新型カローラセダンのインテリアは狭い?内装の様子や広さ、収納を紹介!車中泊はできる?

カローラセダン

新型カローラセダンは、前期モデルのカローラアクシオよりも全体的なスペック向上と質感アップがされ、売れ行きも好調のようです。

カローラといえば内装が地味でチープなイメージを持っている方も多いかもしれませんが、新型カローラセダンでは内装の印象も変化しています。

内装の質感は、車に乗る機会が多い方なら尚更気になる部分だと思います。

そこで今回は、新型カローラセダンのインテリアの広さや様子、収納スペースについて詳しく紹介します。

新型カローラセダンの内装はどのような進化を遂げているのか、細かくチェックしていきましょう!




■新型カローラセダンのインテリアを紹介!

引用元:https://toyota.jp/corolla/

はじめに、新型カローラセダンのインテリアの広さや様子、収納スペースなどを紹介します。

新型カローラセダンのインテリアを詳しく見ていきましょう。

・新型カローラセダンのインテリアについて

新型カローラセダンのインテリアは、黒が基調となったシンプルなデザインとなっています。

一見、前期モデルのカローラアクシオとそこまで大きな変化はないように見えます。

上記はW×Bグレードの内装デザインとなります。

通常のグレードよりもスタイリッシュなシートデザインで、質感は新型カローラセダンの中で最も高いです。

インパネ部分は樹脂パーツが減りマットなインパネになったことや、内装デザインも角々しさがなく丸み帯びた装いになっています。

グレードにより内装の質感は変わるので、低グレードだとあまり変化を感じられないかもしれません。

引用元:https://toyota.jp/corolla/

ちなみにこちらはハイブリッド車の中間グレードですが、W×Bグレードに比べると更に黒が基調となっていて、シートの質感は少しチープに感じられます。

とはいえエアコン吹き出し口やドアハンドル部分など、細かいところもデザインにこだわっているので、安っぽさがかなり軽減しました。

ボタン類は少なくハンドル周りはとてもシンプルなデザインで、カローラらしさは残しつつもダサさやオジサンっぽいといったイメージが払拭されています。

・新型カローラセダンの収納スペースについて

新型カローラセダンの収納スペースは、トランクルーム以外にも約8か所の収納場所があります。

グレードによって若干収納スペースの数は異なるのですが、収納スペースの箇所は平均的です。

カローラアクシオにはなかったセンターコンソールボックスのリヤ部分にも収納があったり、ドリンクホルダーの位置も変わって格段に使いやすくなりました。

前席、後部座席ともに収納スペースは必要最低限備わっているので不便には感じられないでしょう。

・新型カローラセダンの荷室容量について

新型カローラセダンの荷室容量はなんと、約429Lという大容量で、カローラスポーツの352Lという荷室容量をはるかに上回ります。

この荷室容量はかなり優秀なので、旅行やアウトドアでも新型カローラセダンは活躍できるかもしれませんね。

荷室が不便と思われがちなセダンですが、新型カローラセダンはセダン特有の欠点が目立たないので思った以上に使いやすいと思います。

後部座席を倒せばトランクスルー機能を使うことができ、長い荷物も積み込むことができますよ。

この荷室の広さは写真だとなかなかうまく伝わらないので、ぜひ実車を確認していただくことをおすすめします。



■新型カローラセダンでアウトドアや車中泊はできる?

引用元:https://toyota.jp/corolla/

続いて、新型カローラセダンでアウトドアや車中泊はできるのかについて紹介します。

荷室は大容量だということがわかりましたが、アウトドアにも使えるセダンなのか気になります。

幅広いシーンで活躍できるセダンなのか、徹底チェックしていきましょう。

・トランクスルー機能でとにかく沢山積める

新型カローラセダンは後部座席を倒す事ができ、荷室と貫通させることができる”トランクスルー”を採用しています。

トランクスルー機能のおかげで、セダンでも長さのある荷物を積み込むことができるようになりました。

この機能は前期モデルであるカローラアクシオにはなかったので、より実用的な車になったと感じられます。

ただ後部座席は使えなくなってしまうので、3人以上乗車の場合でトランクスルーを使う際は注意が必要です。

・車中泊には向かない

引用元:https://toyota.jp/corollatouring/

新型カローラセダンで車中泊をしてみたいと考えている方は、少なからずいると思います。

トランクスルーができるからといって、車中泊がしやすい車かというと残念ながらそうではありません。

基本的にセダンでの車中泊はかなり窮屈に感じるので、結論をいうと新型カローラセダンでの車中泊は不向きです。

トランクスルーをしても、後部座席と荷室の間の段差が生じ圧迫感があります。

更にミニバンやSUVのようにシートアレンジがほとんどできないことも、車中泊に適さない理由の一つです。

どうしても車中泊をしなければならない状況以外は、車中泊をしない方が無難でしょう。

車中泊やアウトドアを存分に楽しみたいなら、兄弟車である”カローラツーリング”の方がおすすめです。

・ちょっとした旅行や遠出におすすめの一台

引用元:https://toyota.jp/corolla/

新型カローラセダンで車中泊はおすすめできませんが、ちょっとした旅行や遠出には最適な荷室容量です。

また、車体サイズが3ナンバーであるもののそこまで大きくないので、運転に不慣れな方でも扱いやすいサイズなのです。

車中泊やキャンプに使用する車としてはあまり向きませんが、一泊から二泊程度の小旅行なら家族4人分の荷物は余裕で積み込むことができます。

いざという時のお出かけにはピッタリの収納性が備わっているので、車をアクティブシーンに使用する機会が少ない方には十分ではないでしょうか。



■新型カローラセダンのインテリアについてのまとめ

今回は、新型カローラセダンのインテリアについて紹介させていただきました。

新型カローラセダンの特に”W×B”は、内装の質感がとても良く幅広い世代に好まれやすいデザインのようです。

その他のグレードもシンプルですが、カローラらしい飽きの来ないデザインは健在です。

収納スぺースは前期モデルよりも増え、更にトランクスルー機能も追加されたことは大きな変化だと思います。

”セダンは不便”というイメージを、きっと以前よりも払拭してくれているのではないでしょうか。

新型カローラツーリングとの違いをチェックして、購入を検討してみてくださいね。