フォレスターのボディサイズ(全長・全高・全幅)を紹介!車体サイズは大きい?

フォレスター

フォレスターは”ミドルクラスSUV”というサイズとなっており、車体サイズは中間あたりに位置する車だといわれています。

ミドルクラスSUVといわれても、具体的なサイズ感はわかりづらいですよね。

そこで今回は、フォレスターのボディサイズは大きいのか、小さいのか、具体的なサイズについて紹介します。

ライバル車SUVと比較しながら、フォレスターのボディサイズのイメージを掴んでみてくださいね。




■フォレスターのボディサイズを紹介!

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

はじめに、フォレスターのボディサイズを紹介します。

数値だけではどのくらいのサイズ感なのかイメージしづらいので、他の車種とも比較していきます。

具体的なサイズをチェックしていきましょう。

・フォレスターのボディサイズ

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

  • 全長:4,625mm
  • 全幅:1,815mm
  • 全高:1,715mm(X-BREAKは1,730mm)
  • ホイールベース:2,670mm

フォレスターのボディサイズは、実車を確認してみると大きいと感じる方が多いでしょう。

筆者も実車をチェックしましたが、ミドルクラスSUVとはいえ大型のボディだと感じました。

丸みのあるボディというよりは、角のあるゴツゴツとしたボディなので、ボディサイズは数値よりも大きいように見えます。



■フォレスターのボディサイズをライバル車と比較!

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

フォレスターのボディサイズがわかったところで、ライバル車SUVとサイズを比較します。

他の車種と比較すると、もう少しサイズのイメージが掴みやすくなるのではないでしょうか?

人気のライバル車SUVとサイズを比較していきましょう。

・フォレスターとミドルクラスSUVとのボディサイズ比較

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

車種全長全幅全高ホイールベース
スバル・フォレスター4,625mm1,815mm1,715mm2,670mm
トヨタ・RAV44,610mm1,865mm1,690mm2,690mm
マツダ・CX-54,545mm1,840mm1,690mm2,700mm
日産・エクストレイル4,690mm1,820mm1,740mm2,705mm

※グレードにより若干サイズが異なります。

フォレスターのライバル車として話題の3車種を抜粋して比較してみました。

この車種で比較してみると、フォレスターは全幅とホイールベースが若干他の車種よりも短いということがわかります。

ですが、実際はほとんど外観も車内空間も大きな変化はない数値です。

上記は同クラスの比較とだけあって、あまり違いはないようですね。

・フォレスターとコンパクトSUVとのボディサイズ比較

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

同クラスとの比較では大きな差はありませんでしたが、もう少し具体的にサイズがわかるよう、フォレスターよりもワンサイズ小さなコンパクトSUVとも比較をしてみましょう。

車種全長全幅全高ホイールベース
スバル・フォレスター4,625mm1,815mm1,715mm2,670mm
トヨタ・C-HR4,360mm1,795mm1,550mm2,640mm
ホンダ・ヴェゼル4,330mm1,770mm1,605mm2,610mm
マツダ・CX-34,275mm1,765mm1,550mm2,570mm

フォレスターとコンパクトSUVを比較してみると、やはりワンサイズ大きいということがわかりますね。

外観のサイズだけでなく、室内空間にも影響するホイールベースも長いので、車内が広いという事も読み取れます。

全長や全幅も大きい分、狭い道や狭い駐車場では運転に慣れていないと大変と感じられるシーンが増えてしまうのは欠点です。

ですが、迫力のあるボディサイズはSUVらしさに溢れ、頼もしい印象を受けるのでとても魅力的です。



■フォレスターの車内の広さを紹介!

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

フォレスターのボディサイズはミドルクラスSUVとしては平均的ですが、十分な広さが実現しています。

最後に、フォレスターの車内空間について紹介します。

ロングドライブでも快適に過ごせる車内と、便利な荷室を見ていきましょう!

・広い車内と乗り降りのしやすい安心設計が魅力!

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

フォレスターの車内は外観のサイズを裏切らない広さとなっています。

運転席周りはごちゃごちゃとしておらずスッキリとしており、また後部座席は大人が乗車しても圧迫感を感じにくい足元空間を実現しています。

車内の広さだけではなく、乗り降りのしやすさにも配慮するためドアの開口部を広く設計しています。

自然な姿勢で乗り降りができるほか、荷物の積み下ろしもしやすくなっています。

・荷室の広さと使い勝手のよさが備わっている!

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

フォレスターの荷室はミドルクラスSUVの中でもトップを誇り、ただ広いというだけでもないのがフォレスターの特徴です。

荷室はギリギリまで空間を広げており、後部座席を倒すと大人が余裕で寝転がれるスペースが実現。

これなら車中泊や旅行でも快適に過ごせそうですね。

また、ただ広いのではなく荷室には一工夫が施されています。

荷物を固定する際に使えるフックや、電源ソケット、リヤゲートに洋服を干すことが出来るフックなど様々な機能が充実しているのです。

アウトドアやレジャーでは不便を感じさせません。

ちょっとした買い物や大きな荷物を積むこともこなせるので、幅広いシーンでフォレスターを有効活用できるでしょう。



■フォレスターのボディサイズについてのまとめ

今回は、フォレスターのボディサイズと、具体的なサイズ感などを紹介させていただきました。

幅広い用途で活躍できるフォレスターは、車に様々な機能を追求するユーザーにとってはとても魅力的なのではないでしょうか?

フォレスターをちょっとでも良いなと思った方は、ディーラーでまずは実車をチェックして、更に他社のSUVと比較してみてくださいね。

ぜひ今後の車購入候補に、フォレスターも入れてみてはいかがでしょうか。