フォレスターの燃費性能はいい?悪い?ガソリンとハイブリッドの実燃費を紹介!

フォレスター

フォレスターに乗りたいと考えている方が、ネックに思っているものの一つとして「燃費」がよく挙げられています。

フォレスターの燃費性能はライバル車SUVと比較してもあまり優れておらず、燃費を重視するユーザーにとってはあまりおすすめできない車かもしれません。

「それでもフォレスターに乗ってみたい!」という興味津々な皆さんに向けて、今回はフォレスターの燃費性能について紹介します。

カタログ値燃費と、実際の燃費はどのくらいなのかを紹介し、ご自身の許容範囲内かどうかを確認してみてください。




■フォレスターのカタログ値燃費をチェック!

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

はじめに、フォレスターのカタログ値燃費を紹介します。

カタログ値の燃費を確認して、実燃費とどのくらい差があるのかを見ていきましょう。

・フォレスターのカタログ値燃費

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

【2.5L】

JC08モード14.6km/L
WLTCモード13.2km/L
市街地モード9.6km/L
郊外モード14.6km/L
高速道路モード16.4km/L

【2.0L】

JC08モード18.6km/L
WLTCモード14.0km/L
市街地モード11.2km/L
郊外モード14.2km/L
高速道路モード16.0km/L

※2.0LはAdvanceのみ。

・フォレスターのカタログ値燃費は良い?

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

フォレスターのカタログ値燃費を見ると、「妥当」な数値といえます。

スバルのボクサーエンジンは、モーターを搭載したAdvanceでも燃費性能を抜群に良くするというのは今のところ難しいのではないかと考えられます。

むしろスバル車としては、フォレスターの燃費はかなり頑張っている方なのではないでしょうか。

今はハイブリッド車であれば、SUVでも20.0km/L程の燃費性能を誇る車種も少なくありません。

そのような燃費に特化した車と比較してしまうと、フォレスターの燃費性能はあまり良くないという印象を受けますが、維持費にとても影響してしまうような数値ではありません。

また、燃費性能はそこまで優れてはいないものの、パワーのある走りにはとても特化しているので、SUVらしい力強い走りを求める方にはとてもおすすめです。



■フォレスターの実燃費をチェック!

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

続いて、フォレスターの実燃費について紹介します。

いくらカタログ値燃費が高くても、実燃費と大きな差があるとガッカリしてしまいますよね。

フォレスターの実燃費はどのくらいなのか、カタログ値燃費と比較しながら見ていきましょう。

・フォレスターの実燃費

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

【2.5L】

通常のガソリン車モデルの実燃費の平均は、約8~10km/L程となっています。

街乗りがメインですと、この平均値か場合によっては平均値以下になってしまうケースもあります。

道路状況でも大きく左右されるので一概にはいえませんが、この数値がフォレスターユーザーの一般的な実燃費でした。

高速道路の走行であれば、約14~15km/Lになることも多いようです。

高速道路では、ガソリン車モデルでも燃費の伸びが期待出来そうですね。

【2.0L】

「e-BOXER」というモーターを搭載したAdvanceグレードの実燃費は、約11~12km/L程となっています。

いわゆるハイブリッド車ではありますが、他のメーカーのハイブリッド車のように、大きな燃費数値の向上には至っていません。

高速道路での走行は、約15~18km/Lになることがあります。

大きな差はないものの、ガソリン車モデルよりも若干上回る数値ということがわかります。

・フォレスターの実燃費は良い?

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

紹介したように、2.5Lガソリン車モデルと劇的な実燃費の良さというのは無いのですが、ガソリン車とハイブリッド車で大きな価格差が無いというのもフォレスターのメリットです。

他車のガソリン車とハイブリッド車では、価格差がおよそ40万円程あるのが普通ですが、フォレスターはほとんど差がありません。

車体価格の安さは他の車種と比較しても、とても魅力的なのです。

また、「フォレスターは燃費が良くない」と思われがちですが、実際にこのクラスのSUVとなると、実燃費はフォレスターとあまり変わらない車ばかりです。

燃費をとにかく重視する方にはあまり適さない車かもしれませんが、安全性能や先進技術はとても優れているので、車を運転する際の安心感があります。

燃費性能だけでなく、このような安全性能や走行性能にも注目して購入を検討してみるといいでしょう。



■フォレスターの燃費性能についてのまとめ

今回は、フォレスターのカタログ値燃費と、実燃費について紹介させていただきました。

数値だけ見てみると、そこまで燃費性能は優れていないように思えますが、実際はライバル車のSUVとの差はそこまでありません。

このクラスの車種になると、燃費性能はどうしても劣ってしまうので、ある程度の割り切りが必要です。

その分、車内の快適さや安全性能など、他の部分を考慮して購入検討すると良いでしょう。

フォレスターが気になった方は、ぜひディーラーでチェックしてみてくださいね。