フォレスターアドバンスの魅力は何?ハイブリッドのe-BOXERの性能はすごい?

フォレスター

フォレスターの中でもとても話題になっているグレードが「フォレスターアドバンス」です。

なぜフォレスターアドバンスが話題なのかというと、スバル車としては珍しいハイブリッド車仕様だからです。

スバル独自のモーター「e-BOXER」を搭載し、燃費性能に貢献しているグレードで、全く新しい走りを実現しています。

そこで今回は、フォレスターアドバンスの魅力やその実力について、詳しく紹介します。

e-BOXERの性能は、他車のハイブリッドに引けを取らない性能なのでしょうか?

フォレスターアドバンスの魅力をとことん見ていきましょう!




■フォレスターアドバンスの「e-BOXER」について紹介!

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

はじめに、フォレスターアドバンスの「e-BOXER」とはどんな性能なのかを詳しく紹介します。

フォレスターアドバンスの魅力を知りたい方は、ぜひ目を通してみてくださいね。

・燃費向上を実現

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

フォレスターアドバンスは、水平対向エンジンと電動技術を組み合わせたことにより、2.5Lガソリン車モデルよりも優れた燃費性能を実現しました。

JC08モードでは18.6km/L、WLTCモードでは14.0km/Lとなっており、燃費性能を発揮しづらいスバル車としては燃費の向上がうかがえます。

実燃費にすると12~14km/L程が平均となり、ライバル車SUVのハイブリッド車と比較するとやや低めかもしれませんが、車重等を考慮すればそこまで劣っているわけではありません。

また、加速やブレーキの質感にもこだわっており、発進・停止を繰り返すことが多い市街地での走行も扱いやすい仕様となっています。

・走る状況に応じて最適な制御を実現

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

フォレスターアドバンスは、エンジンとモーターを最適に制御することで様々なシーンで快適な走りをすることが可能です。

低速回転域では、モーターのみで走行し燃費に貢献します。

高回転域では、エンジンのみで走行しパワフルな走りを行いますが、必要に応じてモーターを動かすことでバッテリーを充電します。

更にモーターアシスト走行では、2つのパワーユニットを最適に使い快適でスムーズな走行を行います。

このような最適制御の他にも、e-BOXER専用制御も魅力です。

「SI-DRIVE」のスポーツモードを選択すれば、中速域で踏み込んだ瞬間から力強くスポーティな走りが可能です。

「X-MODE」の作動時には、トルクやレスポンスの良さを活かし走破性を向上させ、雪道や峠道走行での安心感を高めています。

このように、路面の状況や速度によって制御を最適に行っているため、どなたでも安心して運転できる仕様となっているのも魅力です。

・充実した先進の安全性能

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

フォレスターアドバンスは、ハイブリッド車というだけでなく優れた安全性能が豊富に装備されています。

アイサイトに加え、通常はメーカーオプションとなっている「アイサイトセイフティプラス」と、「サイドビューモニター」や「歩行者保護エアバッグ」など充実の安全性能が標準装備となっています。

また、フォレスターアドバンスにしか装備されていない「ドライバーモニタリングシステム」がとても魅力です。

ドライバーモニタリングシステムはドライバーの顔を認識し、走行中一定以上目を離したり、眠気や不注意があると警報音や警報表示で注意を喚起してくれる機能です。

フォレスターアドバンスはスバルならではの安全性能が十分に備わっているので、日々の運転を十分にサポートしてくれます。



■フォレスターアドバンスの実際の評価を紹介!

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

続いて、フォレスターアドバンスの実際の評価について紹介します。

試乗または所有をしているユーザーの評価をまとめてみましたので、良い評価と悪い評価に分けて紹介していきます。

・フォレスターアドバンスの良い評価

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

  • フォレスター専用装備のドライバーモニタリングシステムは一歩先を行く技術を実感できる。安全性能が豊富な割に価格が安い。
  • 2.0Lでもスッと車線変更ができて山道でもスイスイ走れる。大きいボディだけど思い通りに車が操縦できる。
  • アイサイトツーリングアシストのおかげで高速道路の走行がとてもラクになった。
  • アイドリングストップからの復帰がなめらか。静粛性も高い。
  • 燃費性能はトヨタのハイブリッドのように良くはないけど、”なんちゃってハイブリッド”のおかげで価格帯がガソリン車とほぼ同等でコスパに優れているのは嬉しい。

フォレスターアドバンスは安全性能や快適な走り、価格の安さが特に評価が高かったです。

ガソリン車のフォレスターよりスポーティな走りは感じられませんが、ゆったり燃費を考慮した走りを重視する方には特に問題ありません。

ミドルクラスSUVの中でもコスパに優れているのにハイブリッド車を体感できるので、初めてSUVに乗る方や初めてハイブリッド車に乗るという方のエントリー車としてもおすすめです。

・フォレスターアドバンスの悪い評価

引用元:https://www.subaru.jp/forester/

  • フォレスターアドバンスは燃費がガソリン車と比較しても大きく変わらないので、燃費重視の人はこのグレードを選ぶメリットがあまりない。
  • フォレスターアドバンスだけガソリンタンクが10L以上も少ないのがネック。
  • ハイブリッドでも街乗りメインだと燃費が10km/Lを切るときもあります。”ハイブリッド”と名乗るにはちょっと無理がある。
  • フォレスターアドバンスのハイブリッド性能は、あくまで「アシスト」がメイン。燃費が良いと勘違いして購入するとかなり不満な車になると思う。
  • ドライバーモニタリングシステムは実際に使うと、ややおせっかいな機能でまだ発展途上な機能だと感じた。

このように、フォレスターアドバンスの悪い評価や口コミで多かったのは「燃費性能」です。

フォレスターアドバンスのハイブリッドというのは、あくまで運転をアシストする機能だということを理解しておく必要があります。

ですので、燃費を重視すると不満が出てきてしまう人が多いようです。

ガソリン車仕様と乗り味を比較して、どちらが好みかを決める必要がありそうですね。



■フォレスターアドバンスの魅力についてのまとめ

今回は、フォレスターアドバンスの魅力や実際の評価について紹介させていただきました。

フォレスターアドバンスの魅力をまとめると、「価格」「安全性能」「スムーズな走り」ということのようです。

燃費がグっとアップしたハイブリッド車ではないので、燃費性能に関しては過度な期待は禁物です。

ですが、ガソリン車グレードと大きな価格差がないので、手軽にハイブリッド感覚を楽しめるのはとても嬉しいですね。

ガソリン車とフォレスターアドバンスの乗り心地や性能を比較して、ぜひご自身がより魅力的だと感じた方を選択してみてはいかがでしょうか?

また、他車SUVとの比較もしつつ、車選びをしてくださいね。