2019年新型レガシィB4のグレードバリエーションと装備を紹介!おすすめグレードはどれ?

レガシィB4

新型レガシィB4の購入を検討しているなら、グレード選択はとても迷いますよね。

グレードの種類が多ければ多いほどどれにしようか悩んでしまいますが、新型レガシィB4のグレードバリエーションは豊富なのでしょうか。

また、グレードによって装備にはどのような違いがあるのかも気になります。

そこで今回は、2019年の新型レガシィB4のグレードバリエーションを紹介します。

特におすすめなグレードも併せて紹介しますので、新型レガシィB4の購入を考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。




■新型レガシィB4のグレードを紹介!

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

はじめに、新型レガシィB4のグレードを全種類紹介します。

グレードは何種類あるのか、また装備内容についても見ていきましょう。

・LEGACY B4 B-SPORT

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

LEGACY B4 B-SPORTは、全身をブラックのパーツで統一したスポーティ感溢れるグレードです。

内装は、ブラックを基調としながらもブルーステッチがワンポイントで入っています。

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

本革シートで高級感もあり、内装は落ち着いた印象を受けます。

ハンドルやシフト部分、インパネも全てブラックで統一されています。

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

レガシィB4はセダンなのでユーザの年齢層は比較的高めですが、デザイン性に優れているこのグレードなら若者にも乗りやすいでしょう。

エクステリアも同様に、ブラックで統一されています。

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

ホイールはもちろんですが、フロントグリルやフォグランプカバーなどもブラックの塗装が施されています。

エアロパーツでカスタムをしなくても、ノーマル状態で十分に完成されたカッコイイ仕様になっています。

この他にも、運転席と助手席はパワーシートが装備されていたり、安全装備のアイサイトセイフティプラスも標準装備されています。

充実の装備とデザインで、若者から年配の方まで幅広い方に人気になること間違いありません。

・LEGACY B4 Limited

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

LEGACY B4 Limitedは、一見そこまでB-SPORTグレードを変わりがないように思えますが、装備の充実性が特徴で、安心と快適さが特化しています。

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

内装は、ブラックの他にもアイボリーとブラウンも選択することができます。

アイボリーやブラウンはの内装は、更より高級感が増すので新型レガシィB4の新しい魅力を引き出すことができます。

B-SPORTとの大きな違いのある部分を見ていきましょう。

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

Limitedグレードは、スバルのロゴが入ったスカッフプレートや、プルハンドル照明、本革巻きシフトレバーなどが装備されています。

この他にも、ステアリングヒーターやシートヒーターなど、まるで高級車のような装備が施されているので、満足度はかなり高いグレードといえるでしょう。

更に、エクステリアの様子もチェックしていきます。

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

エクステリアも、B-SPORTとは異なりシルバーが基調となったパーツが特徴的です。

アルミホイールをはじめ、サイドとリヤはメッキのパーツが取り付けられていて、スポーティさよりも上質さが表現されています。

若者向けというよりかは、エクステリアから装備内容までどちらかというと年配の方を意識しているグレードです。

新型レガシィB4のグレードバリエーションは少なめの2種類となりますが、どちらも違った顔を持つ見た目と装備で、様々な世代に好感を持てるような魅力を持っています。



■新型レガシィB4のおすすめグレードについて紹介!

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4

新型レガシィB4のグレードがわかったところで、特におすすめなグレードについて紹介します。

どちらのグレードも魅力が沢山ありますが、どっちのグレードがおすすめかつ人気なのでしょうか?

グレード選択で迷った際の参考にもしてみてくださいね。

・おすすめグレードは「LEGACY B4 B-SPORT」

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

どちらも本当におすすめできるグレードなのですが、強いていうならこの「B-SPORT」がおすすめです。

理由は、価格がLimitedよりも約20万円程安く、必要十分な装備であることです。

価格はLimitedより安いといっても、廉価グレードのような安っぽさは全くありません。

見た目はブラックが基調で若々しさも感じられ、セダン特有の”オジサンくささ”が軽減されているのもおすすめポイントでしょう。

若者でも、このセダンなら乗りたくなるような魅力を持っているのではないでしょうか。

まだ具体的にどちらが人気グレードになるかはわかっていませんが、B-SPORTはその名の通りスポーツカーのようなスタイルとセダンらしい上質感も両立しているので、筆者個人的にはとてもおすすめなグレードです。

ですが、Limitedであれば本革シートのバリエーションが豊富さはとても魅力的です。

新型レガシィB4で高級感をとことん満喫するなら、上級グレードのLimitedがおすすめでしょう。

・高級感をより追求するなら、サンルーフのオプションがおすすめ!

引用元:https://www.subaru.jp/legacy/b4/

新型レガシィB4のメーカーオプションでも特におすすめしているのが、この「サンルーフ」です。

サンルーフといえば、高級セダンやSUVに装備されることが多いイメージですが、新型レガシィB4にもふさわしいオプションとして公式サイトでも掲載されています。

外の空気を上部から取り入れることができ、長旅やドライブで開放感を味わうことができます。

実用性はあまりないかもしれませんが、オシャレ度や高級感がプラスされるので、新型レガシィB4にサンルーフを取り入れてみるのも新鮮でおすすめですよ。



■新型レガシィB4のグレードについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、新型レガシィB4のグレードと、おすすめなグレードを紹介させていただきました。

グレードの数は少ないのですが、それぞれ個性あるエクステリアと装備は、幅広い年齢層に受け入れやすいものとなっています。

セダン自体の人気は下がり気味ですが、新型レガシィB4は若者でも乗りたくなるような魅力があるので、見逃さずにチェックしてみてください。

価格の割に装備はとても充実しているというのも、今回の新型レガシィB4の魅力でもあります。

セダンに少しでも興味がある方は、ぜひ新型レガシィB4もディーラーで試乗してみてはいかがでしょうか。