カローラクロスのダークブルーマイカメタリックはダサい?地味?特徴・欠点は何?

カローラクロス「ダークブルーマイカメタリック」の特徴と欠点を紹介車種一覧

カローラクロスのボディカラー選びをする中で、ちょっと個性的な色を選びたいと検討している方も多いのではないでしょうか?

個人的に、カローラクロスのようなコンパクトSUVは個性的な色や派手な色はしっくりくると思っているので

選んでみる価値はあると思います。

ですが、一度選んだカラーは原則変えることができないため、買って後悔することは避けたいですよね。

そう考えると結局飽きの来ない無難な色を選ぶパターンも多々あるはずです。

カローラクロスのカラーの中で、ちょっと個性的な色かつあまり人気の無いカラーといえば

”ダークブルーマイカメタリック”です。

ダークブルーマイカメタリックはほとんどの車種で話題にならないカラーで一見地味にみえますが、実は魅力が詰まったカラーなのです。

そこで今回は、カローラクロスのダークブルーマイカメタリックの特徴や欠点について紹介していきます。

人気が無いカラーとはいえ、色の特徴を知ってダークブルーマイカメタリックを色選びの参考にしてみてくださいね。




■カローラクロス「ダークブルーマイカメタリック」の特徴と欠点

まずはじめに、カローラクロスの”ダークブルーマイカメタリック”の特徴と欠点について紹介していきます。

筆者はこのカラーとほぼ同等の”ダークブルーマイカ”の車を所有しており、よりリアルな魅力とイマイチなところを紹介できるのではないかと思います。

カローラクロスのダークブルーマイカメタリックを検討されている場合は、かなり参考になると思うのでここでチェックしていただけると幸いです。

・落ち着いた高級感のある色

カローラクロスのサイドビュー引用元:https://toyota.jp/corollacross/

ダークブルーマイカメタリック&ダークブルーマイカはあまり魅力を知られていない色なのですが

実際に所有してみると、シックで大人カラーといった感じで高級感が感じられます。

これはブラックやブラウンといった濃色とはまた違った落ち着きのある色味で、

ハマる人にはハマる色合いだと思います。

ダークブルーマイカを所有している私も、最初はちょっとオジサンっぽいかな・・・と正直感じたのですが、

実際に乗り続けていると、時間や天候によって色の見え方が変わり飽きのこないカラーなのです。

(※写真はダークブルーマイカです。)

もちろんこの色の良し悪しは好みに左右されるので一概に良いカラーとは言い切れません。

あくまでも個人的な感想にはなってしまいますが、思ったよりもオジサンくささみたいなものはなく

むしろ大人っぽい色で気に入ったという感じです。

なので、気になる方はディーラーの展示車もしくはカラーサンプルで実際の色味を確かめてみてください。

きっと写真やカタログでのイメージとは違った印象を受けるかもしれません。

・周囲と被りにくい色

ダークブルーマイカメタリックは、カローラクロスに限らず他の車種でも所有している人は

ブラックやホワイトと比べると圧倒的に少ないです。

私も同じカラーの車種を見る機会はとても少なく、本当に見かけたら今日はいいことあるんじゃないかと感じるレベルです。

つまり人気色ではないということも意味しますが、その分周りと被りにくい色ということなので

”ありきたりな色”が嫌な人にとっては最適なカラーです。

気の持ちようではありますが、さりげなく周りと差がつくような色を好む人にはおすすめです。


・不人気色でリセールバリューは期待薄

先ほど記載した通り、ダークブルーマイカメタリックはカローラクロスの中でも人気のない色となります。

恐らく、ダークブルーマイカメタリックの下取り価格は人気色と比べるとやや低い可能性があります。

選ぶ人が少ない色ということは中古車市場でも需要があまりないということになるので、リセールには影響してくると思います。

ですが、乗り倒す勢いで長く所有される予定であれば、人気色であろうとなかろうとそこまで関係はありません。

私個人的には、リセールはどうであれご自身の好きな色を選ぶことが一番良いと思っているので

あまり気にし過ぎず好きな色を選びましょう!!

