カローラスポーツの自動車税はいくら?エコカー減税の対象なのかも紹介!

カローラスポーツ

カローラスポーツを購入したら、気になるのはコスト面ですよね。

とても魅力的な車でも、維持費が高価であったり、自動車税などの税金面でコストが嵩んでしまうのはユーザーにとってあまり良いことではありません。

車を維持していく上で、車にかかる費用についてはとても重要になります。

そこで今回は、カローラスポーツの自動車税はいくらかかるのか、またエコカー減税の対象なのかを紹介します。

カローラスポーツにかかる費用を把握して、購入検討をしましょう!




■カローラスポーツの自動車税を紹介!

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

まずはじめに、カローラスポーツの自動車税はいくらかかるのかを紹介します。

カローラスポーツには、排気量が「1.2L」「1.8L」と2種類あります。

排気量によってどのくらい価格差があるのかを見ていきましょう。

・カローラスポーツの「1.2L」「1.8L」の自動車税

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツの自動車税は下記の通りです。

  • 1.2L:¥34,500
  • 1.8L:¥39,500

・カローラスポーツの自動車税は年間「¥5,000」の差がある!

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツの自動車税は、1.2Lと1.8Lで¥5,000の価格差があることがわかりました。

この自動車税はカローラスポーツに限らず他の車種でも共通の費用となっています。

自動車税は一年に一度の納付ですので、そこまで維持費に響かないかもしれません。

ですが、一年に一度とはいえまとまった費用を期間内に納付しなければならないので、「ちょっとでも安い方がいい!」と思う方も多いはずです。

ちなみにカローラスポーツの1.2Lはガソリン車、1.8Lはハイブリッド車となっているので、エンジンの種類と排気量を併せてどちらが良いのか検討してみてくださいね。

・自動車税は安くお得に納付することはできる?

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

車を所有しているだけで、何かと費用がかかりますよね。

自動車税も、必ず納付しなければならない費用ですので、少しでも安くお得に納付できたら嬉しいものです。

実際のところ、納付金額を安く抑えることは不可能となっています。

ですが、現在コンビニや銀行で納付するよりもお得な納付方法があるのはご存知でしょうか?

それは「クレジットカードで納付」するという方法です。

自動車税をクレジットカードで納付できるホームページ「Yahoo!公共支払」がありますので、こちらを利用してクレジットカードのポイントを貯めちゃいましょう!

※Yahoo!公共支払のホームページはこちら。

Tポイントも利用できるので、Tポイントを沢山保有している方はポイントで納付することも可能です。

このようなサービスを利用して、自動車税納付もお得にしてみてはいかがでしょうか。

ENEOSカード

■カローラスポーツのエコカー減税について紹介!

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

続いて、カローラスポーツの「エコカー減税」について紹介します。

エコカー減税という言葉は知っているけど、実際にどんな恩恵を受けられるのかよく分からないという方が多いようです。

エコカー減税が適用された場合、カローラスポーツがどのくらいお得になるのかも紹介していきます。

・エコカー減税の対象は「ハイブリッド車」のみ?!

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツのエコカー減税は、ガソリン車は対象外となっており、ハイブリッド車のみが受けられる制度となっています。

現在のエコカー減税の対象は、自動車取得税の軽減措置が2019年9月30日まで、自動車重量税の軽減措置が2021年4月30日までの新規登録者となっています。

更に、2019年10月から消費税増税となったため、車体価格とエコカー減税額が変更になっています。

取得税の減税は無くなりましたが、新たに「環境性能割」という項目が追加されました。

具体的にカローラスポーツのエコカー減税の金額を表すと、下記のようになります。

グレード駆動価格環境性能割自動車重量税グリーン化特例優遇額合計
HYBRID G”Z”2WD¥2,824,800約¥69,300約¥22,500約¥27,000約¥118,800
HYBRID G2WD¥2,659,800約¥65,200約¥22,500約¥27,000約¥114,700
HYBRID G”X”2WD¥2,488,200約¥61,000約¥22,500約¥27,000約¥110,500

上記のように、カローラスポーツのハイブリッド車(2WD)であれば、新車購入時に¥100,000以上の優遇を受けることができるのです。

燃費性能に貢献しているハイブリッド車だからこそ、受けられる制度となっているので、エコカー減税は侮れません!

車を購入する際は、エコカー減税にも着目して検討してみると良いかもしれませんね。

・2019年10月から、ガソリン車も「環境性能割」の対象に!

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツのガソリン車は消費税増税後も引き続きエコカー減税の対象ではないのですが、新たに追加された制度「環境性能割」の対象車となりました。

エコカー減税のような大きな減税は適用されませんが、燃費性能にあまり特化していないカローラスポーツのガソリン車もちょっとだけお得な制度を受けることができるようになったのです。

グレードにもよりますが、約¥18,000~¥22,000程度の減税が適用されます。

・エコカー減税を受けたいなら、ハイブリッド車のどのグレードがおすすめ?

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

エコカー減税の優遇額を重視するのであれば、上級グレードである「HYBRID G”Z”」がおすすめです。

最もエコカー減税の優遇額が多く、よりお得に感じられるでしょう。

ですが、上級グレードであるため車体価格は最も高価ですので、エコカー減税のみを重視して購入するのは望ましくありません。

トータルの金額を考慮して、エコカー減税は”おまけ程度”に考えておくことが一番です。

■カローラスポーツの自動車税と、エコカー減税についてのまとめ

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

いかがでしたか?

今回は、カローラスポーツの自動車税と、エコカー減税について紹介させていただきました。

カローラスポーツの排気量は、ハイブリッド車もガソリン車も2.0L以下ですので、比較的自動車税が安く済みます。

また、エコカー減税はハイブリッド車のみが対象となっているので、長く乗り続けることも考えて「ハイブリッド車」がお得になるかもしれません。

ですが、ガソリン車がお得なのか、ハイブリッド車がお得なのかは乗り方次第で変わってくるので一概にはいえません。

ご自身にとってガソリン車とハイブリッド車のどちらがお得なのかを考えながら、車選びをしてみてくださいね。