楽しくなりました(笑)

今まで洗車やお手入れが苦手だった人も、実際に所有してみるとキレイに扱いたくなるものかもしれません。

魅力的な色であることに間違いはありませんが。このカラーが気になった方は実際の色味をディーラーでチェックしてくださいね。

新型レヴォーグの色選びでお悩みの方の手がかりになれば幸いです。