新型インプレッサスポーツのリセールバリューは高い?いつが売り時?下取り価格を予想!

インプレッサスポーツ

新型インプレッサスポーツを購入を検討している、または数年後に新しい車へ乗り換えを検討しているという皆さんの中で、リセールバリューが気になるという方も多いのではないでしょうか?

リセールバリューは、同じ車でも年式やグレード、車の状態で大きく変化します。

新型インプレッサスポーツでも、状態次第でリセールバリューはかなり変わってくると予想されます。

そこで今回は、新型インプレッサスポーツの”リセールバリュー”について紹介します。

今回は下取り価格のあくまで”予想”となりますので、実際の価格と多少異なってしまう場合もあります。

新型インプレッサスポーツの購入を検討している方も、現在所有をしている方も、今後どのように下取り価格が変化していくかを参考にしていただければと思います。




■新型インプレッサスポーツのリセールバリューをグレード別に予想!

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

はじめに、新型インプレッサスポーツのリセールバリューをグレード別に予想していきます。

必ずしも予想したリセールバリューになるとは限りませんが、年数が経つにつれ、どのくらい車の価値が変化していくのかを参考にしてみましょう。

新型インプレッサスポーツを新車購入してから「3年後」「5年後」「10年後」のリセールバリューの変化をご覧ください。

・新型インプレッサスポーツの新車購入から「3年後」の下取り価格予想

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

新車購入から「3年後」に下取りをした場合の、リセールバリューを紹介します。

3年後のリセールバリューは、新車価格からおよそ50%程度の価格になると予想されます。

車種の状態に左右されるのでこれが確実ということではありませんが、年式としてはまだ需要があるので高く売れる傾向にあります。

新車購入から3年後は、一度目の車検をして乗り続けるのか、それとも手放して乗り換えるのか、というタイミングになると思います。

新車価格からおよそ50%程度になった場合のリセールバリューの予想を見ていきましょう。

グレード車両本体価格3年落ちリセールバリュー予想
1.6i-L Eyesight¥2,222,000約¥1,100,000
1.6i-S Eyesight¥2,464,000約¥1,200,000
2.0i-L Eyesight¥2,464,000約¥1,200,000
2.0i-S Eyesight¥2,706,000約¥1,400,000

※上記の駆動方式はAWDです。

3年後のリセールバリューは、ほとんどの場合1,000,000円以上の価格になると予想されます。

まだ価値は十分にあるので、次回の頭金の資金にもなるでしょう。

・新型インプレッサスポーツの新車購入から「5年後」の下取り価格予想

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

新車購入から「5年後」に下取りをした場合の、リセールバリューを紹介します。

5年後となると、新車価格からおよそ60~80%程度価値が下がるといわれています。

価値は大幅に下がりますが、この5年前後で乗り換えをするという方も非常に多いようです。

3年後と比較してどのくらい違うのかを見ていきましょう。

グレード車両本体価格5年落ちリセールバリュー予想
1.6i-L Eyesight¥2,222,000約¥800,000
1.6i-S Eyesight¥2,464,000約¥900,000
2.0i-L Eyesight¥2,464,000約¥900,000
2.0i-S Eyesight¥2,706,000約¥1,000,000

※上記の駆動方式はAWDです。

5年後のリセールバリューは、ほとんどのグレードが1,000,000円を切ると予想されます。

新車から5年が経過した車種となると、走行距離数も4~5万キロ以上という状態が増え、全体的な状態も使用感が出てきます。

このあたりから車の価値は大幅に下がると考えられていますので、ある程度のリセールバリューを期待するなら、新車購入から5年後までに下取りすることをおすすめします。

・新型インプレッサスポーツの新車購入から「10年後」の下取り価格予想

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

最後に、新型インプレッサスポーツを「10年後」に下取りした場合のリセールバリューを紹介します。

新車で購入してから10年経過すると、インプレッサスポーツも2回ほどはフルモデルチェンジをしていることが予測されます。

10年落ちの車種は見た目からも”古い”と感じられるようになり、高価なリセールバリューは期待できない場合がほとんどです。

10年落ちの新型インプレッサスポーツのリセールバリューは、下記の価格が平均となります。

グレード車両本体価格10年落ちリセールバリュー予想
1.6i-L Eyesight¥2,222,000約¥100,000~¥300,000
1.6i-S Eyesight¥2,464,000約¥100,000~¥400,000
2.0i-L Eyesight¥2,464,000約¥100,000~¥400,000
2.0i-S Eyesight¥2,706,000約¥100,000~¥600,000

※上記の駆動方式はAWDです。

新車購入から10年経過すると、車の価値は大幅に下がることがわかります。

走行距離も10万キロ超えであったり、見た目も劣化が見受けられることがほとんどです。

また、交換や修理をしないといけない箇所が多くなったりもするので、リセールバリューはあまり期待しない方が良いでしょう。

売り時は早ければ早いほど良いのですが、5年前後で売却すると車の価値を下げ過ぎずに済むので、2回目の車検の時に一度乗り換えや下取りを検討してみると良いでしょう。



■新型インプレッサスポーツのリセールバリューが高価になりやすいグレードやカラーを紹介!

