新型インプレッサスポーツの燃費は良い?燃費性能や実燃費を紹介!

インプレッサスポーツ

新型インプレッサスポーツの購入を検討している皆さんは、何を重視して車選びをしているでしょうか?

中でも多いのが、「燃費性能」だと思います。

現在は軽自動車に限らず、乗用車でも燃費性能が優れていることが重要となっていますよね。

スバルといえば、あまり燃費性能に優れていないというイメージがありますが、新型インプレッサスポーツの燃費は良いのでしょうか。

そこで今回は、新型インプレッサスポーツの燃費は果たして良いのか、「燃費性能」を紹介します。

公表されている燃費とは別に、「実燃費」についても調べましたので、新型インプレッサスポーツを購入する前に、ここで実燃費もチェックしてみてください。




■新型インプレッサスポーツの燃費性能について

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza

はじめに、新型インプレッサスポーツのカタログ値燃費について紹介します。

まずはカタログ値をチェックしてみましょう。

・新型インプレッサスポーツの燃費性能

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza

新型インプレッサスポーツの燃費性能は、下記の通りです。

駆動方式燃 費
2WD16.0km/L~17.2km/L
AWD15.8km/L~16.8km/L

カタログ値での燃費は、このようになっています。

新型インプレッサスポーツは排気量が1.6Lと2.0Lの2種類となっておりますが、どちらもガソリン車としては妥当燃費性能を持っています。

ハイブリッド車は無くガソリン車のみの展開で、ハイブリッド車のような燃費性能を発揮することはできませんが、まずまずの燃費性能といえます。



■新型インプレッサスポーツの実燃費について

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza

続いて、新型インプレッサスポーツの実燃費について紹介します。

実際に運転してみると、燃費はカタログ値を下回ることがほとんどですよね。

カタログ値を信用してしまうとガッカリすることも少なくありませんので、大体どのくらいの燃費性能を実際に発揮してくれるのかを見ていきましょう。

・新型インプレッサスポーツの実燃費

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza

新型インプレッサスポーツの実燃費は、以下が平均値となります。

駆動方式燃 費
2WD12.0km/L~14.0km/L
AWD11.0km/L~13.8km/L

あくまで平均値となりますので、この燃費以下になることもあります。

また、高速道路などの走行では、カタログ値や実燃費よりも更に上回ることもあるようです。

実燃費はやはりカタログ値よりも下回ってしまうのですが、ガソリン車で排気量を考慮すれば妥当な実燃費といえます。

ただ、燃費性能を重視する方にとっては若干不満が残る実燃費かもしれませんね。

一か月に1,000km前後走行する方だと、一か月のガソリン代はおよそ10,000円前後が平均となります。



■新型インプレッサスポーツの燃費をよくする方法はある?

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza

新型インプレッサスポーツのカタログ値燃費と実燃費は、このクラスの車種としてはまずまずのようですね。

ということは、そこまで維持費に影響するということもなさそうですが、燃料代は少しでも抑えたいところです。

燃料代を節約するなら燃費を良くしないといけませんよね。

大幅な燃費アップとまではいかないものの、新型インプレッサスポーツの燃費性能を少しでも向上できると嬉しいですよね。

燃費性能アップを意識して、燃料代の削減にチャレンジしてみましょう!

・簡単なセルフメンテナンスを定期的に行う

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

当然のことかもしれませんが、簡単なセルフメンテナンスをこまめに行うことで、燃費の悪化を防ぐことができます。

燃費を大幅にアップさせることは難しいかもしれませんが、燃費性能にも影響する重要な部分といえます。

ディーラーなどで半年~一年に一度の定期点検はもちろん、タイヤの空気圧やタイヤ溝のチェックなどをセルフで行いましょう。

お出かけの前に空気圧を調整しておくことで、燃費の悪化を防ぐことができますよ。

また、たまに添加剤を車に注入してあげることで、燃費改善や加速の向上など、様々なメリットを実感できます。

こまめなセルフメンテナンスを心掛けて、燃費向上を目指しましょう。

・運転は丁寧に!

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

とても基本的なことですが、初心に戻って丁寧な運転を心掛けると、燃費性能に貢献できます。

やさしいアクセルワークとブレーキを意識することで、余計な燃料消費を減らし、燃費の向上にもつながります。

劇的な燃費の変化は見られないかもしれませんが、ご自身の安全運転を再度意識することも兼ねて実践してみてはいかがでしょうか。

・低燃費タイヤや車種に合ったオイルを使用する

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

ディーラーなどにお任せしたままで、タイヤやオイルをあまり意識していないという方も多いと思います。

燃費性能の向上を図るなら、タイヤやオイル選びも意識してみてください。

タイヤは価格の安さばかりを重視せず、メーカーや性能にも注目して選びましょう。

価格や低燃費、安全などトータルバランスに優れたタイヤはブリヂストンの”エコピア”です。

上記は17インチ用で、新型インプレッサスポーツにも適合します。(※グレードやホイールサイズによる)

ブリヂストンの中でもお求めやすく、タイヤの持ちも非常に良いので経済的です。

エコピアは「よくころがる」タイヤというコンセプトで、早めのアクセルオフでも走れる距離が長くなっています。

低燃費を実現し、お財布にも環境にもやさしいタイヤといわれています。

続いてオイルについてですが、オイルはただ高いものにすればいいという訳ではありません。

車種に合ったオイルを選ぶことが重要となります。

そこで、新型インプレッサスポーツにピッタリのオイルを紹介します。

こちらは、スバル純正オイルの「スバル モーターオイルエコ」です。

スバル純正オイルの中でも最もサラサラで低燃費を意識したオイルとなっています。

また、エンジン保護性能にも優れているので始動性や軽快な走行も実現しています。

新型インプレッサスポーツの燃費性能を最大限に発揮できるオイルなので、オイルはスバル純正オイルを使用しましょう。



■新型インプレッサスポーツの燃費性能のまとめ

引用元:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

いかがでしたか?

今回は、新型インプレッサスポーツの燃費性能と実燃費について紹介させていただきました。

新型インプレッサスポーツの燃費はけして悪くはありませんが、ハイブリッド車やディーゼル車など、燃費性能に特化したエンジン形式がないのは少し残念なポイントですね。

とはいえ、燃料代がとてもかかるような燃費性能ではないので、そこまで気にする必要はないのかもしれません。

また、燃費をよくする方法をいくつか挙げさせていただきましたが、劇的な燃費改善は正直なところ難しいです。

過度な期待は禁物ですが、燃費の向上には期待ができるので、少しでも燃費を良くしたい方は実践してみてくださいね。