・傷と汚れが目立つ(超欠点!)

10円パンチの傷跡

(※写真は10円パンチされた跡。めちゃくちゃ目立ちます。)

ブラックやブラウン、ブルーといった濃色の車に言える事ですが、ちょっとした傷や汚れがとにかく超目立ちます。

ダークブルーマイカメタリックを選んだら、ここが最も欠点と感じるのではないでしょうか。

私は結構キレイ好きなのでこまめに洗車をしてしまうのですが、洗車嫌いな人にとっては果てしなく苦行です。

さらにただ洗車するだけだと、洗車傷が目立ったりかえって傷を増やしてしまうこともあるんです。

傷や汚れをできる限り増やさない&目立たせないためには、洗車グッズもしっかり選ぶことが重要になります。

おすすめのケア方法は、ガラスコーティングとマイクロファイバータオルを使用することです。

ガラスコーティングを施工しておけばちょっとした汚れは取り除きやすくなったり、普段は水洗いのみで新車のような輝きを保ってくれます。

また、洗車後の水の拭き取りは傷を付けない様柔らかい素材のタオル(マイクロファイバータオルや合成セーム)を使用しましょう。

これらを心掛けるだけでも、キレイなボディを保つことができるのでとてもおすすめですよ。

ダークブルーマイカメタリックはちょっとお手入れは手間がかかるかもしれませんが、自信に合ったケア方法で洗車も楽しみの一環としてみるのもいいと思います。

洗車好きな私がおすすめするケアアイテムは下記を参考にしてみてください。

■カローラクロス「ダークブルーマイカメタリック」はダサい?人気ない?

カローラクロス ダークブルーマイカメタリック 全体写真引用元:https://toyota.jp/corollacross/

カローラクロスのダークブルーマイカメタリックがダサいかどうかは、人によって好みがわかれるため一概に言えません。

ですが、残念なことに人気色ではないことは確かです・・・。

ダークブルーマイカを所有している私としては、ダサいと感じたことは無くむしろカッコイイなあと惚れ惚れすることが多々あります。(この色が好きで若干フィルターかかってるかもしれない)

ですが、スタイリッシュさや今ドキ感はない色なので、特に若い人からの支持は少ない色だと思います。

とはいえこのカラー、実際に見てみると「アラ、ステキ・・・」と感じることが多いのも事実。

最終的に選ぶかどうかは別として、実際に見ると想像していた色味と結構ギャップがある色なので

とにかく一度、本物を見て欲しい所存でございます。

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!



■カローラクロス「ダークブルーマイカメタリック」のまとめ

今回は、カローラクロス「ダークブルーマイカメタリック」の特徴や欠点を紹介させていただきました。

ダークブルーマイカメタリックは人気がなくリセールが微妙、さらには傷や汚れが目立ちやすいといったデメリットがあり

どうしても魅力がいま一つ感じられないかもしれません。

ですが、似たカラーの車を所有している私としては、光の当たり具合によって違った色を見せてくれたり

エアロパーツが似合うカッコイイカラーだと実感しています!

何より、カローラクロスでダークブルーマイカメタリックをドドンと取り上げてくれていることが凄く嬉しかったので

これをキッカケにこのカラーを布教しまくりたいと思ってしまいました(笑)

皆さんもこの記事をキッカケに、ダークブルーマイカメタリックに少しでも興味を持ってくれていたら幸いです。

他のカラーについても紹介しているので、そちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

 




びーぶるー

車いじり、ドライブ大好き
MT限定解除済なのにまだAT乗り。
平成生まれ車好き女子。
車・競馬・ゴルフ・動物・カメラも好き。

びーぶるーをフォローする
車種一覧
スポンサーリンク
セダンちゃんブログ