カローラスポーツは何人乗り?定員人数と、乗車に適した人数を紹介します!

カローラスポーツ

カローラスポーツといえば、ハッチバックのスポーティな車というイメージが強く、快適性がやや劣るのではないかと思われがちです。

ですが、最も快適に過ごせる人数で乗車すれば、コンパクトな車でも長旅を楽しんだり、ドライブを楽しむことだってできちゃいます。

また、カローラスポーツは何人乗りなのか、ご存じない人も多いかと思います。

そこで今回は、カローラスポーツは何人乗りなのか、定員人数や乗車にもっとも適した人数などを紹介します。

カローラスポーツが何人乗りなのかがわかれば、ご自身のニーズに適している車なのか確認することもできるので、今回は定員人数について詳しく紹介していきます。




■カローラスポーツは何人乗り?

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

まずはじめに、カローラスポーツは何人乗りなのか、定員人数を紹介します。

コンパクトカーであれば、一般的には「5人乗り」が多いのですが、果たしてカローラスポーツは何人まで乗車可能なのでしょうか。

定員人数を見ていきましょう。

・カローラスポーツは「5人乗り」!

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツの定員人数は、コンパクトカーの一般的な人数で全グレードが「5人乗り」となっています。

5人乗りであれば、いざという時でもほぼ不便なく人を乗せることができると考えられています。

カローラスポーツはコンパクトなボディですので、5人乗車時は後部座席が特に窮屈に感じられるかもしれません。

ですが、常に5人乗車という状況は考えにくいため、普段乗車する人数が4名までにおさまっている状況であれば、窮屈さを感じることは少ないでしょう。



■カローラスポーツの車内空間を、ライバル車と比較!

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

続いて、カローラスポーツの車内を、ライバル車と比較していきます。

ライバル車と車内空間はどのくらい異なるのでしょうか?

ライバル車と比較することで、カローラスポーツが特化している部分や、逆に不便な部分がわかります。

車内空間を、ライバル車と比較しながら見ていきましょう。

・カローラスポーツの荷室は、ライバル車よりも狭い?!

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツの荷室スペースは、兄弟車でもある「カローラアクシオ」や「カローラフィールダー」よりも狭い容量となっています。

写真は、後部座席を倒した状態のものになるので、あまり狭く感じないかもしれませんが、ハッチバックでありながら荷室容量はあまり広くありません。

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

カローラアクシオやカローラフィールダーは、ゴルフバッグが4個積むことができるのに対し、カローラスポーツは後部座席を倒さない状態だと2個しか積むことができません。

旅行や買い物で大きな荷物を積む時は、不便を感じるシーンがあるかもしれませんね。

ですが、狭い荷室空間がよく工夫されているのもカローラスポーツの特徴です。

トノカバーや床下収納が備わっているので、使用頻度の少ない小物などを散らからないように収納が可能です。

この荷室空間は、ライバル車である「スバル・インプレッサスポーツ」よりも狭いので、荷物を普段から沢山積みたい方や、アウトドアで車を利用したい方には適さない車の可能性があります。

ライバル車の荷室容量とも比較しながら検討することをおすすめします。

※カローラスポーツの内装の様子については、過去記事を参照ください。:カローラスポーツの荷室容量や車中泊について紹介!車中泊おすすめグッズはある?

・”スポーツ感”は車内で感じられる?

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

エクステリアだけ見ると、兄弟車のカローラアクシオやカローラフィールダーよりもスポーティさが増し、若々しいデザインとなっていますが、その名の通り”スポーツ感”は車内で感じることができるのでしょうか?

カローラスポーツの”ガソリン車グレード”であれば、よりスポーツカーのような感覚を味わうことができます。

理由は、ガソリン車グレードのみに「パドルシフト」が装備されているからです。

パドルシフトは、オートマ車でありながらマニュアル車のような操作性を楽しむことができるので、現在とても人気な装備となっています。

また、ガソリン車グレードには”マニュアル車”も用意されているので、スポーティな車を求めている方には適した車です。

ハイブリッド車グレードでは、燃費性能や加速性能は優れているのですが、パドルシフトやマニュアル車はないので、スポーツ感を求める方には物足りないかもしれません。

車内はシンプルながら、さりげなくスポーティな車を意識したようなデザインが特徴で、特にシートはホールド感があるのが魅力です。

ライバル車である「スイフトスポーツ」や「インプレッサスポーツ」などよりも、コッテリとしたスポーティ感のある内装ではありませんが、その分ご自身でカスタマイズを楽しんだり、飽きの来ないデザインで長く乗ることができるでしょう。



■カローラスポーツを快適に乗れる乗車人数は何人?

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

最後に、カローラスポーツの定員人数は5人乗りということがわかりましたが、最も快適に過ごせる乗車人数は何人かを紹介します。

ドライバーも同乗者も、車内で快適に過ごすためにはゆとりのある空間が重要になります。

紹介したように、カローラスポーツの定員人数である5人が長時間乗車している状態だと、疲労や窮屈さを感じることが多々あると予想されます。

カローラスポーツに適した乗車人数は何人なのかを見ていきましょう。

・カローラスポーツに適した乗車人数は「3人まで」!

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

カローラスポーツでは、3人までの乗車であれば、ゆとりのある空間が確保され快適に過ごすことができます。

中途半端な人数ではありますが、3人までの乗車であれば、買い物や遠出の際に荷物が予想以上に増えてしまった場合でも、「荷室+後部座席の空いているスペース」を使うことができるので、窮屈になることを防げるのです。

また、カローラスポーツは後部座席がやや狭いので、後部座席に乗車する人は長旅の場合疲れやすいです。

ロングドライブの際は、前席と後部座席を時々席替えして疲労軽減をするのがおすすめです。

少ない乗車人数であれば、カローラスポーツでも不便なく利用できるので、長時間の走行が想定される場合は乗車人数を3人くらいまでにしておくといいでしょう。



■カローラスポーツの定員人数と、乗車に適した人数についてのまとめ

引用元:https://toyota.jp/corollasport/

いかがでしたか?

今回は、カローラスポーツの定員人数と、乗車に適した人数について紹介させていただきました。

カローラスポーツは、日常生活で不便と感じるシーンは少ないかもしれませんが、荷室が狭かったり、後部座席も少し狭いので、いざという時に不便さを感じてしまうかもしれません。

ファミリーユースにはあまり適さない車かもしれませんが、紹介したように「3人乗車」までであれば、特に不便は感じられないと思います。

また、スポーティな走行を楽しみたい方は、ガソリン車グレードが特におすすめですよ。

カローラスポーツが気になった方は、まずはディーラーで試乗してみてはいかがでしょうか?