新型インプレッサスポーツの維持費は高い?自動車税や車検、保険料などを紹介!

インプレッサスポーツ

新型インプレッサスポーツのデビューが2019年に決定しましたが、購入を検討するにあたってネックなのが”維持費”ではないでしょうか。

維持費は車種によっても大きく異なったり、所有している間はずっとかかってくるものなので、ユーザーにとってはとても重要な部分となります。

そこで今回は、新型インプレッサスポーツの維持費は高いのか、それとも安いのか紹介していきます。

新型インプレッサスポーツの一年にかかるおおよその維持費を把握して、ご自身に合った車なのかを確認してみてください。




■新型インプレッサスポーツの維持費について紹介!

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

はじめに、新型インプレッサスポーツの「車検」「自動車税」「年間維持費」について紹介します。

車検費用や維持費に関しては、おおよそになるので人によっては金額が大幅に異なる場合もあります。

あくまで参考程度となりますが、所有していく中でかかる費用をチェックしていきましょう。

・新型インプレッサスポーツの車検費用はいくら?

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

新型インプレッサスポーツの車検費用で必ずかかってくる法定費用が「重量税」「自賠責保険料」「印紙代」となります。

その他に、車検をディーラーや他の業者で依頼する場合に手数料がかかったり、交換する部品代などがかかります。

新型インプレッサスポーツの「重量税」「自賠責保険料」「印紙代」は下記の通りです。

重量税¥24,600
自賠責保険料¥27,840
印紙代¥1,800
法定費用合計¥54,240

上記は2年分を支払う形となります。

この金額は車検時に必ずかかるので、あとはディーラーや業者に依頼した際の費用がプラスされます。

その費用はおよそ¥20,000~¥80,000位が相場です。

新型インプレッサスポーツの車検費用は、法定費用と手数料を合わせると約¥60,000~¥130,000位かかると予想されます。

故障している箇所や部品交換が必要な部分があった場合は、これ以上に費用がかかることもあります。

とはいえ、余程のことがない限り、国産車のコンパクトカーやステーションワゴンと車検費用はあまり変わらないので、車検費用は妥当といえます。

・新型インプレッサスポーツの自動車税はいくら?

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

新型インプレッサスポーツは、排気量の種類が「1.6L」「2.0L」と2種類あります。

とはいえ、自動車税に違いはなく、どちらも「¥36,000」を一年に一度納めます。

1.6Lと2.0Lでは走行性能や車体価格、燃費などが異なってきますが、自動車税は変わらないのであまり気にしなくても良さそうですね。

※令和元年10月から自動車税が変更になっています。

・新型インプレッサスポーツの年間維持費はいくらかかる?

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

車検費用や自動車税はわかりましたが、それも踏まえて新型インプレッサスポーツの年間維持費はいくらかかるのか気になりますよね。

そこで、概算ではありますがおよそどれくらいの維持費がかかるのかを計算してみました。

ガソリン代は月に約1,000km前後走行すると考えて¥8,000~¥12,000かかります。

また、オイル交換やバッテリー交換、点検などを想定して年間に約¥10,000~¥50,000はかかると思っておきましょう。

車検は1回目が終了したあとは2年一度行うので、車検を行う年と行わない年でも維持費が変わってきます。

更に自動車保険料がかかるのですが、年齢やプランで大きく変わるので一概にいえないのですが、年間¥30,000~¥100,000くらいと想定しておきます。

これらを踏まえると、年間で「30~40万円」は維持費がかかると思われます。(車検を行う年とします)

また、この他に月極駐車場代やローン返済費用があれば更に維持費はプラスされるということになります。

車は所有しているだけでもこれだけの維持費がかかるので、けして安くはありません。

ですが、新型インプレッサスポーツの維持費は車の中でもそこまで高くはなく、国産車のコンパクトカーやミニバンとほぼ同等です。

妥当な維持費ではあるので、あとはご自身のライフスタイルに合った車かどうかを再確認してみると良いでしょう。



■新型インプレッサスポーツの維持費節約方法を紹介!

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

新型インプレッサスポーツを所有した場合の維持費について、大体の金額がわかりましたね。

維持費がかなり高いというわけではありませんが、少しでも維持費を抑えたいところです。

続いて、新型インプレッサスポーツの維持費を節約する方法を紹介します。

小さなことからコツコツと節約していくことで、年間維持費を大きく抑えることができるので、ぜひ実践してみてくださいね。

・”ガソリンカード”で給油をする

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

利用している方も多いかもしれませんが、ガソリン代を少しでも安くお得にするなら”ガソリンカード”は必須です。

ガソリンカードを利用すれば給油時は常に値引きが適用され、更にポイントも貯まるお得だらけなサービスを受けることができます。

大幅な維持費の削減とはいきませんが、手軽に始められる節約術だと思います。

ガソリンカードでカード決済するだけで値引き額がアップするので、まだ現金支払いで給油をしている方は、試してみる価値アリです。

ENEOSカード

・車検は他の場所でも見積もりをする

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

車検費用は、ディーラーやガソリンスタンドなど様々な場所で依頼できますが、費用は数万円異なることも少なくありません。

安心と信頼はバツグンのディーラーですが、費用はやや高めということが多く、反対にガソリンスタンドは比較的安く済むことが多いです。

そこで、車検費用を少しでも抑えるなら”複数の業者に見積もりを依頼”することをおすすめします。

2~3店舗は見積依頼しておけば、車検費用の平均も分かり、今後の維持費節約にも活かせるはずです。

ですが、ただ安ければ良いということでもないので、業者選びはしっかりと見極める必要があります。

いつも車検費用が高くてネックに思っている方は、ぜひ一度複数の業者に見積もり依頼をしてみてください。

安い車検店舗が見つかる。ポイントも貯まる。車検の比較&予約サイト【楽天車検】

・自動車保険を切り替える

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

車検費用と同様に、”自動車保険”の再見積もりもおすすめです。

自動車保険は大幅な節約が可能なので、保険内容を長らく見直していない方は特におすすめです。

自動車保険の内容を薄くし過ぎてしまうと、いざという時に支障が出てしまうので注意しましょう。

まずは、”ネット保険”の加入にしていない方はネット保険に切り替えましょう。

これだけでも今まで以上に保険料を安くすることができます。

筆者はネット保険に切り替えたところ、今までとほぼ同じ内容にもかかわらず「5万円」の節約ができました。

一年で5万円も支払いが節約できるのは、とても大きいですよね。

5万円の節約とはいかないまでも、数千円から数万円は安く抑えることができる場合がほとんどです。

自動車保険の内容を見直して、年間の維持費を抑えてみましょう。

一番安い自動車保険がわかる!

■新型インプレッサスポーツの維持費のまとめ

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

いかがでしたか?

今回は、新型インプレッサスポーツの維持費について紹介させていただきました。

年間維持費はあくまでおおよそとなりましたが、車検を行う年としても「30~40万円程」かかると見ておくと良いでしょう。

維持費はそこまで高くはありませんが、車検費用や保険料などでまだまだ節約することができます。

維持費を抑えつつ、楽しいカーライフを送れるようにしてみてはいかがでしょうか。