2019年新型カローラセダンの馬力やトルクは優れてる?走行性能や加速性能、パワーは向上した?

カローラセダン

2019年10月に新型カローラセダンがデビューしましたが、前期モデルのカローラアクシオよりも様々な部分が改良されています。

主に、ボディサイズがワイドになったり、今まで以上にスポーティな見た目になりましたよね。

とはいえ今までもカローラといえば、コストパフォーマンスが重視されていたこともあり、走行性能はとても優れているとはいえないものでした。

フルモデルチェンジしたことにより、性能面はアップしたのでしょうか?

そこで今回は、新型カローラセダンの馬力やトルクといった性能について紹介します。

前期モデル”カローラアクシオ”とどう変わったのかをチェックしていきましょう。




■新型カローラセダンの馬力やトルクについて紹介!

引用元:https://toyota.jp/corolla/

はじめに、新型カローラセダンの馬力やトルク性能を紹介します。

見た目はカローラスポーツと同様に強気な印象を受けますが、性能にしっかりと反映されているのでしょうか?

気になる走行性能や加速性能を見ていきましょう。

・新型カローラセダンの馬力とトルク

引用元:https://toyota.jp/corolla/

新型カローラセダンの馬力やトルクは下記の通りです。

ハイブリッド車(1.8L)ガソリン車(1.8L)ガソリンターボ車(1.2L)
最高出力75kW[98PS]/5,200rpm103kW[140PS]/6,200rpm85kW[116PS]/5,200~5,600rpm
最大トルク142N・m[14.5kgf・m]/3,600rpm170N・m[17.3kgf・m]/3,900rpm185kW[18.9kgf・m]/1,500~4,000rpm

新型カローラセダンは、「ハイブリッド」「ガソリン」「ガソリンターボ」の3つのエンジンが採用されています。

グレードによって異なるので、どれを選ぼうか悩んでしまうユーザーも少なくありません。

また、この数値だけを見て”このエンジンの方が速く走れる”、”このエンジンの方がパワーがある”と一概にはいえません。

ですが、上記のリストだけを参考にすると、総合的に走りやパワーが特に優れているのはターボガソリン車です。

ガソリン車に関しては、最高出力(馬力)はこの3つの中で最も高い数値となっていますが、トルク性能は1.8Lの排気量には妥当なスペックとなっています。

この3つの中でもバランスに優れた性能の持ち主といえそうです。

ハイブリッド車は、燃費向上に貢献することがメインということもあり、最高出力(馬力)やトルク性能はやや劣る印象を受けます。

加速時はモーターを使用するのでガソリン車とは一味違ったスムーズな走りを実現していますが、一定の回転数を超えるとトルク性能が落ちる特性を持っています。

よってハイブリッド車は、トルクを感じる”力強い走り”があまり得意ではありません。

ガソリンターボ車は、ハイブリッド車とガソリン車とは排気量が異なる1.2Lで、ダウンサイジングターボを採用しています。

燃費性能を極端に落とすことなく、ハイブリッドやガソリンに劣らないパワーを発揮することが可能です。

パワフルでスポーティな走りを追求するなら、ガソリンターボ車がおすすめです。



■新型カローラセダンとカローラアクシオの性能を比較!

引用元:https://toyota.jp/corolla/

続いて、新型カローラセダンと前期モデル「カローラアクシオ」の馬力とトルクを比較します。

前期モデルとどのくらい性能アップをしたのか、気になる方も多いのではないでしょうか。

より走りを追求した新型カローラセダンの実力を、カローラアクシオと比較してみましょう。

・新型カローラセダンとカローラアクシオの性能比較

引用元:https://toyota.jp/corolla/

新型カローラセダンは3つのエンジン形式がありますが、カローラアクシオはハイブリッド車とガソリン車の2つしかありません。

ですので、それぞれのハイブリッド車とガソリン車のみリストにしてみましたので、下記をご覧ください。

【新型カローラセダン】

ハイブリッド車(1.8L)ガソリン車(1.8L)
最高出力75kW[98PS]/5,200rpm103kW[140PS]/6,200rpm
最大トルク142N・m[14.5kgf・m]/3,600rpm170N・m[17.3kgf・m]/3,900rpm

【カローラアクシオ】

ハイブリッド車(1.5L)ガソリン車(1.5L)
最高出力54kW[74PS]/4,800rpm80kW[109PS]/6,000rpm
最大トルク111N・m[11.3kgf・m]/3,600~4,400rpm136N・m[13.9kgf・m]/4,400rpm

※カローラアクシオのガソリン車の最大トルクは、CVT 2WDグレードの表記となります。

・新型カローラセダンとカローラアクシオの性能はどっちが優れている?

引用元:https://toyota.jp/corolla/

新型カローラセダンとカローラアクシオの性能を比較してみると、全体的に見ても”新型カローラセダン”の方が優れています。

まず排気量が異なるので、必然的にパワーにも差が出てきます。

また、カローラアクシオは低燃費を意識したこともあり、1.5Lとはいえやや非力です。

ただ燃費が良いだけでは、車を運転する楽しさを感じられないですよね。

新型カローラセダンは燃費性能は更にアップさせつつも、ゆとりあるパワフルな走りも備えているので、若者から年配の世代まで乗りやすい車になりました。



■新型カローラセダンの馬力やトルクについてのまとめ

いかがでしたか?

今回は、新型カローラセダンのトルクや馬力について紹介させていただきました。

前期モデルカローラアクシオよりも大幅に性能アップしていることがわかりましたね。

また、燃費を重視するか、走行性能を重視するかでそのグレードが適しているかが変わります。

紹介した通り、燃費重視なら間違いなく「ハイブリッド」がおすすめです。

また、パワーと燃費の良さ両方求めるなら「ガソリン」、走りをとことん追求するなら「ガソリンターボ」を検討してみてください。

新型カローラセダンは、様々なニーズに応えられるようエンジン形式が豊富です。

それぞれのエンジンの特徴を理解し購入検討してみてくださいね。