新型レヴォーグ20代、30代の自動車保険料は高い?安くできる?【結論:安くできます】

レヴォーグ

新型レヴォーグの購入を検討されている方の中で、20代や30代といった若い世代の方も多いかと思います。

特に20代となると、新型レヴォーグの維持でネックになりがちなのは”自動車保険”ですよね。

年間維持費にも大きく影響してくる自動車保険は、少しでも安くしたいところです。

そこで今回は、新型レヴォーグの20代、30代の自動車保険料は高いのか詳しい費用について紹介します。

また、少しでも自動車保険料を安くできる方法も紹介するので、これから新型レヴォーグの購入を考えている方は参考にしてください。




■新型レヴォーグの20代、30代自動車保険料

引用元:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

では早速、新型レヴォーグの20代、30代の自動車保険料について紹介します。

自動車保険料は年齢や保険内容によって大きく変わるため、ここで紹介する保険料金とは限りません。

「この位かかるんだろうな」という参考にはなるかと思いますので、ぜひ目を通してみてください。

・新型レヴォーグ20代の保険料

あくまで例ですが、いくつかの条件で一年間の自動車保険料を算出してみました。

【例①】

  • 年齢:21~25歳
  • 免許証の色:ブルー
  • 使用目的:通勤
  • 等級:10~13等級
  • 走行距離数:5,000~10,000km
  • 車両保険:あり

◆概算保険料:80,000~100,000円

【例②】

  • 年齢:26~29歳
  • 免許証の色:ゴールド
  • 使用目的:通勤
  • 等級:15~17等級
  • 走行距離数:5,000~10,000km
  • 車両保険:あり

◆概算保険料:60,000~70,000円

 

上記は概算で、この他の保険内容によっても金額は変わってきますのでご注意ください。

21~25歳と26~29歳というだけでも、保険料は大きく異なるようです。

こちらはネット型保険での保険料ですので、代理店型の場合は数万円高くなると想定できます。

・新型レヴォーグ30代の保険料

続いて30代の自動車保険料も算出してみたのでご覧ください。

【例①】

  • 年齢:30歳~
  • 免許証の色:ブルー
  • 使用目的:通勤
  • 等級:17等級
  • 走行距離数:5,000~10,000km
  • 車両保険:あり

◆概算保険料:50,000~60,000円

【例②】

  • 年齢:30歳~
  • 免許証の色:ゴールド
  • 使用目的:通勤
  • 等級:17~20等級
  • 走行距離数:5,000~10,000km
  • 車両保険:あり

◆概算保険料:40,000~55,000円

 

こちらも概算になりますが、30歳以上だと5万円前後で収まることが多いようですね。

また、走行距離数が保険料に意外と大きく関係します。

年間走行距離が10,000km以上の場合は、この上記の概算保険料にプラス1万円くらい追加されると考えておいてください。

この概算保険料をみる限りでは、新型レヴォーグの保険料はけして高くありません。

国産乗用車としては妥当な金額かと思います。



■新型レヴォーグの自動車保険料を安くする方法

引用元:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

新型レヴォーグの自動車保険料ですが、概算保険料を見ても分かる通りそこまで高くはありません。

ただ、愛車を維持していくとなるとこの保険料の支払いが意外とネックになります。

少しでも保険料を安くしたいところですが、保険料をくするということは保険内容を薄くするということにもなります。

いざという時のためにしっかりとした補償内容だけど、保険料を少し抑えられるおすすめの方法を紹介します。

・免責金額を高くする

免責金額=車両保険を使う際に自身で支払わなければいけない費用です。

「免責金額5万円」という契約内容の場合、車両保険を使う時にこの5万円を支払って修理代に充てます。

免責金額以下の修理代の場合は、保険金が支払われないので全てご自身での負担になります。

車両保険に加入していても、免責金額がある場合は必ずお金を支払わなければなりません。

ちなみに免責の種類は

・1回目の事故よりも2回目の事故での免責金額が高くなる”増額方式”

・事故の回数に関係なく一定の免責金額である”定額方式”

この2種類があります。

できれば免責金額は0円にした方が安心ですが、その分保険料は高くなります。

どうしても保険料を安く抑えたい場合は、免責金額を設定すると良いでしょう。

メリットとデメリットをよく理解した上で契約を考えてください。

・運転者を限定にする

その車を運転できる人を”本人だけ”の限定にすると、保険料を安くすることができます。

ただ、基本的にその車を所有している本人しか運転することができないので、両親や友人が運転した際に事故を起こしてしまうと補償がされません。

自分以外の人が運転することが時々あるという場合は、短期間の自動車保険に加入するのがおすすめです。

ワンコインの自動車保険などコンビニで即時加入が可能です。

基本的にご自身しか運転しない場合は運転者を限定して保険料を節約しましょう。

・ネット型保険で複数見積をする

代理店型の保険に加入している方は、”ネット型保険”に切り替えましょう。

人によっては数万円以上も保険料を安く抑えることができ、特に保険料が高くなりがちな20代の方におすすめです。

ネット型保険に加入する時は、必ず複数の保険会社に見積りをして金額を比較してください。

筆者も代理店型からネット型に切り替えて、最初は5万円程安くできました。

年間の維持費も大幅に節約できるので試してみる価値アリですよ。

◆ネット型保険の見積もりについて


■新型レヴォーグの20代、30代自動車保険料のまとめ

いかがでしたか?

今回は、新型レヴォーグの20代、30代の自動車保険料について紹介させていただきました。

自動車保険は年齢が若ければ若いほど高くなるので、支払いがネックになりがちです。

だからといって車両保険に入らなかったり、補償内容が薄いものでは良くありません。

万が一の事故の時にドライバー、同乗者、そして相手方がしっかり補償できる内容にすることは大前提なのです。

どんな内容が良いのかわからず悩んでいるのであれば、あなたにこの補償が必要か不要かネット型保険でも詳しくみることができますよ。

自動車保険を節約したい方は、ぜひ今回紹介したことを試してみてくださいね。