フォレスターの内装は良い?ダサい?インテリアのデザインと乗り心地について紹介!

フォレスター

SUVといえば、車内が広々として快適で、荷物も沢山載せることができるというイメージが強いですよね。

ミニバンのような使い勝手を求めて、SUVの購入を検討する方も昨今では増えています。

フォレスターはファミリーカーとしての需要が高く、様々なシーンで活躍してくれる車ということで人気が上昇しています。

そこで今回は、フォレスターの内装について詳しく紹介します。

エクステリアのデザインはもちろん大事ですが、インテリアの広さやデザインも気になりますよね。

内装の質感や使い勝手は、車に乗る頻度が高ければ高いほど重要です。

フォレスターの内装の様子と、乗り心地や車内の使い勝手について紹介していきます。




■フォレスターの内装デザインを紹介!

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

まずはじめに、フォレスターの内装デザインを全種類紹介します。

フォレスターのインテリアはグレードによっても若干異なるので、違いをチェックしながら見ていきましょう。

・Touringのインテリア

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

フォレスターの中でも廉価グレードにあたる「Touring」の内装は、全体的にとてもシンプルにまとまっています。

シートの材質はファブリックで、シルバーのステッチが入ったデザインとなっています。

コックピットもブラックが主体のデザインで、メッキパーツの使用は控えられ、樹脂パーツが目立つので若干チープさを感じるかもしれません。

必要最低限の装備とデザインではありますが、フォレスターのベーシックなスタイルでも満足出来る方には、コストパフォーマンスにも優れたこのTouringがおすすめです。

・Premiumのインテリア

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

「Premium」のインテリアは、一見Touringとそこまで変わりがないようにも見えますが、エアコンのボタンやアクセルペダルなどのデザインが異なります。

シートの材質はTouringと同様となっています。

Premiumはインテリアのデザイン性よりも装備面での充実がなされているグレードの為、内装重視する方には物足りなさを感じてしまうかもしれません。

ですが、インテリアも機能もバランスのよく取れたグレードとなっているので、フォレスターの魅力を知るには十分なグレードです。

・X-BREAKのインテリア

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

「X-BREAK」のインテリアは、写真で見ても分かる通り、至る所にオレンジのラインとステッチがあしらわれた個性的なデザインをしています。

まるでSUVらしいアクティブさが表現されたかのようなインテリアは、ファミリーカーとしても選ばれるグレードです。

細かな装備に関しては、Touringに近い仕様となっており、デザイン性が重視されたグレードであることがわかります。

X-BREAKは、インテリアに限らずエクステリアにもオレンジのラインがデザインされているので、SUVを性能だけでなくデザインからも感じたい方にはおすすめです。

・Advanceのインテリア

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

「Advance」は、フォレスターの中で最も上級グレードに位置しています。

内装の充実と安全装備などの機能面も充実しており、現在かなり人気のグレードとなっています。

オプションで選択できるブラウンの本革シートは、高級感がありフォレスターの車内とは思えないような雰囲気が魅力です。

ちなみにブラックの本革シートも選択可能で、高級感を追求する方には嬉しいオプションですね。

インテリアはPremiumとほぼ同様のデザインとなっています。

先進技術であるe-BOXERを搭載し、安全装備のアイサイトも装備させたことで、新しい走りを体感することができるのも人気の理由の一つです。



■フォレスターの乗り心地や使い勝手を徹底チェック!

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

フォレスターの車内の様子がわかったところで、乗り心地や使い勝手について紹介します。

SUVはミニバンのように収納性が高く、便利なことが求められることが多いので、フォレスターの実際の乗り心地と使い勝手は良いのかをチェックしていきましょう!

・広々とした車内空間で遠出も快適!

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

フォレスターの車内は、7~8人が乗車できるほどの車体サイズでありながら、定員人数は5人乗りなので、かなり広々と快適に過ごすことができます。

狭くなりがちなSUVの後席ですが、フォレスターは後席の足元空間もとてもゆとりがあります。

車内の幅は約1,565mmと、日本人女性の平均身長程が確保されていることや、ホイールベースは2,670mmと、居住空間にとことんこだわった車なのです。

ファミリーカーとしてはもちろん、大人が4人程乗車しても狭さを感じさせず、買い物や旅行でも十分に利用することができます。

更にフォレスターは、ミニバンのようなスライドドア設計ではないのですが、乗降性にもしっかり配慮しています。

ドア上方が大きく開く作りとなっているので、自然な姿勢で乗り降りが可能となっています。

また、チャイルドシートや大きな荷物の積み下ろしも楽に行えるように工夫がされています。

後席についても、ドアを全開にできない狭い場所でもスムーズに乗り降りができるよう足元のスペースを最適化しており、様々なシーンで適応できるように考えられています。

広い空間と利便性は、とても上質な仕上がりになっているのがフォレスターの魅力です。

・大容量の荷室で車中泊も可能!

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

フォレスターの魅力といえば、なんといってもこの荷室容量です。

フォレスターの荷室容量はおよそ520Lという大容量なスペースが確保され、ゴルフバッグや自転車、サーフボードなどの大きな荷物をラクラク載せることができます。

シートアレンジで工夫すれば、更に大きな荷物や長さのある物まで運ぶことができるのです。

また、荷室には物を固定するフックや電源ソケットが装備されているので、安定しない荷物を運ぶときや、車中泊の際にも使える便利機能が充実しています。

大容量の荷室と車内空間で、外出や旅行、車中泊など様々なシーンで大活躍してくれること間違いなしです。

・安定した乗り心地とパワフルな加速

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

フォレスターの乗り心地は、SUV特有の硬めの足回りではなく、しなやかさが際立っています。

品のある乗り心地で、アクティブな見た目とはギャップがあるように感じられます。

ですが、加速したい時にはしっかり加速し、停まりたい時にはしっかり停まる、というメリハリのある走りも両立しています。

車重の割にはモッサリとした出だしはあまり感じることは無く、スーッと加速していくので不快さはありません。

ちょっぴり上質で、レスポンスの良い加速感も備わっているので、運転がとても楽しく感じられるでしょう。



■フォレスターの内装や乗り心地、使い勝手についてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、フォレスターの内装の様子と乗り心地、荷室の使い勝手を紹介させていただきました。

フォレスターはグレードによってインテリアに大きな差があるわけではなく、どちらかというと機能面に違いがあることがわかりました。

また、車内は様々なシーンに適応できるように設計された便利な空間が特徴で、ファミリーやお一人様でもとても満足できる車となっています。

今回紹介した他にも様々な特徴や魅力があるので、実車を確認すれば更にフォレスターの魅力に気が付けるかもしれません。

SUVの購入を検討されている方は、ぜひフォレスターもチェックしてみてくださいね。