フォレスターの自動車税は高い?エコカー減税の対象なのかを紹介!

フォレスター

フォレスターを購入する上で、毎年かかる「自動車税」はいくらなのか気になりますよね。

年に一度に納める自動車税ですが、あまりに高価だと維持費にも影響してきてしまうので、車購入の際には重要な部分だと思います。

また、フォレスターは「エコカー減税」という制度の対象なのでしょうか?

エコカー減税の対象であれば、自動車税や自動車重量税などが優遇されるので、車のコストが気になる方にはとても助かる制度なのです。

今回は、そんなフォレスターの自動車税と、エコカー減税について紹介します。

フォレスターの自動車税とエコカー減税を知って、少しでもお得に維持できる方法があるかをチェックしていきましょう!




■フォレスターの自動車税について紹介!

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

フォレスターを購入する前に、自動車税はいくらかかるのかを把握しておくことで、数年後にも余裕をもって維持できるかの確認もできます。

まずはフォレスターの自動車税を、排気量別に紹介します。

・フォレスターの自動車税

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

2.0L(Advanceのみ)¥39,500
2.5L(ガソリン車)¥45,000

フォレスターの排気量は、Advanceグレードのみ2.0Lで、その他のグレードは2.5Lとなっています。

2.0Lと2.5Lの排気量による自動車税の差は¥5,500で、そこまで大きな差は無いといえそうです。

ただし、そこまで大きな費用ではないですが、一年に一度、決まった時期に納付しなければならないので億劫なことは確かです。

たった¥5,500でも、人によっては大きな金額差となるので、ご自身のライフスタイルと照らし合わせながら、グレード選択をするといいでしょう。



■フォレスターのエコカー減税について紹介!

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

続いて、フォレスターはエコカー減税の対象なのかを紹介します。

エコカー減税とは、環境負荷の小さい車すなわち燃費性能が優れている車が優遇される制度のことを意味します。

フォレスターは、SUVでしかも燃費性能を発揮しづらいボクサーエンジンということなので、エコカー減税は受けられるのか気になりますよね。

エコカー減税は果たして対象なのかを見ていきましょう。

・エコカー減税対象車は「Advance」のみ!

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

フォレスターのエコカー減税は、全てのグレードが対象ではなく、「Advance」のみが対象のようです。

Advanceといえば、「e-BOXER」というモーターを搭載したモデルで燃費性能がガソリン車よりも若干ですが優れています。

また、エコカー減税額は2019年10月の消費税増税より変更になりました。

具体的に、どのくらい優遇されるのかは、下記の表をご参考にしてください。

グレード車体価格エコカー減税自動車グリーン税制減税総額
Advance¥3,157,000重量税

¥7,500 減税

¥18,000 減税¥25,500優遇
Advance(オプション装着車)¥3,498,000重量税

¥15,000 減税

¥18,000 減税¥33,000優遇

通常のAdvanceと、パワーリヤゲート・大型サンルーフをオプションで装備しているAdvanceに上記の金額が優遇されます。

2019年10月からの消費税増税に伴い、以前適用されていた取得税の減税は排除となりました。

実質的に、減税額は減りましたのでフォレスターアドバンスでの優遇はあまりお得だと感じられないかもしれませんね。

・エコカー減税は本当にお得なの?

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

エコカー減税が本当にお得かどうか、といわれると、もちろん税金が優遇されるのでお得であることには間違いないでしょう。

ですが、実際に車購入を検討する際、「この車がエコカー減税になっているから欲しい!」と思う方は少ないと思われます。

つまり、エコカー減税を重視して車購入をるユーザーは少ないのです。

どちらかというと、エコカー減税が適用されるなら”ラッキー”程度に考えている方はほとんどで、実際にエコカー減税対象車を購入したとしても、「かなりお得だった」と実感している方は少ないのが現状です。

フォレスターを新車購入するなら、300万円以上はかかる買い物となるので、数万円の税金が優遇されたところで、あまりお得だと実感はしづらいのかもしれませんね。

ですので、フォレスターはAdvanceのみがエコカー減税の対象ではありますが、かといって他のグレードがお得じゃないということではありません。

ご自身の予算や好みでグレード選択することが一番ですので、エコカー減税はあまり重視しすぎず購入検討してみてくださいね。



■フォレスターの自動車税とエコカー減税についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、フォレスターの自動車税と、エコカー減税は対象かについて紹介させていただきました。

フォレスターの自動車税は、一般的な普通車のためそこまで高くなく、またエコカー減税はAdvanceのみが対象ということがわかりました。

自動車税は毎年必ずかかる費用なので、少しでも安い方が良いという場合は2.0Lが良いでしょう。

エコカー減税については、2019年10月1日より制度が変わるということが決まっているので、10月1日以降の詳しい減税額が知りたい方は、ディーラーで確認してみてくださいね。

フォレスターに限らず今後車購入を考えている方は、自動車税とエコカー減税をチェックしてみてはいかがでしょうか?