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

新型インプレッサスポーツのおおよそのリセールバリューが把握できたところで、下取り価格アップが期待できる方法はあるのかについて紹介します。

リセールバリューが高価になりやすい、またリセールバリューが期待できるポイントは大きくわけて4つあります。

リセールバリューを意識し過ぎて車購入をすると、ご自身の希望通りのグレードやオプションでなかったり、後悔の残るものになってしまいます。

全てキッチリと行う必要はありませんが、その4つのポイントのうち一つでも実践して車の価値を上げてみましょう。

・新型インプレッサスポーツの人気なボディカラーを選ぶ

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

まず一つ目は、新型インプレッサスポーツの人気のボディカラーを選ぶことで、リセールバリューがアップする可能性があります。

ですが、必ずアップする”ということではありませんのでご注意ください。

ただ、どの車種でも王道カラーとされている「ホワイト」「ブラック」は、リセールバリューが比較的高い傾向にあります。

新型インプレッサスポーツだと、特に「クリスタルホワイト・パール」「クリスタルブラック・シリカ」はリセールバリューが期待できます。

王道カラーは中古車市場でも需要が高いので、リセールバリューを意識するなら、「クリスタルホワイト・パール」または「クリスタルブラック・シリカ」がおすすめです。

・新型インプレッサスポーツの人気グレードを選ぶ

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

新型インプレッサスポーツの人気グレードを選択することも、リセールバリューを下げない方法として挙げられます。

ですが、新車購入から10年程経過した場合には、人気グレードを選択してもリセールバリューは期待できません。

人気グレードを選択してリセールバリューを期待したい場合は、5年以内に乗り換えをする方などに有効な方法です。

上級グレードを選択した方が、リセールバリューは当然ながら高くなります。

新型インプレッサスポーツでは「2.0i-L Eyesight」「2.0i-S Eyesight」が人気かつリセールバリューが高いグレードとなります。

少しでも高い価格で売却したい場合はグレード選択も重要にはなりますが、ご自身が最も希望するグレードを選択することが一番なので、あまり意識し過ぎないようにしましょう。

・需要の高いオプションを装備する

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

メーカーオプションや装備も、リセールバリューに大きく影響してきます。

今やナビやETC、バックカメラなどはほぼ必須のオプションとなっていますよね。

需要が高く、純正であればなおさらリセールバリューは高価になる可能性があります。

「ナビ」「ETC」「バックカメラ」は必要最低限の装備ともいえるので、この3つは装備しておくことをおすすめします。

また、社外品のエアロパーツやカスタム品などは、需要が極端に減るためリセールバリューが下がってしまいます。

付けてはいけないというわけではありませんが、下取り価格をアップさせるなら、社外品のエアロパーツは外すか、または純正のカスタム品を付けましょう。

純正品のカスタムやエアロパーツはかえってリセールバリューがアップすることもありますので、なるべく純正品を装備することが望ましいです。

・下取り依頼の時期や業者を見極める

新型インプレッサスポーツ外観引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

新型インプレッサスポーツを下取り依頼するなら、下取り業者は一か所ではなく3か所ほどに依頼をして比較しましょう。

車の購入と同時に、現在乗っている車をディーラーでそのまま査定をしてもらう方が多いかもしれませんが、実はとても損をしている可能性があるのです。

下取り専門業者に依頼することで、10万円以上高くなる可能性があります。

複数の下取り専門業者に依頼して、少しでも高い価格で売却しましょう。

また、新車、中古車ともに車の需要が高くなるのが1~3月頃といわれています。

ディーラーの決算時期が3月で、更に引っ越しや就職シーズンということもあり、車の需要が最も高くなる時期なのです。

中古車ディーラーも在庫を求めているので、普段より高い査定額を提示してくれる可能性があります。

下取り依頼をする時期もしっかりと見極めることが重要になります。

高値の買取店とだけ交渉できる!【”いつのまにか査定”のUllo(ウーロ)】

■新型インプレッサスポーツのリセールバリューについてのまとめ

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

いかがでしたか?

今回は、新型インプレッサスポーツのリセールバリューについて紹介させていただきました。

リセールバリューはあくまで予想となりますが、新型インプレッサスポーツを所有した際、どのくらいで乗り換えるかを考えている方はぜひ参考にしていただければと思います。

新型インプレッサスポーツに限らず、車の価値は5年以降を境に大幅に下がります。

リセールバリューがなるべく高いうちに乗り換えたい場合は、5年前後で下取り依頼をしましょう。

また、紹介したように下取り依頼をする場合は、なるべく損をしないようにディーラーのみに依頼するだけでなく、複数査定依頼をしてください。

少しでも高い価値で新型インプレッサスポーツを売却できるよう、愛車を日々大事に乗ることを心掛けてみてくださいね。